質問 4:教会の牧師は聖書に精通していて知識も豊富です。教会で聖書を解釈しほめそやすので、神様を知っているのだと思っていました。ではなぜ終わりの日の受肉された神様の働きが宗教界の牧師達に激しく非難され反対されるのですか? 教会の牧師や指導者のほとんどが非難するのなら真の道ではないはずです!

回答:神様の働きを調べるためには教会の牧師達が受け入れるどうかを基準にしてはいけません。主イエスが働きのため現れたとき十字架に掛けたのは誰ですか? 聖書に精通して聖書をよく解釈した教会の指導者達だったのでは? これはどういうことですか? 聖書に精通して解釈ができる者が必ずしも神様の働きを知っているとかまして神様を知っているとは言ないでしょう。聖書に精通していたユダヤの司祭や法律学者やパリサイ人はみな主イエスに逆らい非難しましたね。全員が反キリスト者ですよ。違いますか? 聖書を知っていても事実が見えないのなら聖書を本当に理解していると言えますか? それでもまだ教会の指導者達を頼りに神様の出現と働きを判断するのはばかげていませんか? まだ教会の指導者達を擁護すると言うのなら、あなたは主イエスの出現と働きを否定し神様に逆らうパリサイ人そのものですよ。真の道を求めて調べるためには聖霊の働きがあり真理が示されているかを確認するのが正しいやり方でしょう。教会の指導者のほとんどが神様に逆らっていますので、あなたも神様から断罪され捨てられますよ。

牧師は聖書に精通しておりよく解釈して称賛するので、神様を知っていると思われがちですが、神様が再び受肉され終わりの日の働きをされるのに聖書に精通しているはずの教会の牧師がなぜ終わりの日の神様の働きを激しく非難して逆らうのか? 多くの人が不思議に思いますが、そう難しいことではなく、昔聖書に精通していたユダヤの司祭や法律学者やパリサイ人は聖殿で聖書を解釈し称賛していましたが、主イエスがお見えになったとき激しく逆らい迫害して生きたまま十字架に釘付けにしてしまいました。聖書をよく解釈して称賛する者が神様を知っているとは限らないという事実を証明しています。パリサイ人は聖書を全部解釈していたので、主イエスが示したことは全て真理であると知っていたのになぜ非難し逆らったのでしょう? 神様の声がわからなかったのに神様の性情と本質がわかるはずがありませんね? 教会の牧師はパリサイ人そのもので、聖書に精通しており聖書の知識や神学理論を説き聖書の登場人物や歴史的背景を説明するだけです。主の言葉を実践する経験や証しをしたり神様の真の知識を伝えることはできないので、神様の働きを経験したり御言葉を実践することができない者だという証拠です。これで神様を知っていると言えますか? 彼らの神は観念と想像の産物で神様の性情も人類を救うという意図も全く知らず、終わりの日に神様が働くためお見えになっても、聖書の知識と規則を持ち出し神様の言葉と働きを決め付け神様を信仰しながら逆らっしまったパリサイ人になるのです。全能神の言葉をもう少し読んでみましょう。「人は思いつきのように独自で本当に神を知ることはできない。それは人が自分で想像できるものでもなければ、聖霊が特定の人に特別に恩恵を授けた結果でもない。むしろそれは、人が神の働きを経験した後に得る認識であり、神の働きの事実を経験した後にだけ訪れる神に対する認識なのである」(「神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である」『言葉は肉において現れる』)。全能神は非常にはっきりおっしゃっています。神様の知識は実際に神様の働きを経験し御言葉を実践して聖霊の働きを受けることで得られるもので、聖書に精通することではないのです。数千年の間聖書を読んで神様の真の知識を得た者はおらず聖書に精通しているという理由で神様に清められ認められた者もいません。

過去に神様に認められた者は一人として聖書を読んで神様の知識を得ておらず、神様の言葉を実践し御働きに従い少しずつですが、神様を本当に知り畏れを抱くようになったのです。アブラハムとヨブが良い例で二人共神様を褒めたたえ、心から崇敬しその経験から全てを支配する神様の全能性と知恵を知り、その祝福とお恵みで人間は生かされていることを見て本物の信仰をしたのです。試練の中で美しくめざましい証しをしたので、神様の祝福を受け今だ神聖な名前を称えられているのです。ペテロが主イエスが生きた神の子キリストであると気づいたのは旧約聖書を読んだからではなく、真理を求め主イエスの言葉と働きに従い聖霊の働きを得て神様の素晴らしさとその性情、神様が持つ特性と存在そのものを徐々に理解し神様への究極の愛と死の服従を達成し美しくめざましい証しをしました。主イエスが働かれている時従った者はみなその発言に権威と御言葉の持つ力を感じ神様の声であるとわかったので、主イエスに従いました。彼らは美しく心に響く証しをして主イエスの福音を広めました。終わりの日に神様が受肉されて働くと主イエスを信仰したり聖書を読んだことの無い人にも全能神の言葉の裁きを受け入れて従ったため聖霊が働いています。神様の真の知識を徐々に得て従い、中国共産党の冷酷な迫害を乗り越えた証しをしています。全部本当の話しです。神様の働きを経験し美し心に響く証しをした者は本当に神様を知り従う者であると言え聖書の解釈はするけれども、証しができない者はエセ信者でありこうしたパリサイ人や牧師は真理を忌み嫌うのです。真理や神様の知識を求めるため聖書に精通し解釈するのではなく、ひけらかし人を騙して束縛するためで神様が働くために受肉されても、真理を示すキリストを敵とみなし再び磔にする者で真理を忌み嫌い神様に対抗する反キリストという本質を露にして神様に呪われるでしょう。受肉した神様の終わりの日の働きは人類を全て露わにして種類分けをしますが、神様の働きはまことに全能で賢いですね!

そうなんです真理を愛さず神様の言葉を実践しようとしないのなら、神様の働きを経験しているとは言えないし、聖書の知識と神学理論をひけらかし地位を築くことだけに関心を持ち人に崇拝され服従させるのなら当然偽善者パリサイ人になりますね。全能神は言われます。「聖書の言葉だけを大事にする人々、真理やわたしの足跡を求めることに関心のない人々、そうした人々はわたしに敵対する。なぜなら、聖書に従ってわたしを限定し、聖書の中にわたしを閉じ込め、わたしに対して、この上ない冒瀆行為をするからである。そうした人々がどうしてわたしの前に来ることができるであろうか。その人たちはわたしの行い、わたしの心、真理に耳を傾けず、言葉、殺す言葉に執着している。どうして、そうした人たちがわたしと融和できるであろうか」(「キリストと融和する道を探せ」『言葉は肉において現れる』)

荘厳な教会で聖書を読み、一日中聖句を唱える人がいるが、そうした人は誰一人として神の働きの目的を理解していない。そうした人は誰一人として神を知ることができず、ましてや神の心意と一致することなど到底できない。そのような人はみな、価値のない下劣な人であり、高い位置から神を説く。神を旗印に使いながらも、故意に神に反対する。神を信じていると断言しながらも、人の肉を食べ、人の血を飲む。そのような人はみな、人の魂を食い尽くす悪魔であり、正しい道を歩もうとする人をわざと邪魔する悪霊の頭であり、神を求める人を妨害するつまずきの石である。彼らは『健全な体質』をしているように見えるかもしれないが、神に対抗するように人々を導く反キリストに他ならないことを彼らの追随者がどうして知り得るというのだろうか。彼らが人間の魂をむさぼり食うことを専門とする生きた悪魔であることを彼らの追随者がどうして知り得るというのだろうか。神の臨在において自分を高く評価する人は人間の中でも最も卑しいが、謙遜する人は最高の栄誉に浴する。そして、自分は神の働きを知っていると思っており、さらに、神を目の前に見ながらも神の働きを人々に大げさに宣言することができる人は、人間の中でも最も無知な人である。そのような人には神の証しがなく、傲慢でうぬぼれに満ちている」(「神を知らない人はすべて神に反対する人である」『言葉は肉において現れる』)

全能神の言葉はパリサイ人や牧師や指導者の真理を忌み嫌う本性と本質を暴き出しました。聖書に精通して解釈ができればそれをひけらかして人の上に立てるので、人を騙して束縛し自分の地位と生活を安定させるのです。真理を伝えて神様を高くし証しをして御座の前に人を連れて行くのではなく、表向きには信心深くしていても実際は神様を全く崇敬せず、全能神が終わりの日の真理を示し、裁きの御働きをされると自分の地位と生計を守るために「神様の御言葉や御働きはすべて聖書にあるから聖書以外のものは異端である」とか、「神様を信じることは聖書を信じることで聖書は神様を代弁する」などの噂や嘘を吹聴して神様を狭い枠の中に閉じ込め、終わりの日の神様の働きを非難し人が真の道を求めて探求しようとすると何がなんでも妨害しようとするのです。教会の牧師達は聖書の解釈を伝えられるという機会を悪用して、神様に反抗して制約するような聖書の誤った解釈をするのは真理を忌み嫌い神様に逆らう悪の本性があるからです。いつの時代でも宗教界は偽善者パリサイ人と反キリストに支配され聖書を崇拝して称賛し神様が選んだ者を騙して支配し自分達の地位と生計を守ってきました。神様を褒めたたえ証しをしたり真理の現実へと人を導いたり神様の御座に連れて行くためではありません。従って終わりの日に全能神が出現され御働きをなさると真理を忌み嫌い神様に逆らう牧師や長老の反キリストの本性が暴かれるのです。「真の道を守り群れを保護する」という口実で終わりの日のキリストである全能神に対抗し宗教界を神様に敵対する要塞にしているのです。まだはっきり理解できないと言われるのですか?

映画『足枷を解いて走れ』より引用

前へ: 質問 3:聖書でパウロがはっきり言っています。「聖霊は、神が御子の血であがない取られた神の教会を牧させるために、あなたがたをその群れの監督者にお立てになったのである……」(使徒行伝 20:28)。これは牧師や長老はみな聖霊に聖別されたという証拠です。聖霊に聖別されたということは神様に聖別されたということでしょう? 神様が牧師や長老を群れの監督として聖別したのです間違いありません。

次へ: 質問 5:全能神を受け入れて以来、牧師と長老が邪魔をして聖書の説明ばかりして反論したり拒否してもあきらめないし、嫌がらせとしか言いようがなくて、私たちが弱気になった時はこんなに熱心じゃなかったのに、全能神を受け入れた途端怒ってアメと鞭で人を悩ませるんです。私たちを地獄に引きずり込むまで止めないのよ! 不思議なのは牧師も長老も主に仕えて来て聖書も良く知っているから、全能神が示した言葉はすべて真理だとわかるはずなのに、なぜ学ぼうとしないのか? 全能神を断罪して、拒んで冒涜する前に終わりの日の御働きを調べてみればいいのに全能神を受け入れるのをあんなに妨害するのはどうしてなのか、理解に苦しむんですどうしてなんでしょう説明してくださいますか。

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

質問 1:聖書は神様の業の証しであり、人類に驚くべき利益をもたらしました。聖書を読むと、神様は全ての創造主であり神様の驚異的で偉大な行い、そしてその全能性が理解できます。聖書は神様の言葉の記録であり、神様についての人の証言ではあるものの、ではなぜ人は聖書を読むことによって永遠の命を得ることができないのだろうか? なぜ永遠の命の道については書かれていないのでしょう?

回答:聖書を読むと、神様は全ての創造主であり、私達は神様の驚くべき行いに気づき始めます。これは聖書が神様の最初の2段階の御働きを証しするものだからです。律法の時代と恵みの時代の神様の御言葉と御働き、そして人の証しの記録だからです。ですから、聖書は私達の信仰にはとても重要なのです。…

質問 8:どのように裁きの働きをされ人類を救い清めるのですか?

回答:真の道を求め調べている人なら終わりの日の全能神の裁きの働きを理解したいですよね。それについては全能神が語っておられますから、御言葉を少し読んでみましょう。 「神の今回の受肉において、神の働きは主に刑罰と裁きを通して神の性質を表すことである。これを基礎として、神は人により多く…

質問 1:あなたは、主イエスが再臨され、その働きを行われるために受肉されたと証されていますが、私にはよくわかりません。私たちは皆、主イエスが神様の受肉であることは知っています。その働きを全うされ、十字架に磔にされ、蘇られ、すべての弟子達の前に現れられ、そして栄光に輝く霊的な体で天国へと昇天されました。まさに、「ガリラヤの人たちよ、なぜ天を仰いで立っているのか。あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになるであろう」(使徒行伝 1:11)と、この聖書箇所にあるように、主が再臨される際に私たちに現れるのは、神様の復活した霊体であることが確認できます。終わりの日において、なぜ神様は裁きの働きを行われるために人の子として受肉されたのでしょうか? 復活された主イエスの霊体と人の子としての受肉の違いは何でしょう?

復活後の主イエスの霊体は、イエスが神様の受肉であることを証明するために現れました。それは人々の信仰を強めるためでした。すなわち、神様の霊体は働きを行わずに、姿を示されただけです。神様は普通の人として受肉されなければ、人の間で働き、人類の贖いと救いを行うことはできません。ですから、神様が終わりの日の裁きで人類を救われたいなら、最大の効果を得るため、人間として受肉され働かれるでしょう。

質問4.いま、主がお見えになり天国へ招かれるという考えは、思い込みだとわかりました。主の御言葉を裏切る行為です。主の再来をどう待てば引き上げられるか、もう少し詳しく教えてください。

 実は主イエスは私たちを引き上げるとおっしゃっています。「あなたがたのために、場所を用意しに行くのだから。そして、行って、場所の用意ができたならば、またきて、あなたがたをわたしのところに迎えよう。わたしのおる所にあなたがたもおらせるためである。」

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索