全ての国々が全能神を礼拝する

終わりの日の神の働きは、

天の神が地上に生きるのを人に見せ、

神を知り、人が神に従い、神を愛し、畏れるようにするため

そのために彼は再び肉となった

今日人が見る神は 鼻や目のある

人と同じ姿の神 目立たない神

だがこの人がいなければ 天も地もずっと

違ったものになることを 神は示す

彼がいなければ 天は薄暗く 地は混沌とし

人は飢餓と疫病の中で暮らすだろう

彼の救いがなければ 人はとっくに地獄に落ち

あなた方は罪人となり 死体のままだった

最後に 全ての国々は礼拝し この取るに足りない

人に感謝し 従う

彼は真理 いのち 道をもたらし人を救ったから

彼は神と人の対立を緩和し

神と人を近づけ

神と人の思いを通わせる

神に更に大きな栄光を

もたらしたのも この人

この肉がなければ 大惨事となり

神のより厳しい罰を逃れられないだろう

この普通の肉が生まれなかったら

あなた方はみな生と死の間をさまよっているだろう

この肉がなければ 

あなた方が真理を受け

神の前に来ることはなく 重い罪故に

罰されるだろう

最後に 全ての国々は礼拝し この取るに足りない

人に感謝し 従う

彼は真理 いのち 道をもたらし人を救ったから

彼は神と人の対立を緩和し

神と人を近づけ

神と人の思いを通わせる

神に更に大きな栄光を

もたらしたのも この人

神が肉となって戻らなかったなら

救いの機会は誰にもなかった

この肉が来なければ

古い時代はずっと前に終わっていた

神が肉となって生きたから

あなた方に生きる機会がある

あなた方がこのすばらしい幸運の全てを受けたのは

この普通の人が地上に来たから

最後に 全ての国々は礼拝し この取るに足りない

人に感謝し 従う

彼は真理 いのち 道をもたらし人を救ったから

彼は神と人の対立を緩和し

神と人を近づけ

神と人の思いを通わせる

神に更に大きな栄光を

もたらしたのも この人

彼はあなたの信頼と敬愛に値しないか

キリスト、 神の表出と呼ばれるにふさわしくないか

人が災難を免れるよう助ける彼は

愛され引き止められる価値がないだろうか

『言葉は肉において現れる』の「あなたは知っていたか。神が人々の間で偉大な業を成し遂げたことを」より編集

前へ: 神の受肉を否定することは神の敵になること

次へ: 神は真理、神はいのち

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を…

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の…

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索