全ての国々が全能神を礼拝する


終わりの日の神の働きは、

天の神が地上に生きるのを人に見せ、

神を知り、人が神に従い、神を愛し、畏れるようにするため

そのために彼は再び肉となった

今日人が見る神は 鼻や目のある

人と同じ姿の神 目立たない神

だがこの人がいなければ 天も地もずっと

違ったものになることを 神は示す

彼がいなければ 天は薄暗く 地は混沌とし

人は飢餓と疫病の中で暮らすだろう

彼の救いがなければ 人はとっくに地獄に落ち

あなた方は罪人となり 死体のままだった


最後に 全ての国々は礼拝し この取るに足りない

人に感謝し 従う

彼は真理 いのち 道をもたらし人を救ったから

彼は神と人の対立を緩和し

神と人を近づけ

神と人の思いを通わせる

神に更に大きな栄光を

もたらしたのも この人


この肉がなければ 大惨事となり

神のより厳しい罰を逃れられないだろう

この普通の肉が生まれなかったら

あなた方はみな生と死の間をさまよっているだろう

この肉がなければ 

あなた方が真理を受け

神の前に来ることはなく 重い罪故に

罰されるだろう


最後に 全ての国々は礼拝し この取るに足りない

人に感謝し 従う

彼は真理 いのち 道をもたらし人を救ったから

彼は神と人の対立を緩和し

神と人を近づけ

神と人の思いを通わせる

神に更に大きな栄光を

もたらしたのも この人


神が肉となって戻らなかったなら

救いの機会は誰にもなかった

この肉が来なければ

古い時代はずっと前に終わっていた

神が肉となって生きたから

あなた方に生きる機会がある

あなた方がこのすばらしい幸運の全てを受けたのは

この普通の人が地上に来たから


最後に 全ての国々は礼拝し この取るに足りない

人に感謝し 従う

彼は真理 いのち 道をもたらし人を救ったから

彼は神と人の対立を緩和し

神と人を近づけ

神と人の思いを通わせる

神に更に大きな栄光を

もたらしたのも この人


彼はあなたの信頼と敬愛に値しないか

キリスト、 神の表出と呼ばれるにふさわしくないか

人が災難を免れるよう助ける彼は

愛され引き止められる価値がないだろうか

『言葉は肉において現れる』の「あなたは知っていたか。神が人々の間で偉大な業を成し遂げたことを」より編集

前へ: 神の受肉を否定することは神の敵になること

次へ: 神は真理、神はいのち

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索