あなたがたの信仰はまだ混乱している


今日まで多くの人々が躊躇なく私についてきた。また、この数年間、あなた方は大変な疲労に苦しんできた。あなた方ひとりひとりの生来の気質や傾向を、私はすみずみまで明確に把握してきた。あなた方のひとりひとりと関わり合うのはとてつもなく難儀だった。遺憾なのは、私があなた方のことを大いに把握しているというのに、あなた方は私のことを全く理解していないということである。あなた方は私の性質について何も理解せず、ましてや私が何を考えているのか洞察することなどできない。今日、あなた方の私に関する誤解は雪だるま式に膨れ上がり、私に対する信仰は混乱した信仰のままである。


あなた方は私を信仰しているのではなく、私の機嫌をとり、私にへつらおうとしていると言うのがより適切だろう。あなた方の動機は非常に単純である。誰であれ、報いてくれるなら従うし、大きな災難を免れさせてくれるなら信じる。神でもいいし他の何らかの神でもいい。誰であれ自分には関係ない、というのである。このような人はあなた方の中に大勢おり、この事態は非常に深刻である。もしいつの日か、キリストの実質を理解しているがゆえにキリストを信仰しているという人があなた方のうちどれほどいるかを調べたとしたら、おそらく私が納得できる人は一人としていないだろう。


したがって次の問いについてくらいは考えてもよかろう。あなた方の信じる神は私と非常に異なっている。ならば、あなた方の神への信仰の本質とは何か。あなた方の神なるものを信じれば信じるほど、あなた方は私からさらに逸れていく。ならば、この問題の本質とは何か。あなた方のうち誰一人としてこのような問いについて考えたことがないのは明らかだが、そのことの重大さが頭に浮かんだことはあるのか。このような形で信じ続けた末の結果を考えたことはあるのか。

『言葉は肉において現れる』の「どのように地上の神を知るか」より編集

前へ: 人は神を真に信じていない

次へ: 神を信じていながら真理を受け入れないことは非信者になること

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索