実際の神は神自身であることを知るべきである

実際の神についてあなたが知るべきことは何だろうか。実際の神自身は、霊、人、そして言葉から成り立っており、これが実際の神自身の本当の意味である。あなたがこの人だけを知っていて――つまり、彼の習慣と性格だけを知っていて――霊の働き、あるいは、霊が肉において何をするのかを知らなければ、また霊と言葉にしか注意を払わず、霊の前で祈るだけで、実際の神における神の霊の働きを知らなければ、それは、あなたがまだ実際の神を知らない証拠である。実際の神を知ることには、その言葉を知り、経験すること、聖霊の働きの規則と原則を理解すること、そして、神の霊が肉においてどのように働きを行うかを把握することが含まれる。そこにはさらに、肉における神のあらゆる行いは聖霊によって支配されており、彼が語る言葉は霊の直接的な表現であると知ることも含まれている。したがって、実際の神を知ることは、神が人間性において、また神性において、いかに働きを行うかを知る上で何より重要である。そのことは、すべての人が関係している霊の表現というものにつながってゆく。

霊の表現の各側面はどういったものか。神は人間性において働くこともあれば、神性において働くこともある。しかし、どちらの場合も霊が支配している。したがって、いかなる霊が人の内にあろうとも、外面の表現は次のごとしである。霊は普通に働くが、霊による指揮には二つの部分がある。その一つは人間性における働きであり、もう一つは神性を通しての働きである。あなたはこのことをはっきり知らねばならない。霊の働きは状況に応じて変化する。人間性による働きが必要な場合、霊はこの人間性による働きを指揮し、神性の働きが必要な場合は、神性が直接現れて実行する。神は肉において働き、肉において現れるので、人間性と神性の両方において働きを行う。人間性における神の働きは霊によって指揮され、人々の肉体的な必要を満たし、神との関わりを容易にするため、そして人々が神の現実性と正常性を目の当たりにできるようにし、また神の霊が肉において到来して人間のあいだに存在し、人間と共に暮らし、人間と交わることを人々に理解させるために行われる。神性における働きは、人々のいのちを施し、あらゆることにおいて人々を肯定的な側面から導き、人々の性質を変え、霊が肉において現れることを真に目の当たりにさせるためである。主に、人のいのちにおける成長は、神の神性における働きと言葉を通して直接達成される。神の神性における働きを受け入れることでのみ、人々は自身の性質を変化させることができ、その時初めて霊が満たされる。これに人間性における働き、すなわち人間性における神の牧養、支え、そして施しが伴う場合に限り、神の働きの成果が完全に達成される。今日言及する実際の神自身は、人間性と神性の両方において働きを行う。実際の神の出現によって、その正常な人間の働きと生活、および完全なる神性の働きが達成される。人間性と神性が一つのものとして結合され、いずれの働きも言葉を通して達成される。人間性においてであろうと神性においてであろうと、神は言葉を発する。人間性において働く際、人々が交わって理解できるよう、神は人間の言葉を話す。神の言葉は平易で理解しやすいので、すべての人々に施され得る。知識があろうと、教育が不十分であろうと、人はみな神の言葉を受け取れる。神性における神の働きも言葉を通して行われるが、それは施しに満ち、いのちに満ちており、人の思考に汚されておらず、人の好みを含まず、人間の限界に縛られず、普通の人間性の範疇の外にある。神性における働きも肉において実行されるが、それは霊の直接的な表現である。人々が人間性における神の働きを受け入れるだけであれば、彼らは一定の範囲に閉じ込められてしまうので、ごくわずかな変化を人々にもたらすだけであっても、絶え間ない取り扱い、刈り込み、懲らしめが必要になる。しかし、聖霊の働き、あるいは臨在がなければ、人々はいつも古いやり方を繰り返すだけだろう。神性の働きを通してのみ、これらの弊害や欠陥が正され、その時初めて、人々は完全にされる。絶え間ない取り扱いと刈り込みに代わって必要なのは肯定的な施しであり、言葉を用いてあらゆる欠点を補い、言葉を用いて人々のあらゆる状態を露わにし、言葉を用いて人々の生活、あらゆる発言、あらゆる行動を支配するとともに、その意図と動機を暴くことである。これこそが、実際の神の本当の働きである。したがって、実際の神に対する態度において、あなたがたは今すぐ神の人間性の前に服従し、神を認識して認め、さらに神性における働きと言葉も受け入れ、それらに従うべきである。神の肉における出現は、神の霊の働きと言葉のすべてが、神の普通の人間性、および神の受肉した肉体を通して行われることを意味する。言い換えれば、神の霊は人間性の働きをただちに指揮し、肉において神性の働きを実行する。そして受肉した神の中に、あなたは人間性における神の働きと同時に、その完全なる神性の働きも見ることができる。これが、実際の神が肉において現れることの真の意義である。それをはっきり理解できれば、あなたは神の様々な部分を残らずつなぐことができ、神性の働きをやたらと重視することも、人間性における働きをやたらと軽視することもなくなる。また、極端に走ることも、回り道することもなくなる。総括すると、実際の神の意義とは、人間性の働きと神性の働きは、霊によって指揮されつつ、肉を通して表されるということである。それによって人々は、神が鮮やかで生き生きとしており、現実かつ真実であることを目の当たりにできる。

人間性における神の霊の働きには移行期がある。神は人間性を完全にすることで、自身の人間性が聖霊の指揮を受けられるようにし、その後、神の人間性が教会に施し、教会を牧養できるようになる。これが神の普通の働きの一つの現れである。したがって、神の人間性における働きの原理を明確に理解できるなら、あなたが神の人間性における働きに対して観念を抱く可能性は低い。いずれにせよ、神の霊に間違いはあり得ない。それは正しく、誤りはない。それは間違ったことを決してしない。神性の働きは神の旨の直接的な現れであり、人間性による干渉はない。それは完全にされる過程を経ることなく、霊に直接由来する。とは言え、神が神性において働きを行えるという事実は、神の持つ普通の人間性の故である。それはまったく超自然的なものではなく、普通の人によって実行されているように見える。神が天から地上に来たのは主に、肉を通して神の言葉を表し、肉という手段で神の霊の働きを完成させるためだったのである。

今日、実際の神に関する人々の認識は相変わらず偏り過ぎており、受肉の意義への理解もいまだ乏しい。神の肉と共に、人々は神の働きと言葉を通して、神の霊にはとても多くのものが含まれており、非常に豊かであることを知る。しかし、いずれにしても、神の証しは最終的に神の霊からもたらされる。つまり、神は肉において何を為すか、どの原則によって働くのか、人間性において何をするのか、また神性において何を為すのかについての証しである。人々はこのことを認識していなければならない。今日、あなたはこの人を礼拝することができるものの、本質的には神の霊を礼拝しているのであり、人々が受肉した神についての認識を得るには、少なくとも次のことを達成しなければならない。つまり、肉を通して霊の実質を知ること、肉における霊の神性による働きと、人間性による働きの双方を知ること、肉における霊の言葉と発言をすべて受け入れ、神の霊がどのように肉を指揮し、肉における神の力を示すのかを理解することである。すなわち、その人は肉を通して天にいる霊を知るようになるのであって、実際の神自身が人間のあいだに出現することで、人々の観念における漠然とした神は一掃されたのである。実際の神自身を礼拝することで、神に対する人々の従順さは増加し、また肉における神の霊の神性の働きと人間性の働きを通して、人は啓示を受け、牧養され、人のいのちの性質に変化がもたらされる。これが、肉における霊の到来が持つ実際の意義であり、その主要な目的は、人々が神と関わり、神に頼り、神についての認識に達せるようにするためである。

概して、実際の神に対してどのような態度を取るべきだろうか。受肉について、言葉が肉において現れることについて、肉における神の出現について、実際の神の業について、あなたはどのような認識を持っているのか。今日の話し合いの主な話題は何か。受肉、肉による言葉の到来、そして肉における神の出現はみな、理解しなければならない事柄である。あなたがたは自身のいのちの経験の中で、自分自身の背丈と時代を基に、これらの問題を徐々に理解し、それらについて明確な認識を持つようにならなければならない。人々が神の言葉を経験する過程は、肉における神の言葉の出現を知る過程と同じである。神の言葉を経験すればするほど、人々はますます神の霊を知るようになる。神の言葉を経験することで、人々は霊の働きの原則を把握し、実際の神自身を知るようになる。実際、神は人々を完全にして自分のものにするとき、実際の神の業を彼らに知らせているのである。神は実際の神の働きを用いることで、人々に受肉の実際の意義を示し、神の霊が人の前に実際に現れたことを示す。人々が神のものとされ、神によって完全にされるとき、実際の神の表現は人々を征服しており、実際の神の言葉が人々を変え、自身のいのちを彼らに対して働かせ、彼らを神そのもの(人間性における神そのものにせよ、神性における神そのものにせよ)で満たし、神の言葉の実質で満たし、人々が神の言葉を生きるようにさせる。神は人々を獲得するとき、人々の欠点を取り扱い、彼らの反抗的な性質を裁いて暴き、彼らに必要なものを得させ、神が人間のあいだに来たことを彼らに示す手段として、主に実際の神の言葉と発言を用いる。何より重要なことだが、実際の神が行う働きは、あらゆる人をサタンの影響から救い、彼らを汚れた地から切り離し、彼らの堕落した性質を一掃する働きである。実際の神に獲得されることの最も深遠な意義は、実際の神を模範および手本としつつ、正常な人間性を生きられるようにすること、ほんのわずかなずれや逸脱もなく、実際の神の言葉と要求に沿って、神が何と言おうとその通りに実践できるようにすること、そして神が求めることを成し遂げられるようにすることである。このようにして、あなたは神のものとされる。神のものとされるとき、あなたは聖霊の働きを所有するだけではなく、何よりもまず、実際の神の要求を生きることができる。単に聖霊の働きがあるだけでは、あなたにいのちがあることにはならない。ここで鍵を握るのは、あなたが実際の神の要求に応じて行動できるかどうかであり、それはあなたが神のものとされるかどうかに関連している。これらが肉における実際の神の働きの最も偉大な意義である。すなわち、神は現実に、かつ実際に肉において現れ、鮮やかかつ生き生きとした存在になり、人々に見られ、肉において実際に霊の働きを行い、また肉において人々の模範となる行動をすることで、人々の集団を獲得する。肉における神の到来は主に、人々が神の実際の業を見られるようにし、形のない霊に肉の姿を与え、人々が神を見て触れられるようにするためである。このようにして、神によって完全にされる人々は神を生き、神のものとされ、神の心に適うことになる。神が天において語るだけで、実際に地上へ降臨しなかったとすれば、人々はいまだ神を知ることができず、空虚な理論を使って神の業を説くばかりで、神の言葉を現実として持ってはいなかっただろう。神が地上に来たのは何よりも、神が獲得しようとする人々の模範、手本として行動するためである。このようにしてのみ、人々は実際に神を知り、神に触れ、神を見ることができ、そうして初めて神によって真に獲得され得るのである。

前へ: 千年神の国は訪れた

次へ: 今日の神の働きを知ること

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

全宇宙に向かって語った神の言葉:第十章

結局のところ、神の国の時代は過去の時代と異なっている。それは人間の行いとは関係ない。むしろ、わたしが地上に降りて自ら働きを行ったのであり、それは人には理解できず、成し遂げるのも不可能なことである。世界の創造以来長年にわたり、その働きはひとえに教会の建設に関するものだったが、神の国…

あなたは全人類がこれまでどのように発展してきたかを知らねばならない

六千年にわたって行われてきた働きは、その全体が時代とともに徐々に変化してきた。この働きに見られる変化は、世界全体の情勢と、人類の全体的な発展の傾向に基づいて起こったものであり、経営の働きはただそれらに従って徐々に移り変わってきたのである。創世の当初からすべてが計画されていたわけで…

成功するかどうかはその人が歩む道にかかっている

多くの人は、自分がいずれ辿りつく終着点のため、あるいは一時的な享楽のために神を信じている。取り扱いを経験したことのない者は、天に入るため、見返りを得るために神を信じており、完全にされるため、あるいは神の被造物の本分を尽くすために神を信じているのではない。つまり、ほとんどの人は、自…

七つの雷が轟く――神の国の福音が宇宙の隅々まで広まることを預言

わたしは異邦人の国々に働きを広めている。わたしの栄光は全宇宙に閃く。星のように点々と散らばる人々はみな、自分の中にわたしの旨を抱き、わたしの手によって導かれ、わたしが与えた仕事に取りかかる。この時点からわたしは新しい時代へと入り、すべての人々を別の世界へ連れて行く。わたしは自分の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索