受肉の神だけが人を完全に救うことができる


神は人間を救うために来るが

それは霊を通してではなく

また霊としてでもない

霊は目に見えず、触ることもできない

もし神が創造物なる人ではなく

霊として人を救ったら

誰も神の救いを得られない

そう誰も救われない

神は創造された人となり

その肉に神のことばを宿す

神のことばが神に従う者全てに伝わり

人が神のことばを聞き、見て、受け入れられるように

そうして、人は罪からまことに救われる


もし神の受肉がなかったとしたら

肉なる人が救われることはない

神の偉大な救いを

誰一人として受けることはないだろう

神の霊が人の間で働けば

人はみな打たれてしまい

そして人は霊に触れないから

サタンに囚われてしまうだろう

神は創造された人となり

その肉に神のことばを宿す

神のことばが神に従う者全てに伝わり

人が神のことばを聞き、見て、受け入れられるように

そうして、人は罪からまことに救われる

人は天国への祈りではなく

神の受肉により救いを得る

肉である人には霊は見えず近づけないから

人が共に交われるのは受肉された神だけである

全ての真理の理解と救いは彼がもたらす

『言葉は肉において現れる』の「受肉の奥義(4)」より編集

前へ: 肉となった神が現れた時に示す権威と力

次へ: 神はサタンを打ち負かし人を救うために肉となった

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

神の国の王の顔は比類なき栄光に輝く

神はこの地で新しく始め この地で栄光を受ける 最後の美しい光景で 神は心の情熱を伝える 神の鼓動にしたがって 水は踊り、山は動き 波は岩礁に打ち付ける 神が心を語るのは難しい 計画通りに神は行った それは神により定められ 神が人々に見せ経験して欲しいと思っていることだ 神の…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

最も有意義な人生

被造物として神を礼拝し あなたは最も有意義な人生を追い求めねばならない あなた方は正しい道を追い求め 進歩を求め 赤い大きな竜の国で立ち上がる 神が義と呼ぶ人々 それこそが最も有意義な人生ではないか 人として神のために費やし あなたはあらゆる苦難の人生を耐えなければならな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索