その業を為すために神は肉とならなければならない

神の霊は堕落した人間を

サタンの影響から直接救えない

それは神の霊がまとう肉体

つまり神の受肉によって可能となる


この肉体は普通の人間性と同時に

完全な神性を持つ

それは霊ではないが

人を救うのは肉なる神、霊と肉だ

神の働きには三段階あり

ひとつの段階は霊が直接行うが

他の二つの段階は受肉した神が行い

霊は直接行わない

肉なる神だけが

人の親友、牧者、時に適った助けになれる

過去でも今日でも

受肉の必要性はこのことにある


霊による律法の働きは

人間の堕落した性質を変えることや

人間が神を知ることと関係がなかった

恵みの時代、神の国の時代の神の肉の働きは

人の堕落した性質と神についての認識に関わり

人を救うため重要で不可欠だ

だから、堕落した人間に

肉なる神が救いと直接的な働きを与え

牧し支え、水と糧と裁きと刑罰と

さらに多くの恵みと贖いを与えなければならない

肉なる神だけが

人の親友、牧者、時に適った助けになれる

過去でも今日でも

受肉の必要性はこのことにある


『言葉は肉において現れる』の「堕落した人間は受肉した神による救済をより必要としている」より

前へ: 神は世界に人類の終わりをもたらす

次へ: 受肉した神は救いの働きによりふさわしい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の言葉を実践し神を満足させることが第一

あなたに今求められているのは 誰もがなすべき人の本分であり 追加の要求ではない 本分をうまく果たせないなら あなたは自ら問題をもたらし 死を招いていないか どうして前途を望めるのか 神の働きにおいて力を尽くし忠誠であれ 観念にふけりじっと死を待っていてはならない 神はその働き…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索