その業を為すために神は肉とならなければならない

神の霊は堕落した人間を

サタンの影響から直接救えない

それは神の霊がまとう肉体

つまり神の受肉によって可能となる

この肉体は普通の人間性と同時に

完全な神性を持つ

それは霊ではないが

人を救うのは肉なる神、霊と肉だ

神の働きには三段階あり

ひとつの段階は霊が直接行うが

他の二つの段階は受肉した神が行い

霊は直接行わない

肉なる神だけが

人の親友、牧者、時に適った助けになれる

過去でも今日でも

受肉の必要性はこのことにある

霊による律法の働きは

人間の堕落した性質を変えることや

人間が神を知ることと関係がなかった

恵みの時代、神の国の時代の神の肉の働きは

人の堕落した性質と神についての認識に関わり

人を救うため重要で不可欠だ

だから、堕落した人間に

肉なる神が救いと直接的な働きを与え

牧し支え、水と糧と裁きと刑罰と

さらに多くの恵みと贖いを与えなければならない

肉なる神だけが

人の親友、牧者、時に適った助けになれる

過去でも今日でも

受肉の必要性はこのことにある

『言葉は肉において現れる』の「堕落した人間は受肉した神による救済をより必要としている」より

前へ: 受肉した神は救いの働きによりふさわしい

次へ: 受肉した神の働きの最良のこと

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなか…

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解してい…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索