神の業が広大な宇宙全体を満たす

神は高いところから

万物を見下ろし支配する

それと同時に神はこの地に救いをもたらしてきた

神は隠れた場所から常に

人間のあらゆる行動と言動を見ている

神は自分の手のひらのように人間を知っている

その隠れた場所に神は住み

天空は神が横になるベッド

サタンの力は神に届かない

神は威厳と義と裁きに満ちているのだから

神は万物を自分の足台とし

まなざしを全宇宙に向けてきた

そして神は人の間を歩き苦楽を 味わってきた

人間世界であらゆるものを味わったが

人間は真に神を認識することもできず

また神が地を巡り歩いてもまるで気付かなかった

なぜなら神は沈黙し超自然的な業を行わなかったから

それゆえ真に神を見た者は居なかった

しかし今はかつてとはちがう

神は業を行うがそれはすべての時代を通して

誰も見た事の無い業である

神は言葉を述べるがそれはすべての時代を通して

誰も聞いた事の無い言葉である

なぜなら神は人類すべてが

肉となった神を知ることを求めているから

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第五章」より編集

前へ: 万象は神の手の中にある

次へ: 神は天におり、地にもいる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

神の勝利の象徴

人は最初の姿に戻される 人々は己の努めを全うできる 自分の居場所で神の全ての定めに従う その時神は 地で神を礼拝する、一群の人を得るだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう 神は地上で永遠の勝利を得る 神に逆らう…

神は全ての愛を人類に与えた

神は愛により 人を救う 救いの計画 成し遂げる たとえ義を 表すにせよ たとえ威厳を 表すにせよ そして怒りを 表すにせよ どれほど大きな 愛なのか?たとえ人が 尋ねても 大きさは 答えではない なぜなら 神のその愛は100パーセント なのだから 神は与えた 人類のため 全ての愛…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索