神の業が広大な宇宙全体を満たす


神は高いところから

万物を見下ろし支配する

それと同時に神はこの地に救いをもたらしてきた

神は隠れた場所から常に

人間のあらゆる行動と言動を見ている

神は自分の手のひらのように人間を知っている

その隠れた場所に神は住み

天空は神が横になるベッド

サタンの力は神に届かない

神は威厳と義と裁きに満ちているのだから


神は万物を自分の足台とし

まなざしを全宇宙に向けてきた

そして神は人の間を歩き苦楽を 味わってきた

人間世界であらゆるものを味わったが

人間は真に神を認識することもできず

また神が地を巡り歩いてもまるで気付かなかった

なぜなら神は沈黙し超自然的な業を行わなかったから

それゆえ真に神を見た者は居なかった

しかし今はかつてとはちがう

神は業を行うがそれはすべての時代を通して

誰も見た事の無い業である

神は言葉を述べるがそれはすべての時代を通して

誰も聞いた事の無い言葉である

なぜなら神は人類すべてが

肉となった神を知ることを求めているから

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第五章」より編集

前へ: 万象は神の手の中にある

次へ: 神は天におり、地にもいる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆ…

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索