神は人に思い起こさせる

神は貧しい人を塵から引き上げ

卑しい者を高める

神はあらゆる知恵を用いて

全世界の教会や民 そして国々を治める

これまで服従しなかった者は

今こそ従順さを見せなければならない

みんなが完全に服従して神の内にいるだろう

神は人に思い起こさせる

あなたたちはお互いに愛し服従し

いのちの中で結束すべきだ

お互いの長所によって支え合いながら

調和と寛容さを持って仕えなさい

サタンのたくらみは成功せず

教会はしっかりと建て上げられるだろう

こうして神の計画は成就するだろう

神は人に思い起こさせる

働きは違っても体はひとつである

自分の場所で最善を尽くし

本分を尽くさなければならない

それぞれが輝き 光を放ちなさい

いのちの成熟を求めれば

神はきっと満足するだろう

誰かがこうだとか ああするとかいうことで

誤解を生んだり霊を堕落させてはならない

神の目から見たらそれは適切ではなく

価値のないことである

あなたが信じるのは人ではなく

神ではないのか?

神は人に思い起こさせる

神は人に思い起こさせる

『言葉は肉において現れる』第一部「諸教会への聖霊の言葉」の「第二十一章」より

前へ: リ-ダ-と働き人が把握しなければならない二つの原則

次へ: イスラエル人のように仕えなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは …

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索