244 神による人の救いはまさに現実的

1

キリストの言葉による裁きを受けた後、私の心はついに目覚めた。

自分がいかに甚だしく堕落していたかを、そして自分がサタンの末裔なのだとわかった。

神の言葉に征服されていなければ、神の裁きは極めて受け入れ難いだろう。

自分の行動や思いがどれほどサタン的性質に満ちていたかを私は反省する。

私は名声と地位だけを追い求め、王のように権力を振るいたがっていた。

私は観念と想像だけで生きていたが、それでも真理を有していると空想していた。

頑張って働き苦しんだ見返りとして、神の祝福を受けられるものと思っていた。

神の裁きが私に下ったのはなんという幸いか。この時初めて私は真に悔い改めたのだ。

2

神の厳しい言葉は私の魂の深い所を貫く。痛みに苦しんだものの、

神の言葉は真理だと心の中ではわかっている。

誠実な人になるには、真理を受け入れ神に従うことを学ばなければならないのだ。

真理の裁きを受け入れなければ、私は人間たるにふさわしくない。

それでもなお逆らおうとするなら、私は神の性質に背くことになる。

私は故意に神に反抗し、良心と分別を失う。本当に人間のくずだ。

神の裁きにより私は悔い改め、神の御前にひれ伏す。

裁きと刑罰は神の救い。私の心は神を讃美する。

3

御言葉による裁きを受けた後、私は多くの真理を理解した。

世の闇や悪はサタンが権力を持っているからだとわかった。

サタン的性質は、人が悪事を働き罪を犯し神に反抗するよう仕向ける。

人類はサタン的性質に満ちている。人間らしさを失って久しい。

神の裁きと刑罰だけが、人類を清め救うことができる。

神の裁きを受け入れられたのは、神の恵みと神が高く上げてくださったおかげ。

神の言葉を飲み食いし味わうのが、私の人生で最大の祝福。

神はとても愛らしい。私は永遠に神を讃美し神に感謝しよう。

前へ: 243 私の心は他に何も求めない

次へ: 245 生涯神を愛することだけを求める

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索