132 名残惜しい別れ

神と過ごした時を振り返ってみると

そこには笑い声と痛みの涙があった

神と共に過ごした日々はなんて幸福だったろう

私たちはその思い出を いつまでも忘れないでしょう

ああ神よ 幾年も共に集い

あなたの真理は私たちの堕落を清めてくれた

真理を理解した今 私たちは新しい人へと生まれ変わった

とても純粋なあなたの愛は 私たちの心に深く根付いている

御言葉は私たちの信仰となり愛となった

あなたへの思いは深く あなたから離れるのは耐え難い

でも今日 あなたは私たちの元を離れようとしている

どうして惜しまずにいられるでしょうか

あなたは朝夕私たちと共に生活された

日々真理を表し 私たちを潤された

私たちのひどい堕落が露わになり あなたを傷つけた

あなたは寛容で忍耐強く 私たちを導き続けた

ああ神よ あなたは私たちを救うため 多くの痛みを受けられた 

あなたは私たちの背丈の未熟さを見て

心配し案じられた

忍耐強く真理について交わり

私たちを支え 養ってくださった

試練と患難の中 私たちと共にいてくださった

あなたに啓かれた私たちは

真理を理解し あなたを証しする

私たちの裁きと清めは 全くあなたの恵み

あなたの愛をこんなにたくさん受け 

どうしてあなたを愛さずにいられるでしょうか

あなたの愛は私たちを激励する

あなたを愛することを後悔することなど決してない

御業は完成し あなたはじきにシオンに戻られる

あなたが去るのを見てはいられない

あなたが私たちを一歩一歩導いてくださった年月を回想した,

過去の出来事が目の前に現れた

あなたは私たちを裁き 堕落した性質を清めてくださった

私たちを救い 赤い大きな竜の迫害から連れ出してくださった

私たちは御言葉に導かれて

しっかりと証しに立つことができた

苦難と試練に耐えた後

私たちのいのちが成長した

あなたの愛は大きく

あなたの麗しさは溢れんばかり

あなたは人類の賛美と礼拝にふさわしい

あなたの救いの恵みは 私たちの心に深くに刻まれている

私は本分を尽くし 美しく力強く証ししていこうと決意する

あなたの愛は私の心に永遠にとどまるでしょう

そして私は 常にあなたを愛し 大切にするでしょう

前へ: 131 後悔する心

次へ: 133 私たちはいつの日かまた必ず再会する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索