592 軽率に働くことは本分を尽くすことではない

1 軽率に働くことは本分を尽くす上でのタブーである。単に動作を繰り返すだけなら、十分に本分を尽くすことはできない。それに心を捧げよ!本分を尽くすことは滅多にない機会である。神が与えた機会を掴まなければ、それは失われてしまう。いつの日か、本分を尽くす機会をもう一度見つけようとしても、それは簡単なことではない。実際、そのような好機は決して巡ってこないだろう。神の働きは人を待たず、それは本分を尽くす機会も同じである。巡ってくる好機は少ないのだから、それをしっかり掴まなければならない。

2 本分を尽くすとき、用心深くない人がいる。何をするにしても軽率で、目をきちんと開いていない。働くにあたってこれっぽっちも用心深くない。何かをするよう言われると少しばかり努力して、誰かに見られていると働きはわずかによくなり、誰にも見られていないとわずかに悪くなって、誰も自分の行ないを見ていないと思い込む。やがて他の人が気づき、それを見抜くようになる。彼らは誇りも人格も完全に捨てたのである。誰もこのような人を信頼しないのに、どうして神が信頼するのか。このような人は信頼できない。

3 いつもいい加減に本分を尽くし、軽率に振る舞って神を騙すようなことをすれば、そこには大きな危険がある。わざと騙すことの結果は何か。短期的に見れば、堕落した性質をもち、悔い改めないまま頻繁に罪を犯し、真理を実践することを知らず、それを実践することもない。長期的には、このようにし続けるなら、大きな罪を犯さずとも小さな罪に終わりはなく、その結果は元に戻せない。あなたが望む結末はもはやない。

『終わりの日のキリスト講話集』「いのちの入りは本分を尽くすことから始まる」(『言葉』第3巻)より編集

前へ: 591 神の家で忠誠心を捧げなさい

次へ: 593 善悪を測る神の基準

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せず知識や科学を通して研究するな」という意味である神の言葉を食べ 飲み 体験する中であなたは神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索