軽率に働くことは本分を尽くすことではない

軽率に働くことは本分を尽くす上でのタブーである。単に動作を繰り返すだけなら、十分に本分を尽くすことはできない。それに心を捧げよ!本分を尽くすことは滅多にない機会である。神が与えた機会を掴まなければ、それは失われてしまう。いつの日か、本分を尽くす機会をもう一度見つけようとしても、それは簡単なことではない。実際、そのような好機は決して巡ってこないだろう。神の働きは人を待たず、それは本分を尽くす機会も同じである。巡ってくる好機は少ないのだから、それをしっかり掴まなければならない。

本分を尽くすとき、用心深くない人がいる。何をするにしても軽率で、目をきちんと開いていない。働くにあたってこれっぽっちも用心深くない。何かをするよう言われると少しばかり努力して、誰かに見られていると働きはわずかによくなり、誰にも見られていないとわずかに悪くなって、誰も自分の行ないを見ていないと思い込む。やがて他の人が気づき、それを見抜くようになる。彼らは誇りも人格も完全に捨てたのである。誰もこのような人を信頼しないのに、どうして神が信頼するのか。このような人は信頼できない。

いつもいい加減に本分を尽くし、軽率に振る舞って神を騙すようなことをすれば、そこには大きな危険がある。わざと騙すことの結果は何か。短期的に見れば、堕落した性質をもち、悔い改めないまま頻繁に罪を犯し、真理を実践することを知らず、それを実践することもない。長期的には、このようにし続けるなら、大きな罪を犯さずとも小さな罪に終わりはなく、その結果は元に戻せない。あなたが望む結末はもはやない。

『キリストの言葉の記録』の「いのちへの入りは本分を尽くすことから始まるべき」より編集

前へ: 神の家で忠誠心を捧げなさい

次へ: 善悪を測る神の基準

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

人間に対する神の最後の要求

あなたが効力者ならば 受動的になったり行動するふりをせず 神に忠実に仕えることが出来るか? 神があなたを認めていないとしても あなたは留まって神に生涯奉仕することが出来るか? 多くの努力をしても神に冷たくされた時 神のために働き続けるのか? 神のために何かを費やしても 望みが叶え…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索