軽率に働くことは本分を尽くすことではない

軽率に働くことは本分を尽くす上でのタブーである。単に動作を繰り返すだけなら、十分に本分を尽くすことはできない。それに心を捧げよ!本分を尽くすことは滅多にない機会である。神が与えた機会を掴まなければ、それは失われてしまう。いつの日か、本分を尽くす機会をもう一度見つけようとしても、それは簡単なことではない。実際、そのような好機は決して巡ってこないだろう。神の働きは人を待たず、それは本分を尽くす機会も同じである。巡ってくる好機は少ないのだから、それをしっかり掴まなければならない。

本分を尽くすとき、用心深くない人がいる。何をするにしても軽率で、目をきちんと開いていない。働くにあたってこれっぽっちも用心深くない。何かをするよう言われると少しばかり努力して、誰かに見られていると働きはわずかによくなり、誰にも見られていないとわずかに悪くなって、誰も自分の行ないを見ていないと思い込む。やがて他の人が気づき、それを見抜くようになる。彼らは誇りも人格も完全に捨てたのである。誰もこのような人を信頼しないのに、どうして神が信頼するのか。このような人は信頼できない。

いつもいい加減に本分を尽くし、軽率に振る舞って神を騙すようなことをすれば、そこには大きな危険がある。わざと騙すことの結果は何か。短期的に見れば、堕落した性質をもち、悔い改めないまま頻繁に罪を犯し、真理を実践することを知らず、それを実践することもない。長期的には、このようにし続けるなら、大きな罪を犯さずとも小さな罪に終わりはなく、その結果は元に戻せない。あなたが望む結末はもはやない。

『キリストの言葉の記録』の「いのちへの入りは本分を尽くすことから始まるべき」より編集

前へ: 神の家で忠誠心を捧げなさい

次へ: 善悪を測る神の基準

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索