神が肉となった時だけ人は神の親しい友となる


計り知れない程 神が大いなる霊である時

どうしたら人は 神の 友になれるのか

神が自ら へりくだった時だけ

神は自ら 肉となり側にいる

それは人が 神の親しい友となれる時

神の心を知る者になれる時

計り知れない程 神が大いなる霊である時

どうしたら人は 神の 友になれるのか

人と同じように 神が肉となった時にだけ

神を理解できる 神のものとなれる


喜び悲しみ 苦しみさえ分かち合い

神は自ら 肉となり語り働く

そして側で 人を守り導き清める

人が神の 祝福と救いを得られるように

計り知れない程 神が大いなる霊である時

どうしたら人は 神の 友になれるのか

人と同じように 神が肉となった時にだけ

神を理解できる 神のものとなれる


人がこうして 神の意志を理解することが

唯一神の 深い友となれる道なのだ

実体のない 神と友になどどうやってなれよう

その様な 教えはただ虚しいだけ

計り知れない程 神が大いなる霊である時

どうしたら人は 神の 友になれるのか

人と同じように 神が肉となった時にだけ

神を理解できる 神のものとなれる

神が肉となった時だけ人は神の親しい友となる

『言葉は肉において現れる』の「神とその働きを知る者だけが神の心にかなう」より編集

前へ: 全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

次へ: あなたが神から離れない限り

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それに…

神の現れが持つ意義

神の現れとは業のため神降ること 神の方法で身分も性質も保ちながら 時代を始めまた幕引くため 神は降る 神の現れはしるしや絵画ではなく 奇跡でも大いなる幻でもない ましてや宗教的な儀式でもない それは実際に見て触れることのできる事実である 神の現れは 業の手順踏むためや早く終わ…

神は人がいくつの道を進むべきか予め定めた

神が導く道はまっすぐではない それは穴だらけの曲がった道だ 道が険しいほど 私達の愛が明らかになると神は言う こんな道を開ける者は他にない 私は他の人々のようになりたくない 彼らの道を歩きたくはない 私は献身を果たす道を選んで 最後まで歩んでいく 人がどれほど苦しみ どれほど遠く…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索