神が肉となった時だけ人は神の親しい友となる

計り知れない程 神が大いなる霊である時

どうしたら人は 神の 友になれるのか

神が自ら へりくだった時だけ

神は自ら 肉となり側にいる

それは人が 神の親しい友となれる時

神の心を知る者になれる時

計り知れない程 神が大いなる霊である時

どうしたら人は 神の 友になれるのか

人と同じように 神が肉となった時にだけ

神を理解できる 神のものとなれる

喜び悲しみ 苦しみさえ分かち合い

神は自ら 肉となり語り働く

そして側で 人を守り導き清める

人が神の 祝福と救いを得られるように

計り知れない程 神が大いなる霊である時

どうしたら人は 神の 友になれるのか

人と同じように 神が肉となった時にだけ

神を理解できる 神のものとなれる

人がこうして 神の意志を理解することが

唯一神の 深い友となれる道なのだ

実体のない 神と友になどどうやってなれよう

その様な 教えはただ虚しいだけ

計り知れない程 神が大いなる霊である時

どうしたら人は 神の 友になれるのか

人と同じように 神が肉となった時にだけ

神を理解できる 神のものとなれる

神が肉となった時だけ人は神の親しい友となる

『言葉は肉において現れる』の「神とその働きを知る者だけが神の心にかなう」より編集

前へ: 受肉した神は人間の救いという最も重大な働きをする

次へ: 神の受肉は主に神の言葉を表すため

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索