人の本分は被造物としての召命である


人に与えられている使命は 祝福や呪いに関わらず

果たしていくものである 

報酬や条件などを求めずに 人は果たすべきである

「祝福」とは裁きを受け

完全にされた者が恵みを楽しむこと

「呪い」とは自分の性質を変えられなかった者が

懲罰に苦しむこと

人は自分の使命を果たすべきだ

祝福されようと、呪われようと

できる限りのことをすべきだ

それでこそ、人は神を求めていけるのだ

それでこそ、人は神を求めていけるのだ


あなたは祝福を目当てにしたり

呪いを恐れて拒んだりせずに

使命を果たすべきである

使命を全うしないでいるのは 神に対する反抗である

「祝福」とは裁きを受け

完全にされた者が恵みを楽しむこと

「呪い」とは自分の性質を変えられなかった者が

懲罰に苦しむこと

人は自分の使命を果たすべきだ

祝福されようと、呪われようと

できる限りのことをすべきだ

祝福されようと、呪われようと

人は自分の使命を果たすべきだ

祝福されようと、呪われようと

できる限りのことをすべきだ

それでこそ、人は神を求めていけるのだ

それでこそ、人は神を求めていけるのだ

『言葉は肉において現れる』の「受肉した神の職分と人間の本分の違い」より編集

前へ: 大小あらゆることにおいて神の道に従いなさい

次へ: 肉を捨てることの実践

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

どんな被造物も神の愛は持っていない

どんな被造物も神の愛は持っていない 神の言葉は命に満ちていて 私達に歩むべき道を示す 神は真理とは何かを教え 私達は神の言葉に惹きつけられる 私達は神の口調に注意し始め 平凡な人の内なる声を意識し始める 神は人のため一心に働く 眠ることも、食べることもできない 神は涙を流して息を…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索