人の本分は被造物としての召命である


人に与えられている使命は 祝福や呪いに関わらず

果たしていくものである 

報酬や条件などを求めずに 人は果たすべきである

「祝福」とは裁きを受け

完全にされた者が恵みを楽しむこと

「呪い」とは自分の性質を変えられなかった者が

懲罰に苦しむこと

人は自分の使命を果たすべきだ

祝福されようと、呪われようと

できる限りのことをすべきだ

それでこそ、人は神を求めていけるのだ

それでこそ、人は神を求めていけるのだ


あなたは祝福を目当てにしたり

呪いを恐れて拒んだりせずに

使命を果たすべきである

使命を全うしないでいるのは 神に対する反抗である

「祝福」とは裁きを受け

完全にされた者が恵みを楽しむこと

「呪い」とは自分の性質を変えられなかった者が

懲罰に苦しむこと

人は自分の使命を果たすべきだ

祝福されようと、呪われようと

できる限りのことをすべきだ

祝福されようと、呪われようと

人は自分の使命を果たすべきだ

祝福されようと、呪われようと

できる限りのことをすべきだ

それでこそ、人は神を求めていけるのだ

それでこそ、人は神を求めていけるのだ

『言葉は肉において現れる』の「受肉した神の職分と人間の本分の違い」より編集

前へ: 神のことを疑い憶測する者は最も不正直

次へ: 本分において真理を実践することが鍵

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索