序文

終わりの日の神の働きを証しする全能神教会制作の映画の継続的な上映は、神の選民の間に大反響を引き起こし、様々な宗教・宗派を揺るがしました。現在これらの映画を見て、全能神の働きと言葉を求め考察している人々がたくさんいます。人類は神の言葉を通して、すでに目覚めつつあります― 神の言葉は全人類を導き、すべてのことを成し遂げるでしょう。そして、それは実現する過程にあります。これは、映画を通して神と神の働きを証しをすることが成功し実を結んだ十分な証拠です。神の選民がより早く真理を理解し、現実の中へ入り、神を崇め、神を証しし、神の出現を切望するすべての人々が真の道をよりよく考察できるように、全能神教会の編集チームは、真理に関する鍵となる質問と解答をこれらの映画からまとめて、「神の国の福音に関する典型的な質問と解答」と題した本を編集しました。この本に抜粋されているこれらの典型的な解答はみな、神の選民が持つ真理の経験と理解が元になっています。それらは聖霊の啓きと照らしから生じたものであり、完全に真理と一致するものであると言えます。この本は、真の道を模索し考察する人々が抱える問題や観念を解決できるだけでなく、神の選民が真理を備え、神の働きを証しするための素晴らしい参考資料でもあります。これらの典型的な解答は、人々が真理を追求し理解するのに大いに役立ちますが、もちろんこれは、私たちが真理を完全に理解しているという意味ではありません。結局のところ、私たちの経験はまだ浅過ぎ、私たちの真理の理解は限られています。真理の前では、私たちはみな永遠に幼児であり、私たちが交わりの中で分かち合う理解は、真理と一致しているとしか言えません。それを真理と呼ぶことは絶対にできません。また、それを神の言葉と同一視することは決してできません。神のすべての選民がこの本に正しく接することが私たちの願いです。

次へ: 序文

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

質問 1:主イエスの御名と道に忠実であり、偽キリストたちや偽預言者を相手にせず、目を覚まして待てば、主は来られる時にかならず啓示をくださる。主の御声を聴かなくても引き上げていただける。主イエスはこう言われた「そのとき、だれかがあなたがたに『見よ、ここにキリストがいる』、また、『あそこにいる』と言っても、それを信じるな。にせキリストたちや、にせ預言者たちが起って、大いなるしるしと奇跡とを行い、できれば、選民をも惑わそうとするであろう」(マタイによる福音書 24:23-24)。あなたたちは偽キリストたちや偽預言者たちの欺きを認めないのか? だから我々は、主の到来を証しする者は全て、間違いなく偽者だと信じているのだ。吟味するまでもない。主は来られるときには、啓示をくださるし、私たちを見捨てるはずはない。これが正しい信仰実践だと思う皆はどう思うかな?

回答:主イエスは確かに、終わりの日の偽キリストと偽預言者のことを預言されました。これは事実です。しかし、ご自身の再臨も何度か明確に預言されました。私たちはそう信じてますね? 多くの人は主イエスの再臨の預言に関しては偽キリストや偽預言者を警戒することに集中し花婿の到来を迎えることや…

質問 2:私は神を見たことがないし、神のどのように働いたり世界を支配しているのかも見たことがない。私には神を認識して受け入れるのは難しい。私の長年の宗教研究からは宗教的信仰は精神的な栄養に過ぎないと思います。人類の精神的空洞を埋めるものです神を信じる人たちも最終的には皆死にますね。そして死んだ人のうちだれが天国に行って誰が地獄に落ちたのかなんて誰も知らないのです。全ての宗教的信仰は非常に曖昧で非現実的です。科学が発達し人類が進歩するにつれ、宗教的信仰なんてものは捨てられ消えていくでしょう。我々はまだ科学は信じなければなりません。科学こそが真理であり現実です。これはだれも否定できません。科学はまだ神を否定していませんが、神の存在を証明もしていません。もし科学が神の存在を証明し、神がすべてを支配していることも証明出来たら神を信じることはできます。我々共産主義者は科学を信じるのです。科学を信じ発展させることによってのみ人間社会は進歩するのです。科学は人間社会の問題を沢山解決することが出来ます。神を信じることによって人は何を得られますか? 一時的な精神的な安心以外に何の役に立つのですか。実際的な問題には何の役にも立ちませんよね。従って科学を信じたほうが神を信じるよりずっと現実的です。私たちは科学を信じなくてはなりません。

回答:無神論は何よりも科学を重んじます。科学を真理や信仰のように扱うほどです。科学がもし真理ならば何故多くの科学的理論が確立されても、すぐにまた反論され無効にされるのですか? これは科学が真理などではないことの裏付けではありませんか。科学は人間社会の最も現実的な問題を解決できます…

質問4.いま、主がお見えになり天国へ招かれるという考えは、思い込みだとわかりました。主の御言葉を裏切る行為です。主の再来をどう待てば引き上げられるか、もう少し詳しく教えてください。

 実は主イエスは私たちを引き上げるとおっしゃっています。「あなたがたのために、場所を用意しに行くのだから。そして、行って、場所の用意ができたならば、またきて、あなたがたをわたしのところに迎えよう。わたしのおる所にあなたがたもおらせるためである。」

質問:主イエスは「わたしの羊はわたしの声に聞き従う」(ヨハネによる福音書 10:27)とおっしゃいました。主はお戻りになり、御言葉を発して羊を呼び集めていらっしゃいます。私たちが主の到来をお迎えする上で大事なのは、主の御声を聞こうと探求することです。しかし一番の問題は、主の御声をどうやって聴くのか知らないことです。神様の御声と人の声との区別もできないので、間違いなく主の御声だとわかるにはどうしたら良いのですか。

神の声は心と霊で聞く必要があり、心が同じなら分かり合えます。神の言葉は真理であり、力と権威があるので、心と霊があれば分かります。全能神の言葉を少し読んだだけで、多くの人が神の声であると確信できます。神は受肉のたびにその段階の働きをします。神の指示で特定の言葉を少し伝えるだけの預言者とは全く違います。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索