言葉は肉において現れる

目次

唯一の神自身 1

神の権威(その1)

前回までのフェローシップは、神の業、神の性質、そして神自身に関するものであった。前回までのフェローシップで、あなた方は神の性質について認識を得た実感があるであろうか。どれ程多くの認識を得たであろうか。数で表すことが出来るであろうか。前回までのフェローシップにより、神に関する一層深い認識が与えられたであろうか。そうした認識は神に関する真の認識であると言えるであろうか。そうした神に関する認識や理解は、神の本質全てに関する認識であり、神であることのすべてだ、と言えるであろうか。明らかにそうは言えない。なぜなら、前回までのフェローシップでは、神の性質に関する認識、神であることに関する認識の全てでなく、その一部を紹介したに過ぎないからである。前回までのフェローシップにより、神が従前行なった業の一部を理解することが可能となり、それを理解することにより、神の性質と神の中にある物事や神の存在、そして全ての業に対する姿勢と考えを知ることが出来た。しかし、そうした理解は、文章や会話による神の理解に過ぎないので、あなた方の心中では、そのうちどの程度が真実であるかについて、確信が持てない状態である。そうした事柄に関する認識が、どの程度真実であるかは、専ら何によって決定されるであろうか。それは、実際の経験のなかで真に神の言葉と性質を体験することがどの程度あるか、そしてその実際の体験の中で神の言葉と性質をどの程度理解できるかにより決まる。「前回までのフェローシップにより、神の業、神の心、そして何よりも神の人間に対する姿勢、神の業の根底にあるものや原則を理解することが出来た。そうした理解をもって、神の性質と神のすべてを理解した。」と言った者はいるだろうか。そうした発言は正しいであろうか。明らかに誤りである。わたしはそれが誤りである理由が何だと言っているか。神の性質と、神の中にある物事や神の存在は、神の業や言葉によって表わされる。人間は、神が行なった業や、神が述べた言葉により、神の中にある物事や神の存在を見ることができるが、これは、そうした業や言葉により、人間が神の性質と、神の中にある物事や神の存在の一部を理解することができる、と言っているに過ぎない。ある者が、神を一層深く理解することを望むのであれば、その者は神の言葉や業を、より多く体験する必要がある。人間は、神の言葉や業の一部を体験した時、神に関する部分的な認識を得るに過ぎないが、そうした部分的認識は神の真の性質にあたるのであろうか。そうした部分的認識は、神の本質なのであろうか。そうした部分的認識は、神の真の性質や本質にあたることには相違ない。時間や場所を問わず、また神が業をどのように行うか、神がどのような姿で人間の前に来るか、どのような形で神の心を示すかを問わず、神が明示す事柄や表出する事柄は、すべて神自身、神の本質、神の中にある物事や神の存在に該当する。神は、神の中にある物事や神の存在、そして神の真の身分により、業を行う。これは紛れもない事実である。しかし現在、人々は神の言葉や説教で聞いたことがらによる神に関する部分的理解を得るに留まっているため、そうした認識は単なる理論的認識であると、ある程度は言えるであろう。現状では、あなた方は、神に関する認識について聞いたこと、見たこと、知ったこと、理解したことを、あなた方各人が実際に経験した場合のみ、そうした認識を心から認めることが可能となり、神に関する認識を徐々に身に付けている。仮に、こうした言葉を、わたしがあなた方に伝えなかったとしたら、あなた方自身の経験だけで、神に関する真の認識を得ることができるだろうか。それは、おそらく極めて困難であろう。なぜなら、経験の仕方を知るために、人間は、まず神の言葉を聞く必要があるからである。人間が食した神の言葉の数だけ、実際に体験することが可能である。神の言葉は、人間の体験において指針となり、人間を導くものとなる。簡潔に言えば、実際の経験がある者にとって、前回まで数回のフェローシップは、そうした者が真理や神に関する一層現実的な理解を得る上で役立つ。しかし、実際に経験の無い者や、実際の経験や現実への取り組みを始めたばかりの者にとって、これは大きな試練である。

前回まで数回のフェローシップの内容は、主に神の性質、神の業、そして神自身に関するものであった。わたしの話全体の主要な部分から、あなた方は何を理解したであろうか。前回まで数回のフェローシップにより、業を行い、性質を明示した神は、唯一の神自身であり、万物を支配しているということを確認できたであろうか。確認できた場合、その結論の根拠は何であろうか。その結論は、どのような側面に基づいて達したものであろうか。あなた方の中で、こうした質問に答えることができる者はいるであろうか。前回まで数回のフェローシップは、あなた方に深い感銘を与え、神に関する認識について、心の新たな出発点となったようで、わたしは大いに満足している。しかし、あなた方は従前と比べて、神の知識が飛躍的に増加したものの、神の身分に関するあなた方の定義は、律法の時代におけるヤーウェ、恵みの時代の主イエス、そして神の国の時代における全能神から、進歩してゆく必要がある。つまり、「神の性質、神の業、そして神自身」に関する前回までの数回のフェローシップにより、かつて神が述べた言葉、神が行なった業、神が明示した神の存在そのもの、そして神の中にある物事に関する認識が与えられたが、あなた方は「神」という言葉の正しい定義と正確な位置づけを行うことができない。また、あなた方には神自身の身分や地位、すなわち宇宙全体の万物のなかにおける神の地位に関する正確な位置づけや認識も無い。なぜなら、神自身や神の性質に関する前回までのフェローシップでは、全ての内容が、聖書に記載されている神の従前における表出と明示に基づくものであったからである。しかし、神の管理と救いにおいて、あるいはそれ以外において明示され、表出されている神の存在そのものや神の中にあるものを確認することは、人間にとって困難である。したがって、かつて神が行なった業において明示されている神の本質や性質を理解したとしても、神の身分や地位に関するあなた方の定義は、唯一の神、万物を支配している神から程遠いものであり、創造主の身分や地位に関する定義とは異なるものである。前回までの数回のフェローシップでは、あなた方全員に共通する思いを与えたであろう。すなわち、人間が神の心を知るには、どうしたらよいか、という疑問が生まれたであろう。もし実際にその答えを知る者がいたとしたなら、その者とは神であることは確実である。なぜなら、神自身のみが神自身の心を知っており、神が行う業の根拠や姿勢について知っているのは神自身のみだからである。あなた方が神の身分をこのようにして認識することは論理的に正しいように思われる。しかし、神の性質と業から、この現実が、人間の業ではなく神自身の業であり、神に代わって人間が行うことのできない業だと言える者がいるであろうか。この業が、神の本質と力を持つ存在の支配によるものであることを知ることができる者はいるであろうか。つまり、あなた方は、どのような特徴や本質により、それが神の身分がある存在であり、万物を支配する存在である神自身であると確認するであろうか。あなた方は、このようなことを考えたことがあるだろうか。考えたことが無い場合、それにより証明される事実がある。つまり、前回まで数回のフェローシップでは、あなた方は、神が業を行なった歴史や、その業における神の姿勢、表出、そして明示の一部に関する知識しか得ていない、ということである。そうした知識は、それら2段階の業を行ったのは、あなた方が信じて付き従い、常に付き従うべき神自身であることを何の疑いもなく認識させるものであるが、その神が、世界が造った時から存在し、永遠の未来まで存在する神であることは未だに認識できず、全人類を指揮し、支配する神であることについては、未だに確認できないであろう。あなた方は、こうした問題について検討したことが無いのは確実である。ヤーウェであれ、主イエスであれ、それが、あなた方が付き従うべき神であるのみならず、人間を指揮し、人間の運命を支配し、天地万物を支配している唯一の神自身であることは、どのような本質や表現の側面から確認することができるであろうか。あなた方はどのような方針に基づいて、あなた方が信じて付き従っている存在が、万物を支配している神自身であると認識するであろうか。あなた方はどのような方針に基づいて、あなた方が信じている神と、人間の運命を支配している神自身を結びつけるであろうか。あなた方が信じている神が唯一の神自身であり、天と地、そして万物の中にある神であることは、何によって確認できるであろうか。次章では、こうした問題について解明する。

あなた方がかつて考えたことが無い問題、あるいは考えもつかないような問題は、神を知り、人間にとって計り知れない真理を追究する上で最も重要な問題である可能性が大いにある。あなた方にこうした問題が投げかけられ、あなた方がこうした問題に直面する必要があり、あなた方がこうした問題により選択を迫られた時、あなた方の愚かさや無知さ、あるいはあなた方の経験が表面的過ぎて、神に関する真の認識が欠如していることが原因となってその問題を完全に解明できない場合、こうした問題は、あなた方が神を信仰する上において、最大の障害となり、妨げとなる。そうしたわけで、わたしはこうした問題に関して、あなた方に伝える必要性が高いと感じている。あなた方は、自分の問題が何であるかを知っているだろうか。あなた方は、わたしの言う問題について明瞭に理解しているだろうか。そうした問題は、あなた方が直面する問題であろうか。そうした問題は、あなた方が理解していない問題であろうか。そうした問題は、今まであなた方に起こったことの無い問題であろうか。そうした問題は、あなた方にとって重要であろうか。そうした問題は、本当に問題なのであろうか。そうした問題は、あなた方にとって困惑の原因である。そうした困惑は、あなた方は自分が信じる神に関する正しい認識が無いこと、神を真剣に捉えていないことを示すものである。一部の人々は「それが神であることを知っているので、私は付き従っている。なぜなら、彼の言葉は神の顕現だからだ。理由はそれだけで十分である。それ以上に、どのような証明が必要とされているであろうか。神に対する疑念をあえて抱く必要は無論無いであろう。無論神を試してはならないであろう。神の本質や神自身の身分は無論疑う必要が無いであろう。」と言う人がいる。あなた方がこのように考えるかどうかを問わず、わたしがあなた方にこうした質問を投げかけたのは、神に関してあなた方を混乱させるためでも、あなた方に神を試させるためでもなく、いわんや神の身分や本質に関して疑念を抱かせるためではない。わたしがあなた方にこうした質問を投げかけたのは、神の本質について一層深く理解すること、そして神の地位に関して一層確信することを奨励し、神に付き従う者すべてが、心の中で神を唯一の存在とし、また創造主として、万物を支配する存在として、唯一の神自身としての、元来の神の地位が、あらゆる被造物の心に再び確立されるようにするためである。このことについても、あなた方に伝える。

それでは、下掲の聖句を検討することにしよう。

1.言葉を用いて万物を創造する神

1)(創世記1:3-5)神は「光あれ」と言われた。すると光があった。神はその光を見て、良しとされた。神はその光とやみとを分けられた。神は光を昼と名づけ、やみを夜と名づけられた。夕となり、また朝となった。第一日である。

2)(創世記1:6-7)神はまた言われた、「水の間におおぞらがあって、水と水とを分けよ」。神はおおぞらを造って、おおぞらの下の水とおおぞらの上の水とを分けられた。そのようになった。

3)(創世記1:9-11)神はまた言われた、「天の下の水は一つ所に集まり、かわいた地が現れよ」。そのようになった。神はそのかわいた地を陸と名づけ、水の集まった所を海と名づけられた。神は見て、良しとされた。神はまた言われた、「地は青草と、種をもつ草と、種類にしたがって種のある実を結ぶ果樹とを地の上にはえさせよ」。そのようになった。

4)(創世記1:14-15)神はまた言われた、「天のおおぞらに光があって昼と夜とを分け、しるしのため、季節のため、日のため、年のためになり、天のおおぞらにあって地を照らす光となれ」。そのようになった。

5)(創世記1:20-21)神はまた言われた、「水は生き物の群れで満ち、鳥は地の上、天のおおぞらを飛べ」。神は海の大いなる獣と、水に群がるすべての動く生き物とを、種類にしたがって創造し、また翼のあるすべての鳥を、種類にしたがって創造された。神は見て、良しとされた。

6)(創世記1:24-25)神はまた言われた、「地は生き物を種類にしたがっていだせ。家畜と、這うものと、地の獣とを種類にしたがっていだせ」。そのようになった。神は地の獣を種類にしたがい、家畜を種類にしたがい、また地に這うすべての物を種類にしたがって造られた。神は見て、良しとされた。

神の権威により、第一の日に人類の昼と夜が生まれ、確立した

それでは、最初の聖句を検討する。「神は『光あれ』と言われた。すると光があった。神はその光を見て、良しとされた。神はその光とやみとを分けられた。神は光を昼と名づけ、やみを夜と名づけられた。夕となり、また朝となった。第一日である。」(創世記1:3-5)この聖句では、創世における神の最初の行動が描写されており、神の過ごした最初の日と、その日に昼と夜があったことを説明している。しかしこの日は特別であった。神は万物に対して光を造り、さらに光と闇を分けた。この日、神は言葉を述べ始めているが、神の言葉と権威は隣り合わせに存在していた。神の言葉により、神の権威が万物の前に示され、神の力が万物に及んだ。この日以降、神の言葉、神の権威、神の力により万物が創造され、確立され、神の言葉、神の権威、神の力により、それらのものが機能し始めた。神が「光あれ」と言った時、光が生まれた。神は大仕事に取りかかったのではなく、神の言葉により光は創造された。その光は、神が昼と呼ぶ光であり、現在も人間が生活の中で依存する光である。神の命令により、その本質と価値は変わることがなく、消滅することもない。その存在は、神の権威と力を示すものであり、また創造主の存在を示し、その身分と地位を繰り返し確認するものである。その光は無形でも架空でもなく、人間が見ることのできる、実際の光である。その「地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、」空虚であった世界に、最初の具体的なものがその時生み出された。その「具体的なもの」は神の言葉により生み出され、神の権威と言葉により、創造された万物のなかで最初のものとして出現した。その後間もなく、神は光と闇が分かれるよう命じた。神の言葉により、全てが変化し、完了した。神は、その光を「昼」と呼び、闇を「夜」と呼んだ。その後、神が創造しようとする世界に最初の夜と最初の朝が造られ、神はそれが第一の日であると言った。この日は創造主による万物創造の初日であり、創造の始めであり、創造主の権威と力が、創造主が創造した世界に示された最初の時であった。

これらの言葉により、人間は神の権威と、神の言葉の権威、そして神の力を見ることができた。こうした力は、神のみが持つものであり、したがって神のみがそうした権威を持ち、神がそうした権威を持っていたため、神のみがそうした力を持っている。人間や物がこうした権威や力を持つことができるであろうか。何か答えが思い当たるであろうか。神以外に、造られた物あるいはそうでない物で、そのような権威を持つ物はあるだろうか。そうした物の例を、他の書籍や出版物で見たことがあるだろうか。天と地などのすべてを造った人物の記録は残されているだろうか。そうした物は、聖書以外の書籍や記録に登場しない。無論、これらの言葉は、神の壮大な創造に関する権威と力のある唯一の言葉であり、聖書に記録され、神のみが持つ権威と身分について述べた言葉である。こうした権威や力は、神独自の身分を象徴するものであると言えるであろうか。これらの権威や力は神のみが持つものであると言えるか、というと、そう言えることに何の疑念の余地も無い。この権威と力は、創造された物やそれ以外の物のいずれも持つことのできないものである。これは神自身だけが持つ特徴のひとつであろうか。あなた方は、それを目の当たりにしただろうか。これらの言葉により、人間は、神が唯一の権威と力を持っていること、そして至高の身分と地位にあることを、迅速かつ明瞭に理解することができる。あなた方は、以上で伝えた内容に基づいて、あなた方が信じる神が唯一の神自身であると言えるであろうか。

第二の日、神は権威により水と天、そして人間が生活する上で最も基本的な空間を造った

次に、2番目の聖句を検討する。「神はまた言われた、『水の間におおぞらがあって、水と水とを分けよ』。神はおおぞらを造って、おおぞらの下の水とおおぞらの上の水とを分けられた。そのようになった。」(創世記1:6-7)神が「水の間におおぞらがあって、水と水とを分けよ」と述べた後、どのような変化が起きたであろうか。聖句には、「神はおおぞらを造って、おおぞらの下の水とおおぞらの上の水とを分けられた。」とある。神が言葉を述べてこの業を行なった結果は、どのようなものであっただろうか。その答えとして、この聖句の最後の部分に「そのようになった。」とある。

これら2つの短い文では、壮大な出来事が記録され、素晴らしい場面が描写されている。その場面とは、神が水を支配し、人間が存在することのできる空間を創造するという、途方も無く大規模な業の様子である。

この場面では、水と天が一瞬にして神の前に出現し、それが神の言葉の権威により分けられ、神が述べた通りに上下に分けられた。つまり、神が創造した天が水の上一面を覆っていたのみならず、その上にある水を支えていた。ここで人間は、創造主が水を移動させ、水に命令し、天を造る壮麗な光景と神の権威の力を、息を呑み、茫然と見ていることしかできなかったであろう。神は、自身の言葉と力、そして権威により、驚異的な業を、再度成し遂げたのである。これは創造主の権威の力ではなかろうか。ここでは、聖句により神が行なった業を説明する。神は言葉を述べ、その言葉により、水の中に天が創造された。同時に、この空間において壮大な変化が発生したが、それは普通の感覚での変化ではなく、何ものでも無い物が何かしらの物に変化するという、ある種の代替のようなものであった。それは創造主の考えから起こり、創造主の言葉により何ものでも無い物が何かしらの物へと変化した。さらに、その後は創造主の心により創造物が存在し続け、創造主の心に従って移動し、変化し、更新された。この聖句では、創造主による創造の2番目の業について説明されている。この聖句は、創造主の権威と力を表現するものであり、また創造主による誰も実行したことのない業を説明したものである。この日は、創造主が世界を創造してから2日目であり、この日も神にとって素晴らしい日となった。神は光の中を歩み、天を創造し、水を造って支配した。この日もまた、神の業、権威、そして力が駆使された。

神が言葉を述べる以前に、水の間に空は存在したか、というと、無論そのようなことは無い。それでは、神が「水の間におおぞらがあって」と述べた後は、どうであろうか。神が意図した物が現れた。つまり、神が「水と水を分けよ」と述べると、水の中に大空が出現し、水が二つに分かれた。こうして、神の権威と力により、神の言葉に従って新たに創造された2つの物が出現した。これらの新たな2つの物の出現について、どう感じるであろうか。創造主の力の偉大さを感じるであろうか。創造主が持つ独自の尋常ではない力を感じるであろうか。こうした力の強さは、神の権威に起因し、神の権威は神自身の表出であり、また神自身独自の特徴でもある。

この聖句から、神の独自性に関する深遠な感覚があなた方に与えられたであろうか。しかし、これだけでは甚だ不十分である。創造主の権威と力は、この説明を遙かに超えるものである。神の独自性は、単に被造物には無い本質が神にあることのみではなく、神の権威と力は尋常ではなく、無限であり、全てのものに優り、越えるものであることにも由来し、そして何よりも、神の権威と、神の中にある物事や神の存在は、命を造り、奇跡を起こし、壮大かつ並外れた瞬間を引き起こし、それとともに神が創造した命を支配し、神が起こした奇跡や造った一分一秒のすべてを支配することが可能であることに由来するものである。

第三の日、神の言葉により地と海が生まれ、神の権威により、世界が生物で満たされた

次に、創世記1:9~11の最初の節を検討する。「神はまた言われた、『天の下の水は一つ所に集まり、かわいた地が現れよ』。」神が「天の下の水は一つ所に集まり、かわいた地が現れよ」という短い言葉を述べた後、どのような変化が生じたであろうか。また光と天以外に、この空間に何が存在したであろうか。聖句には、「神はそのかわいた地を陸と名づけ、水の集まった所を海と名づけられた。神は見て、良しとされた。」とある。つまり、この空間に大地と海が造られ、大地と海が分けられた。神が命令すると、これらの物が新たに出現し、「そのようになった。」のである。聖句では、神がこうした業で多忙であったと述べられているであろうか。聖句では、神が物理的な作業をしている部分が描写されているであろうか。それでは、神はこれらの業をどのように行なったのであろうか。神はどのようにして、これらの新たな物が造られるようにしたのであろうか。自明ながら、神は言葉のみで、これらの全ての創造を完了した。

上記の3つの聖句では、3つの大きな出来事が発生したことが分かる。その3つの大きな出来事は、神の言葉により発生させられ、神の言葉により順番に神の前で現実となったものである。したがって、「神が言葉を述べた場合、その言葉は現実となる。神が命令した場合、それは確実なものとなる」というのは、無意味な言葉ではないことが分かる。神に考えが生まれた瞬間、神の本質は確認される。神がそれを言葉で述べると、その瞬間に神の本質が完全に反映される。

次に、この聖句の最終文を検討する。「神はまた言われた、『地は青草と、種をもつ草と、種類にしたがって種のある実を結ぶ果樹とを地の上にはえさせよ』。そのようになった。」神が思惟し、言葉として述べる間に、こうした様々な繊細な生き物が造り出されて、一瞬にして土から芽生え、次々とこの世の中に出現し、土を払う間もなく互いの誕生を喜び合い、生き生きと共生するようになったのである。こうした生き物は、創造主に命を与えられたことを感謝し、自分達が万物に属しており、創造主の権威を示すためにそれぞれの命を捧げることを世界に告げた。神の言葉が発せられると、土から出て青々とした様々な植物で地が満たされ、人間はそれを享受することが可能であった。また山々や平野は木々で満たされた。全く生命の存在しなかった不毛の地は、急速に草木で満ち溢れた。草と土の香りが空気に満ち、様々な植物が回り行く風を呼吸し、成長を始めた。同時に、神の言葉とそれに続く神の考えにより、全ての植物は、成長し、花を咲かせ、実を結んで繁殖するという永遠のライフサイクルを開始した。植物はそれぞれの生涯の道に忠実に従い、他の物の中にあってそれぞれの役割を果たすようになった。植物は、すべて創造主の言葉により生まれ、生きていた。植物は創造主から尽きることの無い施しと育みを授かり、創造主の権威と力を示すため、地のあらゆる場所で、根強く生き延びてゆき、創造主から授かった命の力を伝え続ける。

創造主の命や考え、権威は特別なものであり、したがって主の言葉が発せられると、最終的な結果は「そのようになった。」となる。明らかではあるが、神は、神の手により業を行う必要がない。神はその考えと言葉を用いるのみであるが、すべてがその通りに実現する。この日、神は水を一か所に集め、乾いた地を出現させ、その後地から草木を芽生えさせ、草は種を産み、木々は実を結んだ。また神は植物をその種類により分け、それぞれの種類について個別に種を持たせた。これらは、すべて神の考えと命令に従って実現されたことであり、この新世界に次々と植物が出現した。

神が業を始める以前、神の心には達成すべき目的のイメージがあり、そうしたイメージを実現しようとした時は、そうしたイメージについて神が言葉を述べる時でもあり、その時、神の権威と力により、万物が変化し始める。神がそれをどのように行なったか、どのように権威を行使したかを問わず、神の計画に従い、言葉により全てが順番に実現され、言葉と権威により、天と地で変化が順番に発生する。こうした変化は、創造主の権威と創造主の命の非凡さと偉大さを示すものである。神の考えは単純な想念でも、空虚な像でもなく、生命力と特別なエネルギーを持つ権威であり、万物の変化、復活、再生、滅びを引き起こす力である。このため、万物は、神の考えにより機能すると同時に、神の発する言葉により実現される。

万物が登場する前から、遠い過去において、神の心には完成された計画が存在していたため、新たな世界は、既に実現されていたのだ。第3の日には、地にあらゆる植物が出現したが、神は、この世界の創造を停止させる理由が無かった。すなわち神は言葉を述べ続けて新たな物の創造を続ける意向であった。神は、言葉や命令を述べ、権威を行使し、力を示し、主が創造する意向の万物と人間の計画のために、すべての準備を行っていたのである。

神の権威により、第四の日に人類の季節、日、年が造られた

創造主は、最初の3日間、言葉により神の計画を実現しながら過ごした。この3日間において、神は多忙にしている様子も、疲弊している様子も無く、逆に神はこの3日間を満喫し、世界の劇的な変化を実現していた。神の前には全く新しい世界があり、神の心に秘められていた美しいイメージは、遂に神の言葉となって明らかとなった。新たな物の出現はいずれも、赤ん坊の生誕のようであり、創造主は、心にあったイメージが実際に生を受けるのを喜んだ。この時、神の心には僅かな満足感があったが、神の計画は始まったばかりであった。その翌日は一瞬にして訪れるが、その日の創造主の計画は、どのようなものであっただろうか。神はどのような言葉を述べたであろうか。また神は、どのようにして権威を行使したであろうか。それと同時に、この世に新たに登場した物は、何であっただろうか。創造主の案内に従い、神による万物創造の第四の日を検討するが、その日もまた新たな始まりの日であった。創造主にとっては、その日も素晴らしい日であり、現代の人類にとって最も重要な日となったことは当然である。その日もまた、計り知れない価値のある日となった。その日は、どのように素晴らしく、どのような重要性があり、その日の計り知れない価値の理由は何であっただろうか。まず、創造主の言葉について検討する。

「神はまた言われた、『天のおおぞらに光があって昼と夜とを分け、しるしのため、季節のため、日のため、年のためになり、天のおおぞらにあって地を照らす光となれ』。」(創世記1:14-15)これは、乾いた地とそこに生きる植物を創造主が造った時に被造物によって示された権威と同じ権威の行使である。神にとって、こうした業は同様に容易であった。なぜなら、神にはそうした力があるから、すなわち神は、自身の言葉通りを実行し、神の言葉は実現されるからである。神は、天のおおぞらに光があるよう命じ、それらの明かりは天と地を照らすだけでなく、昼と夜、四季、年月を示す標識としても機能した。こうして、神が言葉を述べると、神が望んでいた取り計らいは、すべて神の意図と神が指定した方法に従って実現された。

天の光は、空にあって光を放つ物体であり、それは空と地上、そして海を照らすことができた。こうした光は、神が命じた速度と周期で回転し、様々な時間帯にわたり地上を照らし、この周期により地上の西と東に昼と夜が造り出された。また、こうした光は昼と夜を示す標識であるのみならず、その周期により、祭日など、人間にとって重要な日も示された。またこの光は、神が定めた春夏秋冬の四季に付随して補足するものとしても最適であった。またそれと同時に、これらの光は、人間の二十四節気についても、調和して定期的かつ正確な表示として機能した。神により創造された、光による年月日の周期は、人間が農業を開始するまで理解されなかったが、実際には、現在において人間が理解している年月日の周期は神による万物創造の第四の日という、遠い昔に造られたものであり、春夏秋冬の季節の周期的な移り変わりも、はるか昔、万物の創造の第四の日に始まった。神が造った光により、人間は定期的かつ正確、明確に昼夜を区別し、日数を数え、1ヵ月という期間や1年という期間の長さを計測することができるようになった。(満月の日が1ヵ月の終わりの日であり、それにより人間は光が新たな周期に入ったことを知ることができた。半月の日は1ヵ月の半分が経過したことを示し、それにより人間は新たな節気の始まりを知らされ、ひとつの節気には何日含まれているか、ひとつの季節には何節気あるか、1年間には季節がいくつあるかなどを知ることが可能となり、それら全てが定期的に表示された。)そうしたわけで、これらの光の周期により、人間は年月日の状況を簡単に把握することができた。この時点以降、人間や万物は、光の周期により生み出される昼夜や四季の定期的な遷移のなかで、無意識に生活していた。これが、第四の日に創造主が光を造ったことの重要性である。創造主の業の目的と重要性が神の権威や力と不可分であったのは、従前と同様である。そうしたわけで、神により造られた光と、程なくしてその光が人間にもたらした価値もまた、創造主の権威の行使における完璧な施しであった。

人間が出現する以前の新たな世界において、やがて創造主が造る新たな生き物のために、創造主は「夕と朝」、「大空」、「海と陸」、「様々な草木」、「光、季節、日、年」を造った。創造主の権威と力は、創造主が造った新しい物それぞれにおいて現れており、神の言葉とその実現は、寸分違わず、また少しも時間がずれることなく、完全に同期して発生した。こうした新たな物の出現と誕生は、創造主の権威と力を証明するものであった。神は、神の言葉通りを実行し、神の言葉は実現され、実現された物事は永遠に継続する。この事実は、過去にも現在も全く変わることが無く、また今後も永遠に変わることは無い。あなた方がこれらの聖句を改めて読む時、これらの聖句は新鮮に感じられるだろうか。あなた方にとって新しい内容や新発見はあったであろうか。もしそうしたことがあったとすれば、それは創造主の業があなた方の心を刺激し、神の権威と力に関する認識の方向性を示し、創造主に関する認識の扉を開いて、主の業と権威により、これらの言葉に命が与えられたからである。そうしたわけで、これらの聖句では、人間が創造主の権威について、実際の鮮烈な表現を確認し、創造主の至高の存在を実際に目の当たりにし、また創造主の権威と力の非凡さを見た。

創造主の権威と力は次々と奇跡を起こし、神は人間の注意を喚起し、そうした神の権威行使により生まれる驚愕すべき業に対し、人間は目を見張らずにはいられない。神の驚異的な力は、次々と喜びをもたらし、人間は目眩がするほどの喜びに圧倒され、感嘆して息をのみ、畏敬の念を抱いて歓喜する。さらに、人間は明らかに感動し、畏敬、崇敬、愛慕の念を抱くようになる。創造主の権威と業は、人間の魂にも大きな影響力があり、人間の魂を清め、そしてなによりも人間の魂を満たすものである。神の考えや神の言葉、そして神の権威の明示のひとつひとつが、あらゆる物事から傑出したものであり、創造された人間が深い理解と認識を得る価値のある優れた業である。神の言葉により生み出された生物の数を数えると、人間の魂は神の力の謎へと惹かれ、第五の日の、創造主による万物創造における次なる業を知りたいと自然に思うようになる。

引き続き聖句をひとつずつ読み、創造主の業を更に検討する。

第五の日、様々な生物の命により、創造主の権威が様々な形で示された

聖句には、「神はまた言われた、『水は生き物の群れで満ち、鳥は地の上、天のおおぞらを飛べ』。神は海の大いなる獣と、水に群がるすべての動く生き物とを、種類にしたがって創造し、また翼のあるすべての鳥を、種類にしたがって創造された。神は見て、良しとされた。」(創世記1:20-21)とある。聖句では、神がこの日に水の中の生物や空の鳥、つまり様々な魚や鳥を創造し、それぞれの種類により分類したことが明示されている。こうして、神の創造物により、地、空、水が豊かにされた。

神の言葉が述べられると、それぞれ異なる形をした新たな生命が、神が言葉を述べる間に、瞬時に生まれた。こうした生物は、歓喜で飛びはね、我先にと新たな世界に入っていった。様々な形や大きさの魚が水の中を泳ぎ、様々な形の貝が砂の中で育ち、うろこのあるものや、殻を持つもの、脊椎の無いものなどが、大小、長短の様々な形の生物へと我先に成長していった。同様に、様々な海藻類も繁殖し、様々な水生生物の動きに揺られ、淀んだ水に対して、あたかも「さあ踊ろう。友達も一緒に踊ろう。もう孤独では無いのだから。」と言っているようであった。神が創造した様々な生物が水の中に出現した時点から、新たな生物は、それまでずっと静まりかえっていた水の中に活気をもたらし、新たな時代へと移り変わっていた。それ以降、こうした様々な生物は快適に共生し、差別することは無かった。水は、水中の生物のために存在し、水中に棲む生物に栄養を与えた。全ての生物は自分達を育ててくれる水のために存在した。様々な生物が共生し、それぞれの生物は、創造主の創造の驚異と素晴らしさと、創造主の権威が持つ至高の力を、等しく証していた。

海が静穏でなくなったのと同様に、空にも生物が溢れた。大小様々な鳥たちが、次々と地上から空へ飛び立った。海の生物とは異なり、鳥たちには翼と羽根があり、細長く美しい身体を覆っている。鳥たちはその翼を羽ばたかせ、華麗な羽根と、創造主により授けられた特別な機能と能力を誇らしげに披露した。鳥たちは、天と地、そして草原と森の間を巧みに行き交いながら、自由に飛び回った。鳥たちは空に愛され、またあらゆる物に愛された。鳥たちは、やがて天と地を結ぶ役割を担うようになり、全ての物に知らせを伝えるようになる。鳥たちはさえずり、楽しそうに飛び回り、空虚であった世界に、喜びと笑い、活気をもたらした。鳥たちは澄んだ鳴き声で歌うように鳴き、心の言葉で、与えられた命に対して創造主を讃美する。鳥たちは陽気に踊り、創造主の創造の完璧さと驚異を示し、創造主の権威を証することに、その創造主に与えられた特別な一生を捧げる。

こうした溢れんばかりの生物は、創造主の命令により、そのすみかが水中となった場合も、空中となった場合も、様々な形態で生活している。またこうした生物は、創造主の命令により、種ごとに群れている。こうした律法ないし規律は、いかなる生物も変えることができない。こうした生物は創造主により定められた範囲を敢えて超えることは無く、またその範囲を超えることができない。生物は、創造主により定められたとおり生活し、繁殖し、創造主が定めた生涯と律法に厳密に従い、神が黙示する命令、天からの命令や訓告に意識的に、今なお従い続けている。こうした生物は創造主と独自の方法で対話し、創造主の意図を理解して、神の命令に従っている。創造主の権威を超えた生物は全く存在せず、生物に対する神の支配と命令は、神の心の中で行使される。つまり、言葉は述べられないが、人間とは違い、物を言わないものの全てが、創造主のみにある権威によって支配される。こうした特殊な方法による神の権威の行使により、人間は新たな認識を得て、創造主のみにある権威について、新たな解釈を行うことを余儀なくされる。この日、神の権威の行使により、創造主の独自性が再び示されたことを、ここで述べる必要がある。

次に、この聖句の最終文を検討する。「神は見て、良しとされた。」これはどのような意味であろうか。この部分では、神の感情を垣間見ることができる。神は、神が造った全ての物が出現し、神の言葉により確立し、そして徐々に変化し始めたのを見た。この時、神は、神が言葉により創造した様々な物や、神が遂行した様々な業について、満足していたであろうか。その答えは、「神は見て、良しとされた。」である。ここでは、何が分かるであろうか。「神は見て、良しとされた。」とは、何を示し、何を象徴するものであろうか。神には、神が計画したことや、指定したことを実現させ、実現させると決めた目的を達成するだけの力と知恵がある。神がそれぞれの作業を完了した時、神は後悔していたであろうか。その答えも、「神は見て、良しとされた。」である。つまり、神は後悔の念を感じないだけでなく、むしろ満足していた、ということである。神は一切後悔しないとは、どのような意味であろうか。それは、神の計画や力、知恵は完璧であること、そしてこうした完璧さは、神の権威のみが達成可能であることを示している。人間が作業を行う時、人間は、神と同様に、その作業が良いと思うことができるであろうか。人間が行う作業が全て完璧となり得るだろうか。人間が1度だけで完璧にすることのできる作業は、あるだろうか。人間が言うように、「完璧は有り得ず、比較的優れているに過ぎない」ので、人間が行う作業が完璧となることは、有り得ない。神が、神自身が行なった業が良いと判断した時、神が創造した物は、すべて神の言葉により造られたものであり、すなわち神が造った物全てに永久的な形があり、種類により分類され、恒久的に一定の位置、目的、機能が与えられたことについて、「神は見て、良しとされた。」のである。さらに、特にそうした創造物の役割と、神による万物の経営のなかで、それらの物が進むべき旅路は、神により既に命令され、変わることが無い。これは、創造主が万物に与えた、天の律法であった。

「神は見て、良しとされた。」この簡潔であり、それほど重視される事がなく、往々にして無視される言葉は、神がすべての生物に授けた、天の律法と天の命令である。この言葉は、創造主の権威を、より実践的かつ深く具現化したものである。創造主は、言葉により神が求めていることの全てを得て、実現しようとしていることの全てを実現することができるだけでなく、神が創造した全ての物をその手中に収め、神の権威により造った全ての物を支配することも可能である。さらに、すべてが系統的かつ規則正しいものである。また、神の言葉により全ての物が生き、死に、さらに、神の権威により神が定めた律法の中に存在した。これについては例外は無かったのである。この律法は「神はこれを見て、良しとされた」瞬間に始まり、創造主により廃止される日まで、神の経営(救いの)計画のために継続的に存在し、機能する。創造主のみにある権威は、万物を創造し、全ての物を出現させるよう命令する神の能力だけでなく、万物を支配し主権を握ることのできる能力、命と活力を与える能力、さらに、神の計画において神が創造する万物を、神が創造した世界の中で出現させ、完璧な形、完璧な生涯の構成、完璧な役割で、その世界に永遠に存在させる能力においても現れた。また、神の権威は、創造主の考えが時間、場所、地理など、いかなる制約も受けない方法で現れた。神の権威と同様、創造主のみにある身分は、永遠に変わることが無い。神の権威は、常に神のみにある身分を表し、その象徴であり、神の権威は、神の身分と共に、永遠に存在するのだ。

第六の日、創造主が言葉を述べると、神の心にあった生物すべてが次々と現れた

気付かれることなく創造主の万物創造の業は5日間にわたって続き、創造主による万物創造の業は、6日目に入った。この日もまた新たな始まりの日であり、特別な日であった。それでは、6日目前夜における創造主の計画は、どのようなものであったのだろうか。神は、どのような生物を造る予定であったのだろうか。神の言葉は次の通りであった。

「神はまた言われた、『地は生き物を種類にしたがっていだせ。家畜と、這うものと、地の獣とを種類にしたがっていだせ』。そのようになった。神は地の獣を種類にしたがい、家畜を種類にしたがい、また地に這うすべての物を種類にしたがって造られた。神は見て、良しとされた。」(創世記1:24-25)これにはどのような生物が含まれるであろうか。聖句では、その種類に従って家畜、這うもの、地の獣とある。つまり、この日はあらゆる地上の生物が生み出されたのみならず、それらの生物は種類により分類され、前日と同様に「神は見て、良しとされた。」

この日の前日までの5日間と同様の調子で、6日目は、神が望んでいた生物の創造を命じ、その種類に従ってそれらの生物が地上に出現した。創造主が自身の権威を行使した時、神が述べた言葉には全く無駄な部分が無かった。したがって、6日目に神が造ろうとしていた生物が、指定した時間に出現した。創造主が「地は生き物を種類にしたがっていだせ。」と言うと、すぐにあらゆる種類の生物が地上に出現して、その生物で満たされた。草に覆われた荒野には、頑強な牛が次々と現れて尾を振り、羊が鳴き声を上げながら群れ、馬がいななきながら早駆けをしていた。静寂だった広大な草原は、一瞬にして生物で溢れかえった。こうした家畜の出現は、静寂な草原の美しい光景であり、限りない活気をもたらした。家畜は草原で互いに仲間となり、その主となり、互いに依存し合い、さらに家畜は、草原の守衛的な存在となった。草原は家畜の恒久的な棲息地となり、家畜に必要とされる全てを与える、家畜の生活における永遠の育みの源であった。

創造主の言葉により家畜が生まれた日には、無数の昆虫も次々と出現した。昆虫は全生物の中で最も身体が小さかったが、昆虫の生命力は創造主の驚異的な創造物であり、昆虫の出現も遅れることは無かった。昆虫には、羽ばたきをするものや、ゆっくりと地を這うもの、跳ね回るもの、よろよろと歩くもの、高速で移動するもの、逃げ足の速いもの、横向きに歩むもの、高く跳ねるもの、低く跳ねるものなどがあった。全ての昆虫は慌てて棲息する場所を探した。草の中に分け入るもの、地に穴を掘るもの、木に飛び入るもの、森に潜むものなどがあった。昆虫は小さいながら、空腹に耐えることを好まず、すみかを見つけるとすぐに、食物を探して出て行った。草を登って柔らかい草の葉を食べるもの、泥を口いっぱいにほおばり、おいしそうに胃に詰め込むもの(昆虫にとっては泥でさえもご馳走であった)、森に隠れているものもあったが、決して休むことは無く、艶のある葉の汁を食料としていた。昆虫は、食べ飽きても休むことはない。身体は小さいが、大量のエネルギーと無限の活力を備え、全ての生物のなかで最も活発であり、勤勉な生物である。昆虫は、怠けることも、ゆっくり休むことも、決して無い。十分な食事を摂った後も、将来のために骨折って働き、明日のため、生存するために忙しく働き続ける。昆虫は、様々な旋律やリズムのバラードを口ずさみながら、働き続ける。昆虫もまた、草木や土に喜びをもたらし、その日、その年を特別なものにする存在であった。昆虫は独自の言葉と方法により、地上の動物すべてに知らせを伝えた。そして、昆虫独自の生涯を通じて、あらゆる物事に印をつけ、その痕跡を残した。昆虫は土や草、森と懇意にし、土や草、森に生命力と活力をもたらし、あらゆる生物に、創造主の訓戒や知らせを伝える。

創造主の視線は、神の創造物すべてを見渡し、この時神の視線は、森と山に止まり、神の心に考えが生まれた。神が深い森と山々に対して言葉を述べると、それまで存在しなかった種類の生物が出現した。これらの生物は、神が述べた「野生動物」であった。かなり遅れて、それぞれ独特な顔つきの野生動物は頷き、尾を振った。野生動物には、毛皮のあるもの、甲羅のあるもの、むき出しの牙があるもの、歯がむき出しのもの、はにかむもの、首の長いもの、尾が短いもの、野生的な眼を持つもの、臆病な眼差しのもの、身体を曲げて草を食べるもの、口の周りに血が付いているもの、2本足で跳ねるもの、4つの蹄で駆けるもの、木のこずえから見下ろすもの、森で横たわり待ち続けるもの、休むためのほら穴を探すもの、草原で跳ね回るもの、森を徘徊するものがいた。また、うなるもの、遠吠えするもの、吠えるもの、鳴くものがいた。鳴き声が高いものと低いもの、鳴き声が大きい物、明るく歌うように鳴くものがいた。厳めしいもの、可愛らしいもの、醜いもの、愛らしいもの、恐ろしいもの、純粋な顔つきのものなどがあった。こうした野生動物も、次々と出現した。こうした野生動物は、意気揚々としていたり、自由奔放であったり、互いに興味を示さなかったり、見向きさえしなかったりする。こうした野生動物は、それぞれ創造主から授けられた命、独自の野生、残酷さがあり、森や山に出没する。野生動物は、極めて横柄である。こうした動物は、山や森の主であるからだ。創造主がこうした野生動物の出現を命じた時から、こうした動物達は、森や山を我が物としていた。なぜなら、創造主は既に野生動物の棲息範囲を決め、封じ込めていたからである。山や森の真の主は、野生動物のみであり、それが、野生動物達の野蛮さや傲慢さの理由となっている。野生動物は、単にあらゆる生物のなかで最も野蛮であり、飼い慣らすことが困難であるため、「野生動物」と呼ばれる。野生動物を飼い慣らすことはできないので、飼育することはできず、人間と調和した生活ができず、人間に代わって働くこともできない。野生動物が人間から離れて生活し、人間が野生動物に近づけないのは、野生動物が飼育不可能であり、人間のために働くこともできないからである。また、野生動物が人間から離れて生活し、人間が野生動物に近づけないので、野生動物は創造主から与えられた役割、すなわち山や森を守る役割を果たすことができるのである。野生動物の野蛮さが山や森を守り、それが山や森の存在や繁栄にとって最適な守護となった。それと同時に、その野蛮さにより万物の調和が維持されていた。野生動物が出現して山々や森に住み着いたことにより、拠り所と支えがもたらされ、静寂で空虚だった山々や森に活気がもたらされた。この時点以降、山々や森は野生動物の恒常的な棲息地となり、野生動物は棲息地を失うことが無い。なぜなら、山々や森は野生動物のためにあり、野生動物はその役割を果たし、山々や森を保護するために、出来る限りのことをしたからである。そうしたわけで、野生動物もまた、創造主の訓戒を遵守し、自分達の領域に留まり、その獣的性質により創造主が造った万物の調和を維持し、創造主の権威と力を示しているのである。

創造主の権威のもとでは、万物が完璧である

鳥や魚、木や花、神により造られた物は、移動する物と移動しない物を含め、第六の日に造った家畜や昆虫や、野生動物を含め、すべて神にとって良いものであり、また神から見て、神の計画によれば完璧に達しており、神が望む基準を満たしていた。創造主は、自身の計画に従って自身が意図した業を、段階的に実施していった。神が造り出すことを意図していた物が次々と生まれ、そうした物の出現は創造主の権威の反映であり、結晶化であった。また、こうした結晶化のために、あらゆる生物は、創造主の恵みと施しに対する感謝の念を感じずにはいられなかった。神の奇跡の業が現れると、この世の中は神が造った物で少しずつ拡大してゆき、混沌と闇の状態から、明瞭で明るいものへ、また死の静寂から生の無限の活力へと変化していった。大きいものから小さいもの、そして微小なものまで、創造されたあらゆる生物には、創造主の権威と力により造られなかったものは存在せず、それぞれの生物に固有の、生来の必要性と価値がある。あらゆる生物は、その形状や構造の相違に関係なく、創造主の権威に従って存在するよう、創造主により造られている。時として、極めて醜い昆虫を見て「酷い虫だ。こんな醜い虫が神に造られたはずがない。神がこんな醜いものを造るなどあり得ない。」などと言う人がいるが、極めて愚かな考えである。むしろ次のように言うべきである。「この虫は極めて醜いが、神が造った虫なのだから、この虫にしかない目的があるはずだ。」神の考えにおいては、神が創造した生物すべてに、様々な外観と機能と目的を授けられる意向であったので、創造された生物は、決して紋切り形ではない。創造された生物は、外観や内部構造、生活習慣や棲息地に至るまで、それぞれ異なるものである。牛には牛の、ロバにはロバの、鹿には鹿の、象には象の外観がある。最も外観が美しい生物はこれ、最も醜い生物はこれ、などと言えるだろうか。最も役立つ生物はこれ、最も必要性が低い生物はこれ、などと言えるだろうか。一部の人々は、象の外観を好むが、象を使って農地に植え付けを行う者はいない。全ての生物の中で最も外観が印象的なライオンやトラの外観を好む者もいるが、ライオンやトラをペットとして飼育できるだろうか。要するに、万物について、人間は創造主の権威に従順する、すなわち万物の創造主が定めた秩序を優先する必要がある。これが最も賢明な姿勢である。創造主の権威を真に受け容れ、確信するには、創造主の元来の意図を求め、それに従うことによるほかない。神は万物を良しとしているのだから、なぜ人間は万物に欠点を見出す必要があるというのか。

こうして、創造主の権威による万物は、創造主の支配により新たな交響曲、新しい日の神の業への美しい前奏曲を奏でることとなった。またこの時、創造主は神の経営の業における新たなページを開くことになる。春の芽吹き、夏の成熟、秋の刈り入れ、そして冬の蓄えという創造主が定めた規律に従い、万物は創造主の経営(救いの)計画に従い、新たな日、新たな始まり、そして新たな生活を喜んで受け容れる。そしてやがて万物は無限の繁殖を続け、創造主の権威による支配下で新たな日々を迎える。

創造されたもの、それ以外のもののいずれも、創造主の身分に代わることはできない

神が万物の創造を始めた時から、神の力が現され、明示され始めた。なぜなら、神は万物を創造する際に、言葉を用いたからである。神が万物をどのように創造したか、なぜ創造したかを問わず、神の言葉により万物が出現し、確立され、存在した。そしてそれは創造主のみが持つ権威である。人間がこの世に出現する前、創造主は、自身の力と権威を用いて、人間のために万物を創造し、神の特別な方法により、人間に適した生活環境を整えた。神が行なった業は、すべて人間のための準備であり、やがて人間は神の息を授かる。すなわち、人間が造られる前、天、光、海、地や、小さな動物、鳥、様々な種類の昆虫や、バクテリアなど肉眼では見えないものを含めた微生物など、人間とは異なるすべての生物や創造物に対して、神の権威が示された。これらは、それぞれ創造主の言葉により生を受け、創造主の言葉により繁殖し、創造主の言葉により創造主の支配のもとで生活した。こうした創造物は、創造主の息を受けなかったものの、様々な形や構造で創造主から授かった命と活力を示している。またこうした生物や創造物は、創造主が人間に与えた話をする能力を授からなかったが、それぞれ創造主から授かった命を示す方法を授かっており、その方法は人間の言葉とは異なるものである。創造主の権威は、静止しているように見える物体が消えて無くならないよう、それに命の活力を与えるが、それ以上に、絶滅を避け、また創造主により授けられた生き残りのための律法や原則を世代を超えて受け継ぐよう、繁殖して増加する本能を全ての生物に授ける。創造主が神の権威を行使する様式は、厳密にマクロ的観点やミクロ的観点に固執せず、またいかなる形態にも限定されていない。神は、宇宙のはたらきを支配可能であり、万物の生死を支配し、そしてなによりも、万物を操作して神に仕えさせることが可能である。神は山、川、湖などのはたらきを支配することが可能であり、その中にある物を支配し、さらに万物が必要とする物を提供することも可能である。これが、創造主のみにある権威の、人間以外の全ての物に対する顕現である。こうした顕現は生涯に留まらず、終わることも中断することもなく、いかなる人や物によって変えられたり損なわれたり、加減されたりすることもない。創造主の身分に代わることができる者は存在せず、したがって創造主の権威は、いかなる創造物によっても代えられることができず、また創造物以外の物が得ることのできないものである。例として、神の使いや天使について検討する。彼らには、神の力が無く、いわんや創造主の権威は無い。なぜなら、彼らには創造主の本質が無いからである。神の使いや天使など創造物以外の物は、神に代わってある程度の業を行うことができるが、神の代理となることはできない。彼らには、人間には無い力があるものの、彼らには神の権威が無い。すなわち、彼らには、万物を創造し、万物に命令し、万物を支配する神の権威が無い。したがって、創造された物以外のいかなるものも、神の独自性を代理することはできない。またそれと同様に、神の権威と力についても、創造された物以外のいかなるものも、その代理となることができない。あなたは、神の使いが万物を創造したなどということを、聖書で読んだことがあるだろうか。また、神が使いや天使に万物の創造を任せなかったのは、何故だろうか。それは、彼らには神の権威が無く、したがって神の権威を行使する能力が無かったからである。あらゆる被造物と同様、彼らもまた創造主の支配と権威の下にあり、したがって創造主は彼らにとっても神であり、主権者である。高貴であるか卑しいか、力が強いか弱いかを問わず、神の使いと天使達の中に、神の権威を超えることの出来るものはいらず、したがって、彼らの中には創造主の身分の代理となることのできる者はいない。彼らが神と呼ばれることは決して無く、また創造主となることも無い。これは変えることのできない真理であり、事実である。

上記の内容により、唯一の権威と力を持ち、万物の創造主であり、支配者である神を、唯一の神自身であると断言することができるであろうか。この時点において、こうした質問は難題すぎると感じるかもしれない。あなた方は、現時点では、これを理解することができず、その核心を把握できないので、こうした質問に答えるのは困難であると感じる。そうした場合のため、フェローシップを続けるとしよう。次に、神のみが持つ権威と力の様々な側面における実際の業を採り上げ、あなた方が神の独自性を真に理解し、認識し、知ることができるようになり、唯一の神の権威が何であるかを理解できるようにする。

2.言葉を用いて人間との契約を立てる神

(創世記9:11-13)「わたしがあなたがたと立てるこの契約により、すべて肉なる者は、もはや洪水によって滅ぼされることはなく、また地を滅ぼす洪水は、再び起らないであろう」。さらに神は言われた、「これはわたしと、あなたがた及びあなたがたと共にいるすべての生き物との間に代々かぎりなく、わたしが立てる契約のしるしである。すなわち、わたしは雲の中に、にじを置く。これがわたしと地との間の契約のしるしとなる。」

神が万物を創造した後、創造主の権威が「虹の契約」により確認され、再び示された

創造主の権威は、全ての生物に対して示され、行使されていた。また神は万物の運命を支配するのみならず、神が自身の手により造った創造物であり、異なる命の構造と形態を持つ、人間も支配していた。創造主は、万物を造った後、神の権威と力を示すことを止めなかった。神にとって、万物を支配し、人類全体の運命を支配する権威が正式に始まったのは、神の手から人間が実際に生まれた後であった。神は人間を管理し、支配し、救い、万物を支配できる人間を真に自分のものとし、そうした人間を神の権威に従って生活させ、そうした人間に神の権威を知らせ、神の権威に従わせる意向であった。したがって神は、人間に対して言葉を用いて自身の権威を示すこと、そして自身の権威により自身の言葉を実現させることを、正式に始めた。この過程においても、あらゆる場所で神の権威が示されていたことは、言うまでも無い。ここでは、あなた方が神の独自性と神のみが持つ権威を理解できるよう、良く知られた特定の例を選んだに過ぎない。

創世記9:11-13と、上記の聖句には、神による世界の創造の記録に関し、類似点があり、また相違点もある。類似点は何であろうか。類似点は、神が行う意向であった業が言葉を用いて行われていることであり、相違点は、この聖句にある神と人間との対話である。この対話では、神が人間との契約を立て、契約に含まれる内容を人間に伝えている。神と人間との対話により、神の権威が行使されている。つまり、人間が造られる前においては、神の言葉は、神が創造した物に対する指示と命令であった。しかし、神の言葉を聞くことができる者が現れたため、神の言葉は人間との対話であり、かつ人間に対する訓戒であったほか、万物に対する神の権威のある命令でもあった。

この聖句には、どのような神の行動が記されているであろうか。この聖句は、神が洪水により世界を破壊した後、神が人間と立てた契約について記されており、神は二度と同じように世界を破壊しないこと、そしてこれについて、神はしるしを造った。そのしるしとは何であろうか。聖句には「わたしは雲の中に、にじを置く。これがわたしと地との間の契約のしるしとなる。」とある。創造主は人間に対してこの通りの言葉を語った。神がこのように述べると、人間の前に虹が出て、それは現在も存在する。皆その虹を見たことがあるであろう。あなた方は、虹を見たとき、虹がどのように現れるか知っているだろうか。虹がどのように現れるか、あるいはどこから現れるか、それがどこにあるかは、科学では証明出来ない。それは、虹が創造主と人間との間の契約のしるしだからである。その契約には科学的根拠は不要であり、虹は人間により造られた物では無く、人間は虹を変えることもできない。虹は、神が言葉を述べた後に、創造主の権威が継続しているものである。創造主は、独自の方法により、神と人間との契約を遵守したので、神が立てた契約のしるしとして神が虹を用いたことは、天の律法と天の命令であり、その律法と命令は、創造主にとっても、造った人間にとっても永遠に不変である。しかし、この変えることのできない律法は、神による万物創造後における創造主の権威の現れであり、創造主の権威と力は無限であることを言わなくてはならない。神が虹をしるしとして用いたことは、創造主の権威の継続であり、その延長である。それは神が言葉により行なったもうひとつの業であり、神が言葉により人間と立てた契約のしるしである。神は人間に対して、神が何を行い、それをどのような方法で実現すると決めたかを人間に対して述べ、それは神の言葉に従って実現された。こうした力は神のみにあり、神が言葉を述べてから数千年が経過した現在も、神の言葉により述べられている虹を見ることができる。神が述べたこの言葉により、それは現在まで変えられることが無かった。この虹を消すこと、その律法を変えることができるものはいらず、虹は神の言葉のために存在する。これはまさしく神の権威である。「神は、神の言葉通りを実行し、神の言葉は実現され、実現された物事は永遠に継続する。」現在も存在する虹は、そのことを明確に表しており、神の権威と力の明確なしるしであり特徴である。被造物には、そうしたしるしや特徴を持つ物はなく、そのような特徴やしるしは見られず、被造物以外の物のいずれにも、そうしたしるしや特徴は見られない。そうしたしるしや特徴は唯一の神のみにあるものであり、そうしたしるしや特徴により、創造主のみにある身分と本質と、被造物の身分と本質とが区別される。同時に、そうしたしるしや特徴は、神自身を除いて、被造物やそれ以外の物のいずれも決して超えることができないものである。

神が人間との契約を立てたことは、極めて重要な業であり、人間に真実と神の心を伝えるために用いた業であり、それについて、神は、神が人間との間で契約を立て、その契約を誓うために特別なしるしを用いるという、独自の方法を採った。この契約が立てられたことは、素晴らしいことであろうか。またそれは、どの程度素晴らしいことであっただろうか。この契約の特別な点は、この契約が、人間と人間、組織と組織、国と国の間で立てられた契約でなく、創造主と人類全体の間で立てられたものであり、創造主が万物を完全に破壊する日まで継続して有効なものであることにある。この契約を誓ったのも、維持するのも創造主である。つまり、人間と立てた「虹の契約」のすべてが、創造主と人間との間の対話に基づいて履行され、それは現在も続いているということである。被造物は、創造主の権威に服し、従い、また創造主の権威を信じ、感謝し、証しをし、讃美する以外に、何ができるであろうか。このような契約を立てる力を持つものは、唯一の神以外に無い。幾度となく出現する虹は、創造主と人間との間の契約を人間に知らせ、その契約について人間の注意を喚起するものである。創造主と人間との間の契約が継続的に現れることにより人間に対して示されているのは、虹でも契約自体でもなく、変えることのできない創造主の権威である。幾度となく出現する虹は、隠された場所における創造主の驚異的かつ奇跡的な業を証明すると同時に、色あせず、変わることの無い創造主の権威を力強く反映するものである。虹は、創造主のみにある権威の別の側面を示すものではないだろうか。

3.神の祝福

1)(創世記17:4-6)「わたしはあなたと契約を結ぶ。あなたは多くの国民の父となるであろう。あなたの名は、もはやアブラムとは言われず、あなたの名はアブラハムと呼ばれるであろう。わたしはあなたを多くの国民の父とするからである。わたしはあなたに多くの子孫を得させ、国々の民をあなたから起そう。また、王たちもあなたから出るであろう。」

2)(創世記18:18-19)「アブラハムは必ず大きな強い国民となって、地のすべての民がみな、彼によって祝福を受けるのではないか。わたしは彼が後の子らと家族とに命じて主の道を守らせ、正義と公道とを行わせるために彼を知ったのである。これは主がかつてアブラハムについて言った事を彼の上に臨ませるためである」。

3)(創世記22:16-18)主は言われた、「わたしは自分をさして誓う。あなたがこの事をし、あなたの子、あなたのひとり子をも惜しまなかったので、わたしは大いにあなたを祝福し、大いにあなたの子孫をふやして、天の星のように、浜べの砂のようにする。あなたの子孫は敵の門を打ち取り、また地のもろもろの国民はあなたの子孫によって祝福を得るであろう。あなたがわたしの言葉に従ったからである」。

4)(ヨブ記42:12)主はヨブの終りを初めよりも多く恵まれた。彼は羊一万四千頭、らくだ六千頭、牛一千くびき、雌ろば一千頭をもった。

創造主の言葉に特有の様式と特徴は、創造主に特有の身分と権威の象徴である

多くの者が神の恵みを求め、得ることを望むが、神には独自の原則が有り、神独自の方法により人間に対して恵みを授けるので、全員が神の恵みを得られるとは限らない。神が人間に約束した事柄や、神が人間に対して与える恵みの量は、人間の思いと行動に基づいて割り当てられる。それでは、神の恵みにより示される事柄は、何であろうか。神の恵みから分かることは、何であろうか。ここで、どのような人間に対して神が恵みを与えるか、あるいは神の人間に対する恵みの原則という議論はせず、神の権威を知ることを目的として、その目的の観点から神の人間に対する恵みを検討する。

上記の4件の聖句では、すべて神の人間に対する恵みに関して述べられている。これらの聖句では、アブラハムやヨブなど、神の恵みの対象者と、神が恵みを与えた理由、与えられた神の恵みの内容に関して詳細に説明されている。神の言葉の語調と方法、そして神が言葉を述べた視点と立場により、恵みを授ける存在とそれを受ける存在の身分、地位、そして本質は明らかに異なることを認識できる。これらの言葉の語調や様式、そしてそれらの言葉が述べられた立場は、創造主の身分である神に特有のものである。神には、いかなる者にも疑うことを許さない権威と力、そして創造主の栄誉と威厳がある。

まず創世記17:4~6を検討する。「わたしはあなたと契約を結ぶ。あなたは多くの国民の父となるであろう。あなたの名は、もはやアブラムとは言われず、あなたの名はアブラハムと呼ばれるであろう。わたしはあなたを多くの国民の父とするからである。わたしはあなたに多くの子孫を得させ、国々の民をあなたから起そう。また、王たちもあなたから出るであろう。」この言葉は、神がアブラハムと立てた契約であり、神によるアブラハムに対する祝福である。なぜなら、神はアブラハムを多くの国民の父とし、豊かに繁栄させ、諸国民の父とし、王となる者がアブラハムから出るからである。この言葉から、神の権威を理解できるだろうか。またあなたはどのようにその権威を理解できるだろうか。神の権威の本質のうち、どの側面が分かるだろうか。この言葉を精読すれば、神の言葉の語調には、神の権威と身分が明示されていることを見出すのは困難ではない。たとえば、神が「わたしはあなたと契約を結ぶ...あなたを...とする...わたしはあなたに...をさせ...」と述べている場合、「あなたを...とする」や、「わたしはあなたに...をさせ」といった、神の身分と権威を確約する言葉は、伝統的な語彙であるのと同時に、ある意味で創造主の忠誠を示すものであり、またある意味では、創造主の身分である神が用いる特別な言葉である。ある者が誰かに対して、その誰かが大いに成功し、諸国民の父となり、王となる者たちが出ることを期待すると言った場合、それは紛れもなくある種の望みであり、約束や祝福ではない。したがって、人間は敢えて「あなたをこうしよう、あなたはこうなる」という語調で話すことは無い。なぜなら、人間にはそうした発言を実現させる力が無く、また言葉通りになるかどうかは、人間が決められないからである。そして、たとえそうした発言をした場合であっても、その発言は、欲望や野心に基づく実の無い戯言である。望みが叶わないと感じつつ、そのような尊大な口調で話をする者がいるであろうか。誰もが自分の子孫の幸運を祈り、子孫が優れた人物となり、大いに成功することを望む。もし子孫の誰かが皇帝になるとしたら、それは極めて幸運なことであろう。もし子孫の誰かが知事になったとしたら、それもすばらしいことであろう。とにかく子孫が何かしらの要職にある限り、満足であろう。こうしたことは、あらゆる者の希望であるが、人々ができることは、自分の子孫が恵まれることを祈ることのみであり、約束を果たすことも、それを実現することもできない。人々は、こうした事柄を実現する力が無いことを心の中では明らかに悟っている。なぜなら、全てが自分で管理できる範囲外である。それでは、どうして他人の命運を思い通りにすることができようか。その一方で、神がこうした言葉を述べることができるのは、神にはそうした権威があり、人間との約束をすべて達成し、実現することができ、そして神が人間に授ける全ての祝福を実現させることができるからである。人間は神により造られ、したがって神が誰かを大いに成功させることなど、子供の遊びのようにたやすいことであり、誰かの子孫を繁栄させるために必要とするのは、言葉だけである。こうした事柄について、神自身が汗水を流して働いたり、自分の任務を強く認識したり、やり遂げると心に誓ったりする必要は無い。それこそが神の力であり、権威である。

創世記18:18「ブラハムは必ず大きな強い国民となって、地のすべての民がみな、彼によって祝福を受けるのではないか。」を読んで、神の権威を感じることができるだろうか。創造主の非凡さを感じることができるだろうか。創造主が至高の存在であることを感じることができるだろうか。神の言葉は確実である。神は、成功を確信していることを理由として、あるいはその確信を示すものとして、こうした言葉を述べることは無い。こうした言葉は、神の言葉の権威を証明するものであり、神の言葉を実現する命令である。ここでは、注意すべき表現が2つある。神が「ブラハムは必ず大きな強い国民となって、地のすべての民がみな、彼によって祝福を受けるのではないか。」と述べた時、これらの言葉に曖昧な要素はあるだろうか。これらの言葉に懸念の要素はあるだろうか。これらの言葉に恐れの要素はあるだろうか。神の言葉には「必ず~となって」と「~みな、彼によって」という語からわかるように、そうした人間特有の要素は、創造主とは全く無縁である。誰かの幸運を願う時にこうした語句を用いる者はいらず、またこれほどの確信を持って強大な国により恵みを授けようとしたり、その誰かのために世界のすべての国民が祝福されると約束したりする大胆な者はいない。神の言葉が確かであればあるほど、その言葉は何かを証明するものとなる。それでは、その何かとは何であろうか。これらの言葉は、神にはそうした権威があること、また神の権威はそうした事を実現させることができること、そしてその実現は不可避であることを証明している。神は、アブラハムを祝福した全ての事柄について、何の躊躇もなく心において確信していた。さらに、その全てが神の言葉に従って実現されることとなり、いかなる力も、それを変えたり、阻害したり、不十分なものにしたりすることはできない。何が発生したかを問わず、神の言葉が実現され、達成されることを破棄したり、そうした実現や発生に影響を与えたりすることができるものは無い。まさしくこれが、創造主が述べた言葉が持つ力であり、人間に否定することを許さない創造主の権威である。これらの言葉を読んでも、疑念を感じるであろうか。これらの言葉は神が述べたものであり、神の言葉には力、威厳、そして権威がある。こうした力と権威、そして事実の実現の不可避性は、被造物やそれ以外の物のいずれもが、達成することも超越することもできないものである。このような口調で対話できるのは創造主のみであり、神の約束は虚言や無根の戯言ではなく、あらゆる人間や物が超越できない、独自の権威であることが事実により証明されている。

神が述べた言葉と人間の言葉の違いは何であろうか。こうした神が述べた言葉を読むと、あなたは神の言葉の力と、神の権威を感じる。こうした言葉を、人間が述べたのを聞いたとしたら、どう感じるであろうか。その者は極めて傲慢であり、自己顕示していると思うであろうか。その者は、この力も権威も無いので、そうした言葉を実現することは全く不可能である。その者が約束を強く確信しているのは、単にその者が出任せを言っていることを示しているだけである。ある者がこのような言葉を述べた場合、その者は間違い無く傲慢であり、自信過剰であり、自らにより大天使が持つ性質の典型的な例を示している。こうした言葉は、神が述べたものであるが、こうした言葉に何らかの傲慢さの要素を感じるであろうか。神の言葉は単なる冗談であると感じるであろうか。神の言葉は権威であり、事実であり、その言葉が神の口で述べられる前に、すなわち神が何らかの業を行うことを決定した時点で、その言葉は既に実現されている。神がアブラハムに対して述べたことは、すべて神がアブラハムと立てた契約であり、神とアブラハムの約束であったと言えるであろう。この約束は確立され、かつ実現された事実であり、神の計画に基づいて、神の考えにより漸進的に履行された。そうしたわけで、神はこうした事柄を履行できるので、神がこのような言葉を述べるのは、神の性質が傲慢であることを意味するものではない。神にはそうした力と権威があり、こうした業を完全に実行可能であり、こうした業を実現させることは完全に神の能力の範囲内にある。このような言葉を神が述べた場合、その言葉は神の真の性質を明示し、表現するものであり、神の本質と権威の完璧な明示と顕現であり、創造主の身分を証明するものとして、それ以上適切なものは無い。こうした発言の仕方、語調、語彙はまさに創造主の身分の印であり、神自身の身分の表出と完璧に一致し、こうした発言には見せかけや不純さは無い。こうした発言は、創造主の本質と権威を完璧に証明するものである。被造物には、こうした権威も本質もなく、ましてや神から授けられた力もない。人間がむやみにこうした行為をとった場合、それはその者の腐敗した性質が暴露されたものであることはほぼ確実であり、人間の傲慢さや向こう見ずな野望であり、他でもない、神を裏切るよう人々をそそのかすことを望む悪魔やサタンの悪意の現れである。それでは、そのような言葉を用いて示された物事を、神はどのようにみなすだろうか。神は、そうした物事を、神の立場を侵害すること、神になりすまし、神に代わることを望んでいるものとみなすであろう。神が言葉を述べる口調を模倣した場合、それは人々の心のなかにある神の立場を奪うこと、正当に神の元にある人々を私物化することを意図するものである。こうした行為はサタンの行いに他ならない。こうした行為は、天が耐えられない大天使の末裔の行為に他ならない。あなた方のなかに、人々を惑わし、欺くことを目的として、何らかの方法で神を模倣して言葉を述べ、人々に対して自分の言葉や行動に神の権威があるかのような印象を与え、あたかもその者の本質と身分が唯一のものであるかのような印象を与え、この者の言葉の口調が神の言葉であるかのような印象を与えた者はいるであろうか。あなた方は、このようなことを行ったことがあるだろうか。あなた方は、自分が話す時に、神の口調を真似て、神の性質を示し、神の力と権威を持っているように考えられるような身振りで話したことがあるだろうか。あなた方の多くは、頻繁にそうした行動を取ったり、取ろうとしたりするだろうか。あなた方が創造主の権威を真に知り、理解した時、かつての自分が行ったこと、自らが示した自身を省みると、嫌悪感が湧くであろうか。あなた方は自分自身の下劣さ、無恥さを認識するであろうか。こうした人々の性質と本質を精査して、こうした人々は地獄から生まれた憎き者たちであると言えるであろうか。こうした行動を取る者は、自分自身を辱めていると言えるであろうか。あなた方は、この問題の深刻さに気付くだろうか。またそれは、どの程度深刻であろうか。このような行動を取る者は、神を模倣することを意図している。こうした者は神になることを望み、自分を神として人々に崇拝させる。こうした者は、人々を支配し、搾取し、自分のものとすることを目的として、人々の心の中にあって人々の中で業を行う神の地位を廃して神を排除することを望む。こうした無意識の願望や野望は人間全員にあり、皆極めて腐敗した邪悪な本質で、神を敵視し、裏切り、神になることを望むといった邪悪な本性により生活している。わたしが伝えた神の権威に関するフェローシップの後、あなた方は依然として神になりすましたり、神の模倣をしたりすることを望んだり目指したりするであろうか。あなた方は依然として神でありたいと願うだろうか。あなた方は依然として神になることを願うだろうか。人間が神の権威を模倣したり、神の身分や地位にあると偽ったりすることはできない。神の口調を真似ることはできるが、神の本質を模倣することはできない。あなた方は神の場所に立ち、神になりすますことができるものの、神が意図する業を行うことも、万物を支配し統治することも、決して出来ない。神の観点から見ると、あなたは永遠に小さな被造物であり続け、あなたの技能や能力がいかに優れていたとしても、いかに多くの賜物を持っていたとしても、あなたはすべて創造主の支配下にある。あなたは大胆な発言をすることができるかもしれないが、それでもなお、創造主の本質を備えていることを証明したり、創造主の権威を持つことを表したりすることはできない。神の権威と力は神自身の本質である。神の権威と力は、習得されたものでも、外部から追加されたものでも無く、神自身に固有の本質である。したがって、創造主と被造物の関係は、決して変えることができない。人間は、被造物として、自身の立場を維持して誠実に行動し、創造主から託されたものを忠実に守る必要がある。そして人間はその道を外れた行動を行ったり、人間の能力を超えることや、神が不快と感じることを行ったりしてはならない。人間は、偉大になろうとしたり、特別になろうとしたり、他の者を超えようとしたり、神になろうとしたりしてはならない。人間はこうした存在になることを望んではならない。偉大になろうとしたり、特別になろうとしたりするのは、愚かである。ましてや神になろうとするのは、恥辱的であり、不快で卑劣である。称賛に値し、被造物が何よりも固守すべき事は、真の被造物となることである。それが全ての人々が追求すべき唯一の目標である。

創造主の権威は、時間、場所、地理の制限を受けず、創造主の権威は計り知れない

創世記22:17~18を検討する。この聖句は、ヤーウェ神がアブラハムに対して述べた言葉で「わたしは大いにあなたを祝福し、大いにあなたの子孫をふやして、天の星のように、浜べの砂のようにする。あなたの子孫は敵の門を打ち取り、また地のもろもろの国民はあなたの子孫によって祝福を得るであろう。あなたがわたしの言葉に従ったからである。」とある。ヤーウェ神はアブラハムを何度も祝福し、子孫が増えるとあるが、どの程度増えるのであろうか。それは、聖句に述べられている通り、「天の星のように、浜べの砂のように」であった。つまり、神はアブラハムに対して、天の星や海辺の砂のように多数の子供達を授けることを望んだ。神はイメージを用いて話し、そのイメージから、アブラハムに対して1人でも2人でも、1000人でもなく、神は多数の国の父となると約束しているので、多数の国ができるほど無数の子孫を授けられることは、容易に理解できる。それでは、その数を定めたのは、人間であろうか、神であろうか。人間がアブラハムの子孫の人数を支配できるであろうか。それは、人間次第だろうか。人間が数名の子孫を得るかどうかですら自分が決めることではないから、ましてや「天の星のように、浜べの砂のようにする」というのは、その人数を人間が決めることではない。子孫が星の数ほどになることを望まない者はいない。残念ながら、物事は常に自分の望み通りになるとは限らない。人間がいかに技能に優れていても、能力があっても、人間次第で決まることではなく、誰も神が定めた範囲から出ることはできない。神があなたに与えた数が、あなたが得る数である。神が少数を与えたのであれば、多数を得ることはできず、神が多数を与えたのであれば、多すぎて憤慨しても無駄である。そうではないだろうか。こうしたことは、すべて人間ではなく、神次第である。人間は神に支配され、そのことに例外は無い。

神が「大いにあなたの子孫をふやして」と述べた場合、それは神がアブラハムと立てた契約であり、「虹の契約」と同様に、それは永遠に実現されるだけでなく、神のアブラハムとの約束でもある。この約束を実現させる資格があり、実現させることが可能なのは、神のみである。人間が信じるかどうか、受け容れるかどうか、どのように考えるかを問わず、これらの約束はすべて神の言葉通りに履行される。神の言葉は、人間の意志や考えの変化によって変わることが無く、人間や物事の変化によっても変わることが無い。万物は消え去るであろうが、神の言葉は永遠に存在する。これに対し、万物が消滅する日は、まさに神の言葉が完全に履行される日である。なぜなら、神は創造主であり、神には創造主の権威と力があり、万物とあらゆる生命力を支配しているからである。神は、無から何かを出現させることも、何かを無とすることも可能であり、神は万物の生から死への推移も支配しているので、神にとって誰かの種を増やすことは何よりも容易なことであった。これは人間にとっておとぎ話のように空想的なことに思えるが、神にとって、神が行うと決定したこと、約束したことは、空想でもおとぎ話でもない。それは、神が既に見た事実であり、確実に実現されるものである。このことが理解できるであろうか。アブラハムの子孫が無数にいたことは事実により証明されているだろうか。またそれは、どの程度多数なのであろうか。神が述べたように「天の星のように、浜べの砂のように」というほどに多数であっただろうか。その子孫は、あらゆる国々と地域、世界のいたるところに広まったであろうか。また、この事実は何によって実現されたであろうか。それは、神の言葉の権威により実現されたであろうか。神の言葉が述べられてから数百年あるいは数千年の間、神の言葉は継続的に実現され続け、事実となり続けてきた。これが神の言葉の力であり、神の権威の証である。最初に神が万物を創造した時、神は「光あれ」と述べ、それに続いて光が現れた。これは極めて迅速に起こった事で、極めて短時間のうちに実現され、その実現には全く遅延が無かった。神の言葉の効力は即時的なものである。これらは両方とも神の権威を示すものだが、神がアブラハムを祝福した時、神は神の権威の別の本質を、人間が理解できるようにし、創造主の権威が計り知れないことを理解させ、さらに神は創造主の権威のうち、一層現実的であり、絶妙な側面を理解させた。

神の言葉が述べられた後、神の権威がこの業を支配し、神の言葉により約束された事実が次第に現実となっていった。その結果、春の到来とともに草が緑色に変わり、花々が咲き、木から芽が出て、鳥たちが歌い始め、ガチョウが舞い戻り、野原に人間が集うように、万物に変化が起こり始める。春の到来とともに万物が活気を取り戻すが、それは創造主の奇跡の業である。神が約束を果たした時、天と地の万物が、神の心に従って復活し、変化し、それに例外はなかった。神が約束を述べた時、万物がその実現に寄与し、その実現のために操作され、全ての被造物が創造主の支配により指揮され、準備されて、それぞれの役割を担い、それぞれの機能を果たした。これは創造主の権威の顕現である。このことから何が分かるであろうか。神の権威は、どのように理解できるだろうか。創造主の権威には、範囲が存在するだろうか。時間的制限はあるだろうか。神の権威には、特定の高さや長さがあると言えるだろうか。神の権威は、特定の大きさや強さがあると言えるだろうか。神の権威は、人間の寸法で計測できるだろうか。神の権威は点滅したりするものでも、行ったり来たりするものでもなく、神の権威がどの程度偉大であるかを計測出来る者はいない。どの程度時間が経過したかを問わず、神がある者を祝福した場合、その祝福は継続し、その継続は神の権威が計り知れないことの証拠となり、創造主の尽きることの無い生命力の再来を、人間が幾度となく目の当たりにすることが可能となる。神の権威の表示は、それぞれ神の言葉の完全な証明であり、言葉は万物と人間に対して証明された。さらに、神の権威により実現された全ての物事が比類無く優れており、完璧であった。神の心、神の言葉、神の権威、そして神が実現したあらゆる業は比類の無い美しい光景であり、被造物にとって、人間の言葉では、その重要性と価値を表現できなかった。神がある者と約束した場合、その者の住む場所、その者の行動、約束を受ける前または後のその者の背景、その者の経歴、あるいは生活環境での変動は全て、神自身の手の甲のように熟知されている。神の言葉が述べられてから経過した時間を問わず、その言葉は、神にとってたった今述べられたかのようである。つまり、神には、神が人間と約束したこと全てについて、その約束が何であるか、完全に実現するまでにどの程度時間を要するかを問わず、その約束を追跡し、支配し、実現する力と権威がある。また、その約束の実現が影響を与える時間、地理、人種などの範囲がどの程度であるかを問わず、その約束は実現され、現実となり、さらにその実現において、神は全く努力を必要としない。この事実により、何が証明されるであろうか。それは、神の権威と力が宇宙全体と人類全体の支配に十分であることである。神は光を造ったが、それは神が光を支配しているだけであることを意味するものではなく、また神は単に水を造ったので、水を管理しているが、それ以外の事は神と無関係であることを示すものではない。これは誤解ではないだろうか。神のアブラハムに対する祝福は、数百年後、次第に人間の記憶から消えていったが、神にとって、その約束は全く変わることが無いままである。この約束は未だに実現過程にあり、それは止まることが無い。人間は、この間に神がどのようにして神の権威を行使するか、万物を指揮し、計画するか、神の創造物の中で奇跡的な物語がいくつあったかを知らず、それを聞いたこともない。しかし、すばらしい神の権威の表示と神の業の明示は、すべて万物の間で語り継がれて讃美され、万物が現れて創造主の奇跡的な業を物語った。こうして何度も語られた創造主による万物の支配に関する物語は、万物により永遠に讃美される。神が万物を支配する権威と神の力は、神があらゆる場所に常に存在していることを、万物に対して示す。神の権威と力が遍在することを経験すると、神はあらゆる場所に常に存在していることを理解するであろう。神の権威と力には、時間、地理、場所、人間や物事による制約が無い。神の権威と力の範囲の広さは、人間の想像を超えるものであり、人間には計り知れず、想像を絶するものであり、人間が完全に知ることが不可能なものである。

一部の人々は推測したがったり想像したがったりするが、人間の想像力は、どの程度まで達することができるだろうか。人間の想像力はこの世界を超越できるだろうか。人間は、神の権威の信ぴょう性と正確さを推測したり想像したりすることができるだろうか。人間の推測や想像により、神の権威の認識を得ることが可能になるだろうか。人間の推測や想像により、人間は神の権威を真に理解してそれに服従することが可能となるだろうか。人間の推測や想像は人間の思考の産物でしかなく、神の権威に関する認識に資することは一切無いことが、事実により証明される。SF小説を読んだ後、月や星がどのようなものかを想像することができる人々がいる。しかしそれは、人間が神の権威について何らかの認識を持っていることを意味するものではない。人間の想像は、単に想像でしかない。こうした事柄、つまり神の権威との関連性に関する事実のうち、人間が理解できる事は、全く無い。それでは、実際に月へ行ったことがある場合は、どうであろうか。それは、神の権威を多次元的に理解していることを示すものであろうか。それは、神の権威と力の範囲を想像できることを示すものであろうか。人間の推測や想像により、神の権威の知識を得ることは不可能であるが、それでは人間はどうすべきであろうか。推測や想像を避けるのが最も賢明である。すなわち、神の権威を知ることに関して、人間は想像や推測に依存してはならない。ここでわたしが言わんとしていることは何か。神の権威や力、神に固有の身分、神の本質に関する認識は、人間の想像に依存して得られるものではない。あなた方は神の権威を知る上で想像に依存できないのであれば、どのようにしたら神の権威に関する真の認識を得られるであろうか。神の言葉を飲食すること、フェローシップ、そして神の言葉を体験して、神の権威に関する漸進的な経験と確認を得ることにより、神の権威に関する漸進的理解を得、累進的な知識量が得られるだろう。神の権威に関する認識を得る近道は存在せず、この方法によるほか無い。想像の回避を要求することは、何もせず受動的に破壊を待つようにさせることや、あらゆる行動を禁止することとは違う。自分の頭脳で考え、想像するのを避けるということは、論理を用いて推測するのを避け、知識を用いて分析するのを避け、科学を根拠とせず、その代わりに、自分が信じる神に権威があること、神が自分の運命を支配していること、神の力により常に神が神自身であることが証明されていることを、神の言葉、真理、自分が人生で経験するあらゆる物事により理解し、確認することを意味する。誰であれ神に関する理解を得ることができる方法は、これしかない。一部の者は、この目的を達成する簡単な方法を見つけ出そうとするが、そのような簡単な方法は思い当たるだろうか。考えるまでも無く、それ以外の方法は存在しない。神が述べたひとつひとつの言葉や行なった業の全てにより、神の中にある物事や神の存在を丁寧に、確実に知ることが、唯一の方法である。神を知る方法は、これしかない。神の中にある物事や神の存在、そして神の全ては空虚ではなく、実在するものである。

万物に対する創造主の支配と統治は、創造主の権威が真に存在することを物語る

同様に、ヨブ記には、ヤーウェのヨブに対する祝福が記録されている。神は、ヨブに何を授けたであろうか。「主はヨブの終りを初めよりも多く恵まれた。彼は羊一万四千頭、らくだ六千頭、牛一千くびき、雌ろば一千頭をもった。」(ヨブ記42:12)人間の観点から見て、ヨブに与えられたこれらの物は、何であっただろうか。人間の財産だろうか。この財産を得たヨブは、その時代では非常に裕福になったであろうか。またヨブは、どのようにしてこの財産を得たであろうか。この富は、どのようにして生み出されただろうか。ヨブがこれらの富を得たのは、神の祝福のおかげであることは言うまでもない。ヨブがこれらの財産についてどう考えていたか、神の恵みをどのようにみなしていたかは、ここでは検討しない。神の祝福に関しては、万人が神に祝福されることを常に切望しているが、人間は、自分の人生を通してどの程度の財産が得られるか、神の祝福を受けることができるかを、意のままにすることはできない。これは異論の無い事実である。神には権威があり、あらゆる財産を人間に授ける力、人間にあらゆる祝福を得ることを許す力があるが、神の祝福には原則がある。神が祝福するのは、どのような人々だろうか。もちろん、それは神が好む人々である。アブラハムとヨブは、ともに神に祝福されたが、両者が授かった祝福は同じではなかった。神は、砂や星の数ほどの子孫でアブラハムを祝福した。神がアブラハムを祝福した時、神はアブラハムという人間の子孫、国民を、強くさせ、繁栄させた。この際、神の権威は、万物とあらゆる生物のなかで、神の息を受けた人間を支配した。神の権威による支配下において、人間は神が定めた速度と範囲において繁殖し、存在した。具体的には、この国民の生存能力、拡大率、平均寿命は、すべて神の計画の一部であり、それらの原則は、すべてアブラハムに対する神の約束に基づいていた。つまり、状況によらず、神の約束は妨害されることなく進行し、神の権威の摂理に基づいて実現されてゆく。神のアブラハムに対する約束では、世界の大変動にかかわらず、時代を問わず、人間が苛まれた大惨事にかかわらず、アブラハムの子孫は消滅する恐れに直面することなく、その国民は死滅することがない。しかし、神のヨブに対する祝福では、ヨブが極めて裕福になった。神がヨブに授けたのは、息のある様々な生物であり、動物の数、繁殖の速度、生存率、その動物の脂肪率など、その詳細は、神によって支配されていた。これらの生物には言葉を話す能力が無かったが、これらの生物もまた創造主の計画の一部であり、神の計画の原則は、神がヨブに約束した祝福に従うものであった。神がアブラハムとヨブに授けた祝福では、約束された物事は異なっていたが、創造主が万物とあらゆる動物を支配する権威は同じであった。神の権威と力のあらゆる詳細が、アブラハムとヨブへの神の様々な約束と祝福で表されており、ここでも神の権威は人間の想像を超えるものであることが示されている。これらの詳細により、人間が神の権威について知ることを望むのであれば、神の言葉と神の業を経験するほか無いことが、ここでも伝えられている。

神が万物を支配する権威により、人間が理解できる事実がある。それは、神の権威は「神は言われた。『光あれ。』こうして、光があった。神は言われた。『大空あれ。』こうして、大空があった。神は言われた。『地あれ。』こうして、地があった。」という言葉だけでなく、それ以上に、神が光りを継続させ、大空が消えないようにし、地を永遠に海と分け、そして光、大空、そして地という被造物を支配し、管理したことにおいても、具現化されている。それ以外に、神による人間の祝福から何が分かるであろうか。神がアブラハムとヨブを祝福した後、神の足取りが止まらなかったことは明らかである。なぜなら、神は、神の権威を行使し始めたばかりだったからであり、神は、神の言葉と、神の言葉のあらゆる詳細を、すべて現実にすることを意図していたからである。そうしたわけで、神は、神が意図していた全ての事柄を、その後何年間も引き続き行なった。神には権威があるため、おそらく人間には神が言葉を述べるのみであり、あらゆる事を実現する上で、それ以外の行動は不要であると思われるであろう。このように想像することは、いささかばかげている。神が言葉により人間に対して契約を立てたこと、神があらゆる物事を言葉により履行したことについて、一方的な見方しかせず、様々なしるしや、神の権威が万物の存在を支配している事実を理解できないのであれば、神の権威に関する理解は、あまりにも空虚であり、ばかげている。人間が神をそのようなものとして想像する場合、人間の神に関する認識は、危機的状態にあり、行き詰まりに達したと言わなければならない。なぜなら、人間が想像する神は、命令を下す機械でしか無く、権威のある神ではないからである。あなたは、アブラハムとヨブの例から何を理解しただろうか。神の権威と力の真相を理解したであろうか。神は、アブラハムとヨブを祝福した後、その状態に留まることも、使いを働かせて結果がどうなるかを待っていただけでも無かった。それとは正反対に、神が言葉を述べるとすぐに、神の権威の指針に従い、神が意図していた業に万物が応じ、神が必要としていた様々な人や物事が準備された。つまり、神の口から言葉が述べられるとすぐに、神の権威が地の全域で行使され始め、神は、アブラハムとヨブとの約束を実現するために、方向性を定める一方で、神が実行を計画していた物事の手順や主な段階それぞれに必要とされる適切な計画や準備も行なった。この時、神は使いだけでなく、神が創造した万物も操作した。つまり、神の権威が行使された範囲は、使いが含まれていたのみならず、万物が含まれており、神が実現を意図していた業に応じるために万物も操った。これが、神の権威が行使された具体的な様式であった。あなた方の想像では、神の権威について、神には権威と力があるので、神は第三の天や一定の場所に留まり、具体的な作業をする必要は無く、神の業は、すべて神の考えの中で完了された、と認識している者がいるであろう。また、一部の者は、神はアブラハムを祝福したが、神は何もする必要が無く、言葉を述べるだけで十分であった、と信じているであろう。実際の出来事は、そうしたものであっただろうか。明らかにそうではない。神には権威と力があるものの、神の権威は真実であり、本物であり、空虚なものではない。神の権威と力の信ぴょう性と現実性は、神による万物創造や万物の支配、そして神が人間を導き、経営する過程において、次第に明示され、具体化された。神の人間や万物に対する支配のあらゆる方法や観点、詳細、神が実現されたすべての業、そして神の万物に関する理解により、実際に神の権威と力が空虚な言葉では無いことが証明された。神の権威と力は万物に現され、継続的に明示された。こうした顕現と明示は、神の権威の実際の存在を物語るものである。なぜなら、神は常に神の権威と力を用いて神の業を継続し、万物に命令し、万物を支配しており、神の力と権威は、天使や神の使いが代理になれるものではないからである。神は、どのような祝福をアブラハムとヨブに与えるかを決定した。それは、神次第であった。神の使いが自らアブラハムとヨブを訪れたが、彼らの行動は神の命令、神の権威に従い、神の支配に従っていた。人間には、聖書の記録から、神の使いがアブラハムを訪れ、ヤーウェ自らは何も行っていないように思われるが、実際は、真に力と権威を行使しているのは神自身であり、これについては人間にとって疑念の余地が無い。天使や使い達には大きな力があり、奇跡や、神から命じられた事を行っているのが分かるが、彼らの行動は、神の命令を遂行するためのものに過ぎず、決して神の権威の明示では無い。なぜなら、創造主の持つ、万物を造り、支配する権威を持つ人間や物は存在しないからである。そうしたわけで、創造主の権威を行使できる人間や物は存在しない。

創造主の権威は不変であり侵害不可能である。

これら3つの聖句から分かったことは何であろうか。神が権威を行使する際には原則があることを理解したであろうか。たとえば、神は虹を用いて人間との契約を立てたが、その時、神は雲間に虹を置き、神が洪水で世界を破壊することは二度と無いことを人間に知らせた。現在見られる虹は、神の口で述べた虹と、同じものであろうか。虹の性質や意味は変わったであろうか。当然そのようなことは無い。神は自身の権威によりこの業を行い、神が人間に立てた契約は、現在も継続しており、この契約が改正される時期は、言うまでも無く、神次第である。神が「雲の中に、にじを置く」と述べた後、神は常にその契約を遵守し、今日に至っている。このことから何が分かるであろうか。神には権威と力があるものの、神は自身の業に対して厳格であし、原則を固守し、言葉の通りにしている。神の厳格さと神の業の原則では、創造主が侵害不可能であること、そして創造主の権威が無敵であることが示されている。神には至高の権威があり、万物が神の支配下にあり、神には万物を支配する力があるが、神は、かつて自身の計画を害したことも混乱させたことも無く、神が権威を行使する時は、常に神自身の原則に厳密に従い、神の口で述べた言葉に従い、神の計画の段階と目的に従っている。神により支配されている万物もまた、神が権威を行使するときの原則に従っており、神の権威の定めの例外となる人間や物は存在せず、神の権威が行使される際の原則を変更できる人間や物が一切存在しないことは、言うまでも無い。神の観点から見ると、祝福された者は、神の権威により多くの財産を受け、のろわれた者は神の権威による罰を受ける。神の権威の支配下においては、神の権威行使の例外となる人間や物は存在せず、神の権威が行使される際の原則を変更できる人間や物も一切存在しない。創造主の権威は、いかなる要素の変化によっても変更されず、同様に、神の権威が行使される際の原則は、いかなる理由によっても変更されない。天と地に大規模な変動が発生する可能性もあるが、創造主の権威は不変であり、万物が消滅する可能性もあるが、創造主の権威は決して消滅しない。これが創造主の不変であり侵害不可能な権威であり、まさに創造主固有のものである。

次の聖句は、神の権威を知る上で不可欠であり、その意義を以下にて説明する。聖句を続けて読む。

4.サタンに対する神の命令

(ヨブ記2:6)主はサタンに言われた、「見よ、彼はあなたの手にある。ただ彼の命を助けよ」。

サタンは創造主の権威を敢えて破ることがなかったので、万物は秩序ある生活を送っている

これはヨブ記からの抜粋であり、「彼」とはヨブを指す。簡潔であるが、この聖句により多くの問題が解明する。この聖句では、霊の世界における神とサタンの会話が具体的に述べられており、神の言葉の対象がサタンであることが述べられている。またこの聖句は、神が述べたことが具体的に記されている。神の言葉は、サタンに対する命令であった。この命令の詳細は、ヨブの命を奪わないことに関連している。サタンによるヨブの扱いにおいて、神は、サタンがヨブの命を奪わないという制限を設けている。この聖句から最初に分かることは、この聖句は神がサタンに対して述べたものであるということである。ヨブ記の原典には、この言葉の背景が記されている。それによると、サタンはヨブを責めることを望んでいたが、ヨブを試みる前に、神の同意を得る必要があった。神が、サタンのヨブを試す要求に同意した時、神は、「見よ、彼はあなたの手にある。ただ彼の命を助けよ」という条件を示した。この言葉には、どのような意味があるだろうか。この言葉は、明らかに命令である。これらの言葉の性質を理解すると、この命令は神が行なったものであり、命令を受け、それに従ったのがサタンであることも当然理解できる。この命令においては、言葉を読めば、神とサタンの関係が誰にでも明瞭に理解できる。当然だが、これは聖句にある神とサタンの対話の記録から知ることのできる霊の世界における神とサタンの関係でもあり、神とサタンの身分と地位の差でもある。またこれは現在において、人間が神とサタンの身分と地位の差異を知ることができる具体的な例であり、文書による記録である。この点において、この会話の記録は、神の身分と地位に関する人間の認識において重要な文献であり、神に関する人間の認識に対して、重要な情報を提供するものであると言わなくてはならない。この霊の世界における創造主とサタンとの会話により、人間は創造主の権威に関して、もうひとつ別の側面を理解することができる。この会話は、創造主固有の権威に関するもうひとつの証しである。

この会話は、表面上はヤーウェ神とサタンの会話である。この会話の本質は、ヤーウェ神が言葉を述べる態度と立場は、サタンよりも高いということである。つまり、ヤーウェ神はサタンに対して、命令的口調で言いつけており、サタンが実行する必要のある事柄、禁止されている事柄、ヨブは既にサタンの手の中にあること、思うがままにヨブを扱うのはサタンの自由であるが、ヨブの命を奪ってはならない、と伝えている。この会話には、ヨブがサタンの手の中に置かれているが、ヨブの命はサタンに与えられていない、すなわち、神が許可しない限り、ヨブの命を神の手中から奪うことができる者はいない、という含みがある。神の態度は、このサタンに対する命令において、明白に説明されており、またこの命令により、ヤーウェがサタンと会話する際の、ヤーウェの立場が明示されている。ここでヤーウェの持つ地位というのは、光、空、そして万物と全ての生物を造り、万物とすべての生物を支配する神の地位だけでなく、人間とハデスを指揮し、全ての生物の生死を支配する神の地位である。霊の世界において、サタンに対してこのような命令をする者が、神以外に存在するであろうか。それでは、神自身がサタンに対して命令したのは、何故だろうか。それは、ヨブを含めた人間の命は神によって支配されているからである。神は、サタンがヨブの命を傷つけたり奪ったりすることを禁じた。つまり、サタンがヨブを試すことを許す直前に、神はこうした命令を特に行うことを覚えており、サタンに対して、ヨブの命を奪わないよう再度命令したのである。サタンは神の権威に背いたことが一切無く、さらには神の指示と具体的な命令を注意深く聞き、それに従い、それに反することは無く、神の命令を自由に変えることも、当然ながら無かった。それは、神がサタンに対して定めた制限であり、したがってサタンが敢えてその制限を超えようとしたことは無い。これは神の権威の力ではなかろうか。これは神の権威を証しするものではなかろうか。サタンは、神に対してどのように振る舞うか、神をどのように見るかについて、人間よりもはるかに明確に理解していたので、霊の世界において、サタンは神の地位と権威を明確に理解しており、また神の権威の力と神の権威の行使が基づいている原則に関しても、深く理解していた。サタンがこうした神の権威や地位を見過ごすことも、何らかの形でそれに背くことも、神の権威を逸脱する行動を取ることも、決して無かった。また神の怒りに対抗することも一切なかった。サタンは元来邪悪で傲慢であるが、神がサタンに対して定めた限界を超えたことは無い。数百万年の間、サタンはそうした限界を固く守り、神からの指示や命令に全て従い、その限界を敢えて超えようとしたことは無い。サタンは悪意に満ちているにもかかわらず、腐敗した人間よりもはるかに「賢い」。サタンは創造主の身分を知っており、自らの限界も心得ていた。サタンの「従順な」行動から、神の権威と力は、サタンが背くことのできない天の命令であることが理解できる。また、まさにこの独自性と権威故に、万物が秩序にしたがって変化し、増加し、人間は神が立てた過程に従って生活し繁殖でき、この秩序を乱したり、この律法を変えたりすることができる人間や物が不在であることが分かる。なぜなら、人間や物はすべて創造主の手から現れ、創造主の命令と権威から現れたからである。

固有の権威があるのは、創造主の身分にある神のみである

サタンの「特別」な身分のために、サタンが様々な側面において表示する内容に対して、多くの人々が強い関心を寄せるようになる。なかには、サタンは奇跡を起こすことや、人間には不可能なことができるのであるから、サタンにも神と同様に権威がある、と信じている愚かな人々もいる。そうしたわけで、人間は神を礼拝する一方で、心の中にサタンのい場所を設け、さらにはサタンを神として礼拝することさえある。こうした人々は、哀れであると同時に、憎まれるべきである。こうした人々は、その無知さのために哀れであり、またその非道と生来の邪悪な本質のために憎まれるべきである。ここで、権威とは何か、権威は何を象徴するか、権威は何を表しているかを知らせる必要があるであろう。概して、神自身が権威であり、神の権威は崇高さと神の本質を象徴し、神自身の権威は、神の地位と身分を表す。そうであるとすれば、サタンは自分が神であるなどと敢えて言うであろうか。サタンは、自分が万物を造り、万物を支配していると敢えて言うであろうか。当然ながら、そのようなことは言わない。なぜなら、サタンは万物を創造することができないからである。現在まで、神が造った物と同じ物をサタンが造ったということは一度もなく、サタンが命あるものを造ったことは一切無い。サタンには神の権威が無いので、神の地位と身分をサタンが得ることはできない。これはサタンの本質により決定される。サタンには、神と同じ力があるだろうか。当然ながら、そのようなことは無い。サタンの行動や、サタンが起こした奇跡を何と呼ぶであろうか。それらは、力であろうか。それらを権威と呼べるであろうか。無論、それは力ではなく、権威とも呼べない。サタンは邪悪を率い、神の業のあらゆる側面を覆し、損なわせ、妨害する。現在まで数千年にわたり、人間を腐敗させ、虐待し、人間を誘惑し、欺して悪行を行わせ、神から拒否される存在にして、死の淵に向かわせたサタンは、かつて人間による祝賀や称賛、敬愛に値することを行ったことがあろうか。仮にサタンが権威と力を持っていたとすれば、人間はその権威や力により腐敗させられていたであろうか。仮にサタンが権威と力を持っていたとすれば、人間はその権威や力により危害を被ったであろうか。仮にサタンが権威と力を持つとすれば、人間はその権威や力により神を捨てて死へと向かうのであろうか。サタンには権威も力も無いのであれば、サタンの行為の本質は何であると判断すべきであろうか。サタンの行為全てを単なる謀略であると定義する人々もいるが、わたしはそうした定義はそれほど適切ではないと考える。人間の腐敗による邪悪な行いは、単なる謀略であろうか。サタンがヨブを虐げた邪悪な力と、ヨブを虐げ悩ませようとする激しい願望は、単なる謀略では得られないものである。思い出してみると、丘や山に広く群れていたヨブの動物たちは、一瞬にして消え去った。ヨブが所有していた大量の富が一瞬で消えた。これは謀略だけで成し得たことであろうか。サタンの業の性質は、損害、妨害、破壊、危害、邪悪、悪意、闇など、否定的な言葉に該当するので、そうした不正で邪悪な出来事の全てはサタンの行為と密接に繋がっており、サタンの邪悪な本質と不可分のものである。サタンの「力」や、大胆さ、野望がどれほどのものであったとしても、サタンの損傷を与える能力がどれほど優れていたとしても、サタンが人間を腐敗させ、誘惑する能力の幅広さがどれほどのものであったとしても、サタンが人間を威嚇する謀略や計略がどれほど狡猾であったとしても、またサタンが存在する形態をどれほど変化させることができたとしても、サタンには生き物を造る能力や、万物に対する律法や規律を定める能力があったことは無く、命のあるものかないものかを問わず、どのようなものも支配する能力があったことは無い。広大な宇宙の中で、サタンから生まれた人間や物、サタンのおかげで存在する人間や物、サタンに統治され、支配されている人間や物は、全く存在しない。それとは反対に、サタンは神の支配権の下で生活する必要があり、さらに神の指示と命令にすべて従う必要がある。神の許可なくしては、サタンにとってひとしずくの水やひと握りの砂に触れることさえ困難である。また神の許可なくしては、サタンは蟻を地に這わせることさえままならないのであるから、神の造った人間を動かすことなど到底できるはずがない。神から見ると、サタンは山のユリの花よりも劣り、空を舞う鳥や海の魚にも劣り、地のウジ虫にも劣る。万物の中におけるサタンの役割は、万物に仕え、人間のために仕え、神の業と神の経営(救いの)計画に資することである。サタンの本性がいかに悪意に満ちているか、その本質がいかに邪悪であるかによらず、サタンにできることは、神に仕え、神に対照を提供するという、その機能に従順に従うことのみである。これがサタンの本質であり位置づけである。サタンの本質は命や力、権威から切り離されており、サタンは神の手の中にある玩具のようなもの、神のための役立つ道具に過ぎない。

サタンの真相を理解しても、権威が何かを理解できない人々が多数いるので、ここで述べなければならないことがある。神の権威とは、神の力であると説明できる。まず、権威と力は、両方とも肯定・善であると断言できる。権威と力は、否定・悪と無関係であり、創造物やそれ以外の物と関連性が無い。神の力は、生命や活力のある、あらゆる形の物を造ることが可能であり、それは神の命により決定される。神は生命であり、したがって全ての生物の源である。さらに、神の権威は、あらゆる生物を神のすべての言葉に従わせることができる。すなわち、神が述べた言葉に従って現れ、神の命令により生き、繁殖し、それ以後、神があらゆる生物を支配しあらゆる生物に命令し、このことから逸脱する物は永遠に存在しない。人間や物には、こうした力が無い。こうした力は神のみにあり、したがってその力を権威という。これは、創造主の独自性である。したがって、それが「権威」という言葉自体であれ、権威の本質であれ、それは神としか関連づけられない。なぜなら、権威は、創造主の固有の身分と本質の象徴であり、また創造主の身分と地位を示すものである。創造主以外に、「権威」という言葉と関連づけられる人間や物は存在しない。これが創造主に固有の権威の解釈である。

サタンは、その欲のある眼でヨブを見ていたが、神の許可が無ければ、ヨブの体毛の1本ですら触れることができない。サタンは生来邪悪かつ残酷であるが、ひとたび神がサタンに命令すると、サタンはその命令に従うほか無い。そうしたわけで、サタンがヨブのところに来たとき、サタンは羊の中の狼のように凶暴であったにもかかわらず、サタンは神が定めた限界を無視することも、神の命令に背く事も無く、サタンは、全ての行動において、神の言葉の原則と限度から逸脱することは無かった。これは事実ではなかろうか。この観点から見ると、サタンはヤーウェの言葉に背くことが無かったことが分かる。サタンにとって、神が述べた言葉は、すべて命令であり、天の律法であり、神の権威を示すものであった。なぜなら、神の言葉の背後には、神の命令に背いた者や天の律法を破った者に対する神の罰が暗示されているからである。サタンは、自分が神の命令に背いた場合、神の権威から逸脱し、天の律法を破った報いを受けなければならないことを、はっきりと認識している。それでは、その報いとは、どのようなものであろうか。それは言うまでも無く、神による罰である。サタンのヨブに対する行為は人間を腐敗させるサタンの行動の縮図に過ぎず、サタンがそれらの行為を行っていた時、神が定めた限界と、神がサタンに対して命令した事柄は、サタンのあらゆる行動の背後にある原則の縮図に過ぎない。さらに、この一件におけるサタンの役割と立場は、神の経営の働きにおけるサタンの役割と立場の縮図に過ぎず、サタンがヨブを試した時の、サタンの神に対する完全な服従は、神の経営の働きに対して、サタンが少しも反抗しようとしなかったことの縮図に過ぎない。これらの縮図はあなた方に何を警告するだろうか。サタンを含めた万物のなかには、創造主が定めた天の律法や命令に背くことができるものは一切無く、また、こうした天の律法や命令に違反しようとするものは一切ない。なぜなら、服従を拒んだ者に対して創造主により科される罰に変更を加えたり逃れたりできる人間や物は存在しないからである。天の律法や命令を定めることができるのは創造主のみであり、それらを施行できるのも創造主のみであり、人間や物が背くことができないのは、創造主の力のみである。これが、創造主固有の権威であり、この権威は万物において至高のものであるので、「神は最も偉大であり、サタンはその次に偉大である」と言うことはできない。固有の権威を持つ創造主を除いて、神は存在しないのである。

あなた方は、神の権威に関して、新たな認識を得ることができたであろうか。まず、今述べた神の権威と、人間の力との間に、相違点はあるであろうか。その相違点とは何であろうか。一部の人々は、それらは比較できないと言う。それは正しい。神の権威と人間の力は比較できないと言われているものの、人間の思考や思想のなかでは、人間の力が神の権威と混同されることが往々にしてあり、人々はこの両者を並べて比較する場合がある。これは、どのような状況であろうか。この両者のうち一方を他方に代えるというのは、人々は不注意に過ちを犯しているのではなかろうか。両者に関連性は無く、両者は比較できないが、人々は比較せずにはいられないのである。こうした状況は、どうすれば解決できるであろうか。真剣に解決策を見出したいと願うのであれば、神固有の権威を知ることである。創造主の権威を理解し知ることにより、あなたは人間の力と神の権威を同じ範疇で議論しなくなるであろう。

人間の力とは、何であろうか。簡潔に言うと、人間の力とは、人間の腐敗した性質や欲望、野望を拡大し、最大限に達成するための技能である。そうした技能は権威とみなされるであろうか。ある者の野望と願望がどれほど強く、成功であったとしても、その者に権威があるとは言えない。そうした自惚れや成功は、せいぜいサタンが人間の世界で行う茶番に過ぎず、サタンが神となる野望を果たすために、自らの祖先を演じる喜劇に過ぎない。

ここまでの議論を踏まえると、あなたは、神の権威を、どのように認識するようになっただろうか。あなたは、ここまで伝えた内容から、神の権威に関する新たな認識を得たはずである。そこで、あなた方に質問する。神の権威は、何を象徴するか。神の権威は、神の身分を象徴するであろうか。神の権威は、神自身の力を象徴するであろうか。神の権威は、神自身に固有の地位を象徴するであろうか。あらゆる物事のなかで、あなたが神の権威を見出した事柄は何か。あなたは、どのようにして神の権威を見出したか。人間が体験する四季に関して、春夏秋冬の変化の律法を人間が変えることはできるだろうか。木々は春に芽吹いて花が咲き、夏に葉で覆われ、秋に実を結び、冬に葉を散らす。この律法を変えることができる者はいるだろうか。これは神の権威の一側面を反映するものだろうか。神は「光あれ」と言った。すると光があった。この光は、現在も存在するだろうか。その光が存在するのは、何のおかげであるか。無論、光が存在するのは、神の言葉と神の権威のおかげである。神が造った空気は、現在も存在するか。人間が呼吸する空気は、神から生まれたものか。神から生まれたものを取り去ることができる者はいるか。神から生まれたものの本質と機能を変えることができる者はいるか。神が定めた昼と夜、そして神が命じた昼と夜の律法を混乱させることができる者はいるか。サタンには、それができるだろうか。あなたが夜に眠らず、夜と昼を取り違えている場合であっても、それは依然として夜であり、一日の生活習慣を変えることはできても、昼と夜の繰り返しに関する律法を変えることはできない。そしてその事実は誰にも変えることはできないのではなかろうか。牛のように、ライオンに土を鋤かせることができる者はいるか。象をロバに変えることができる者はいるか。鷹のように、鶏に空を飛ばせることができる者はいるか。羊のように、狼に草を食べさせることができる者はいるか。魚を水の無い地上で生活させることができる者はいるか。そうした者がいないのは何故か。それは、神が魚に対し、水中で生活するよう命じたからであり、それに従って魚は水中で生活している。魚は地上で生活できず、死ぬであろう。魚は、神の決めた限界を越えることができない。あらゆる物事には律法と限界があり、あらゆる物事には固有の本能がある。その本能は創造主により定められたものであり、人間が変えることも越えることもできない。たとえば、ライオンは常に人間社会から離れた荒野に棲む。ライオンが人間とともに生活し、人間のために働く牛のように従順かつ忠実となることは無い。象とロバは両方とも動物であり、4本の足があり、空気を呼吸するが、両者は種類が異なる。なぜなら、神が象とロバを異なる種類に分け、それぞれ個別に本能があり、したがってロバを入れ替えることは不可能だからである。鶏には鷹と同様に脚と翼があるが、鶏は決して空を飛ぶことができない。鶏が飛んだとしても、せいぜい木に留まるまで程度である。そうしたことは、動物の本能により決定される。また、こうした事柄の原因が、神の権威による命令であることは言うまでも無い。

現在の人間の発達状況においては、人間の科学が「繁栄している」と言える。また、人間による科学的追求の成果は「素晴らしい」と言えるであろう。ここで述べるべき事は、人間の能力は、かつて無いほどまでに高まったが、人間が未だに科学的に達し得ない事柄がある、ということである。人間は航空機、旅客機、原子爆弾などを作り上げ、宇宙空間へと進出し、月面を歩き、インターネットを発明し、高度な技術が採用された生活様式のなかで生活しているものの、人間は、呼吸する生物を未だに作り得ない。あらゆる動物の本能と、動物が生きる上での律法、そして生物の生死の循環は、すべて人間の科学により制御することが不可能なものである。ここで、人間の科学がいかに高度なものへと進化したとしても、人間の科学は創造主の心とは比較にならず、創造主による創造の奇跡や、神の権威の力を解明することは不可能である、と言わなくてはならない。地球上には海が多数あるが、海が限度を超えて地上に来ることは無い。なぜなら、神が海に対して限界を定めたからである。海は神が命じた場所に留まり、神の許可なくして自由に移動することはできない。神の許可無くして、海と陸が侵害し合うことはできず、神が動いて宜しいと述べた時に限り、移動することが可能となり、海がどこへ移動して留まるかは、神の権威により定められる。

端的に言えば、「神の権威」とは、神の心次第であることを意味する。神には何をどのように行うかを決定する権利があり、それは神の心が望む方法により行われる。万物の律法は、人間次第ではなく、神次第であり、人間はその律法を変えることもできない。万物の律法は、人間の意志で変えることができず、しかし神の心、知恵、そして命令により変えられるものであり、これは誰も否定できない事実である。天と地、万物、宇宙、星の輝く空、四季、人間にとって見えるものと見えないものは、すべて神の権威に基づき、神の命令、戒律に従い、かつ創造の初めの律法に従って、一切不具合無く存在し、機能し、変化する。こうした物事の律法や、それらの機能が基づく固有の過程を変更することができる人間や物事は存在しない。これらのものは全て神の権威により現れ、同様に神の権威により消滅する。これがまさしく神の権威である。ここまで述べてきた事柄をふまえて、あなたは神の権威が神の身分と地位の象徴であると感じるであろうか。創造された物事やそれ以外の物事が神の権威を持つことができるであろうか。神の権威を模倣したり、権威を持つふりをしたりできるだろうか。また神の権威が人間や物事により代替されたりすることがあり得るだろうか。

創造主の身分は固有のものであるので、多神主義的に考えてはならない

サタンの技能は人間の技能よりも優れており、サタンは人間には不可能な事が可能であるものの、サタンの行為を羨んだり望んだりするかどうか、またサタンの行動を憎んだり嫌悪したりしているか、またサタンの行動が理解できるかどうか、サタンがどの程度のことを達成するか、サタンが何人の者を騙してサタンを崇拝させたり祭ったりさせることができるか、あなたがサタンをどのように定義するかを問わず、サタンには神の権威と力があると言うことはできない。神は神であり、神はひとりしか存在しないこと、そしてそれ以上に、唯一神にのみ権威があり、万物を支配する力があることを認識する必要がある。人間を欺く能力がサタンにあるから、サタンは神になりすますことができるから、神の業のしるしや奇跡を模倣することができるから、神と似たようなことをしているからといって、あなたは、神が唯一の存在ではない、複数の神が存在する、それらの複数の神の技能は多かったり少なかったりする、行使できる力に差があるなどといった誤解をする。そうした神々の偉大さを、登場する順番や年齢で決めたり、唯一の神以外に神格が存在すると誤解し、神の権威と力は固有のものではないと考えたりする。あなたがこうした考えを持っている場合、神が唯一の存在であることを認めていない場合、神のみに権威があることを信じていない場合、多神主義的に考えている場合、わたしはあなたに人間くずである、サタンの化身である、邪悪の権化であると言わざるを得ない。ここでわたしが説明しようとしていることを、あなた方は理解できるだろうか。時間、場所、あなた方の経歴を問わず、あなたは神と、人間、物事を混同してはならない。神の権威を知ることや、神の権威や神自身の本質に近づくことが、どれほど困難であると感じているか、またあなたの考え方や想像がどの程度サタンの行動や言葉と一致するか、そうした行動や言葉にあなたがどの程度満足しているかを問わず、あなたは愚かであってはならず、それらの概念に惑わされてはならず、神の地位と存在を否定してはならず、心の中の神を排除して、神の代わりにサタンを受け容れて、サタンを崇拝してはならない。そのようなことをした場合、どのような結末が待っているかは、あなた方に想像できることであると、わたしは確信している。

人間は腐敗しているものの、創造主の権威による支配下で生活している

サタンは、これまで数千年にわたって人間を腐敗させてきている。サタンは無数の邪悪を働き、何世代もの人々を騙し、また世界中で凶悪な罪を犯してきた。サタンは人間を虐げ、騙し、誘惑して神に謀反を起こさせ、何度も神の経営(救いの)計画を混乱させ、妨害してきた。それでもなお、神の権威の下で、万物やすべての被造物は神により定められた律法を遵守し続けている。神の権威に比べれば、サタンの邪悪な性質とその蔓延は極めて醜く、不愉快であり、卑劣であり、取るに足りず、脆弱である。サタンは神により造られた万物の中を歩んでいるが、神の命令を受けた人間や物事に対して、ほんの僅かな変化さえも与えることができない。数千年が経過した現在、人類は神から授かった光りと空気を享受し、神自身から授かった息を呼吸し、神が造った花々や鳥たち、魚や昆虫を楽しみ、神から授かった全てを享受している。昼と夜が引き続き交互に入れ替わり、四季は通常通り移ろいでおり、今年の冬には、空を舞うガンの群れが渡り去ってゆき、次の年の春に舞い戻り、魚は河川や湖沼以外へと移動して生活の場とすることなく、夏の日中にはセミが魂を歌い上げ、秋には鈴虫が草の間で風に合わせて優しい歌を口ずさみ、ガンは群れを成し、鷹は単独で行動し、ライオンの群れは狩りを行うことで生命を維持し、ヘラジカは草原の草花から立ち去ることが無い。万物のなかでも、動物は、すべて行き来を繰り返しており、無数の変化が一瞬にして発生する。しかし、その本能と生存のための律法は不変である。動物は神の施しと糧により生きており、動物の本能を変えることや、動物の生存の律法を妨害することは、誰にもできない。万物の中で生きる人間はサタンにより腐敗し、騙されたものの、人間は依然として、神により造られた水、空気など、神により造られた全ての物を差し控えることができず、また人間は依然として神により造られた空間で生活し、繁殖している。人間の本能は、依然として不変のままである。人間は、見ることを眼に、聞くことを耳に、考えることを脳に、理解することを心に、歩くことを脚に、業を行うことを手に、それぞれ依存している。神の施しを人間が受け取れるように神が人間に授けられた本能や、人間が神と協力するために必要な能力、創造物としての義務を履行するために必要な能力は変わっておらず、人間の霊的な必要性、人間が自分達の起源を知りたいという願望、創造主による救いに対する人間の切望は、変わっていない。以上が、神の権威の下で生活し、サタンによる残酷な破壊を幾度となく経験してきた人間の現況である。人間はサタンによる抑圧を受けてきており、また人間はもはや創造された時のアダムとエバのようではなく、知識、想像、自分の意志など、神に反対する物事や、サタンのような腐敗した性質に満たされているが、神の観点から見ると、人間は依然として神が造った時と同じ人間である。人間は依然として神により支配され、指揮され、神が定めた生涯から逸脱することなく生活しているので、神の観点から見ると、サタンにより腐敗させられた人間は、埃をかぶったようなもの、つまり空腹でお腹が鳴り、反応が少し遅くなり、従前よりも記憶力が悪くなり、少し年老いたに過ぎず、人間の機能と本能は、全く損傷していない。これが、神が救済しようとしている人間である。しかし、人間は創造主の呼ぶ声や言葉を聞くだけで、立ち上がってその言葉がどこから聞こえているかを探しまわるであろう。人間は、創造主の姿を見ただけで、その他のことは全く心に無くなり、全てを投げ出して、自らを神に捧げ、神のために命すら捧げるであろう。人間の心が、創造主の心からの言葉を理解したとき、人間はサタンを拒絶し、創造主の味方となるであろう。また人間が身体の穢れを完全に洗い流し、創造主による施しと糧を授かったとき、人間の記憶が蘇り、その時人間は、真に創造主の支配下に戻るであろう。

2014年10月21日