唯一無二の神自身 4

神の聖さ(1)

前回の集会では神の権威についてさらなる交わりをした。今のところは、神の義という主題については論じない。今日話すのは、神の聖さというまったく新しい主題である。神の聖さは、神特有の本質におけるもう一つの側面なので、この主題について交わるのは極めて重要である。以前わたしは、神の本質にまつわる他の二つの側面、つまり神の義なる性質と神の権威について交わった。これらの側面、そして今日わたしが交わろうとしている側面は、すべて唯一のものだろうか。(はい。)神の聖さもまた唯一のものなので、今日のわたしたちの交わりの主題は、この独自性の基礎と根幹を形作るものは何か、ということになる。今日は神の特有の本質、つまり神の聖さについて交わりをする。おそらくあなたがたの中には、何らかの疑念を抱き、「なぜ神の聖さについて交わらなければならないのか」と疑問に思う者がいるかもしれない。心配しなくてよろしい。あなたがたにゆっくり説明するつもりだ。わたしが話すことを聞けば、この主題について交わるのがなぜそれほど必要なのかがわかるだろう。

最初に、「聖い」という言葉を定義しよう。あなたがたの認識と、あなたがたが得た知識を基にすると、「聖い」という言葉の定義はどのようになると、あなたがたは考えるだろうか。(「聖い」とは、汚れがなく、人間の堕落や欠点も一切ないことです。考えにおいてであれ、発言においてであれ、行動においてであれ、聖さが発するのはすべて肯定的な物事です。)よろしい。(「聖い」ものは、神聖であり、汚されておらず、人間が背くことはできません。それは唯一のものであり、神だけのものであって、神の象徴です。)これがあなたがたの定義である。一人ひとりの心の中に、この「聖い」という語の一つの範囲、定義、解釈がある。少なくとも、「聖い」という言葉を見るとき、あなたがたの頭はからっぽではない。あなたがたは、この単語に関する一定範囲の定義を持っており、一部の人々が言うことは、神の性質の本質を定義する言葉にいくぶん近く、それはとてもよいことである。大部分の人が、「聖い」という単語を好ましいものと考えており、それは絶対に間違いない。しかし今日、わたしたちが神の聖さについて交わる中で、わたしは定義や説明で話を終わらせるつもりはない。その代わりに、事実を証拠として使い、神は聖いとわたしが言う理由、「聖い」という単語を使って神の本質を説明する理由を示す。交わりが終わるころには、「聖い」という語で神の本質を定義することや、この語を用いて神を指すことが完全に正当で、極めて適切であると、あなたは感じるようになる。少なくとも、現在における人間の言語という背景の中で、この語で神を指すことは、ひときわ適切である。人間の言語のあらゆる単語の中で、この語だけが神を指すものとしてまったく適している。この語が神を指すのに用いられるとき、それは空虚な語句ではなく、根拠のない称賛や世辞の言葉でもない。この交わりの目的は、あなたがたの一人ひとりが、神の本質におけるこの側面の真実を認識できるようにすることである。神は人間の理解を恐れず、人間の誤解を恐れる。神の本質、および神が持つものと神そのものを一人ひとりが知ることを、神は希望している。そこで、神の本質の一側面について触れるたび、多くの事実を用いることで、神の本質のこの側面が紛れもなく存在することを、人々に理解させることができるのだ。

「聖い」という語を定義したところで、いくつか例を取り上げよう。人は自身の観念の中で、多くの人や物を「聖い」と想像する。一例を挙げると、人類の辞書では、童貞や処女は聖いものと定義されているが、童貞や処女は実際に聖いだろうか。この、いわゆる「聖い」と、今日わたしたちが交わろうとする「聖い」は同一のものだろうかか。人間の中でも品徳に優れ、洗練された教養ある話し方をし、誰も傷つけず、語る言葉によって他人を快適で気分よくさせる人は、聖いと言えるだろうか。善行を頻繁に行い、慈愛に満ち、他者に多大な援助を提供する人、他者の生活に多くの楽しみをもたらす人は、聖いと言えるだろうか。利己的な考えを一切持たず、誰に対しても厳しい要求をせず、誰に対しても寛容な人は、聖いと言えるだろうか。誰とも争ったことがなく、誰も利用したことのない人は、聖いと言えるだろうか。他者のために尽くし、他者にあらゆる方法で益と教えをもたらす人は、聖いと言えるだろうか。生涯にわたる蓄えを他者のために寄付し、質素な生活を送り、自分に厳しく、他人と寛大に接する人は、聖いと言えるだろうか。(いいえ。)あなたがたはみな、自分の母親があなたがたを思い、考え得るあらゆる方法で世話をしてくれたのを覚えている。あなたがたの母親は、聖いと言えるだろうか。有名人であれ、上流階級の人間であれ、あるいは偉人であれ、あなたがたが好きな偶像的な人物は、聖いと言えるだろうか。(いいえ。)では、多くの人にとって未知だった将来についての物事を語ることができた、聖書に登場する預言者を見てみよう。この種の人々は聖い存在だっただろうか。神の言葉や神の業の事実を聖書に記すことができた人々は、聖い存在だっただろうか。モーセは聖い人だったか。アブラハムは聖い人だったか。(いいえ。)ヨブはどうか。ヨブは聖い人だったか。(いいえ。)ヨブは、神に「義なる者」と呼ばれたが、それなのに、その彼でさえ聖いと言えないのはなぜなのか。神を畏れて悪を避ける人々は、本当に聖くはないのか。いったいどちらなのか。(聖くありません。)あなたがたはかすかに疑念を抱き、確かな答えを持たず、あえて否定することもないが、かといって肯定するわけでもない。そのため、結局は気乗りのしないまま「聖くない」と言う。もう一つ尋ねよう。神の使い、神が地上に送る使いは、聖いと言えるだろうか。天使は聖い存在だろうか。(いいえ。)サタンに堕落させられていない人類は、聖い存在だろうか。(いいえ。)あなたがたはどの質問にも、ひたすら「いいえ」と答える。その根拠は何か。あなたがたは困惑している。違うだろうか。それではなぜ、天使までもが聖い存在ではないと言うのか。あなたがたは今、疑念を抱いている。そうではないのか。これまで挙げてきた人や物や非被造物が聖い存在ではない根拠は何であるか、あなたがたに思いつくだろうか。あなたがたが思いつくことはできないと、わたしは確信している。それでは、あなたがたが「いいえ」と言うのは、多少無責任ではないだろうか。あなたがたは闇雲に答えているのではないか。中には、「そのように質問するのだから、答えはきっと『聖くない』に違いない」と疑問に思う者もいるだろう。無造作に答えてはならない。「聖い」と「聖くない」のどちらが答えなのか、注意深く考えなさい。次の主題について交われば、なぜ答えが「聖くない」なのかが分かる。そこで答えを簡単に述べよう。まずは聖書の聖句を読もうではないか。

1.人間に対するヤーウェ神の命令

創世記 2:15-17 ヤーウェ神は人を連れて行ってエデンの園に置き、これを耕させ、これを守らせられた。ヤーウェ神はその人に命じて言われた、「あなたは園のどの木からでも心のままに取って食べてよろしい。しかし善悪を知る木からは取って食べてはならない。それを取って食べると、きっと死ぬであろう」。

2.女を惑わすへび

創世記 3:1-5 さてヤーウェ神が造られた野の生き物のうちで、へびが最も狡猾であった。へびは女に言った、「園にあるどの木からも取って食べるなと、ほんとうに神が言われたのですか」。女はへびに言った、「わたしたちは園の木の実を食べることは許されていますが、ただ園の中央にある木の実については、これを取って食べるな、これに触れるな、死んではいけないからと、神は言われました」。そしてへびはその女に言った。「あなたがたは必ずしも死ぬわけではありません。いつかそれを食べる日、あなたがたの目が開かれ、あなたがたが神のように善悪を知ることを、神は知っているからです」。

これら二節は、聖書の創世記からの抜粋である。あなたがたはみな、これらの聖句に馴染みがあるだろうか。これは、人類が最初に造られたときに起きた出来事に関係しており、それらの出来事は実際のものである。まず、ヤーウェ神がアダムとエバにどのような命令を与えたのかを見てみよう。この命令の内容は今日の話題にとって極めて重要だからである。「ヤーウェ神はその人に命じて言われた、『あなたは園のどの木からでも心のままに取って食べてよろしい。しかし善悪を知る木からは取って食べてはならない。それを取って食べると、きっと死ぬであろう』」。この聖句における神の人間への命令には、どのような内容が含まれているだろうか。まず、神は人間に食べてよいものを伝えた。つまり、様々な木になっている果実である。危険も毒もなく、また不安や疑念を抱く必要もなく、望むままに好きなだけ食べることができる。これが神の命令の一部分である。もう一つの部分は警告である。この警告の中で、神は人間に対し、善悪の知識の木からその実を取って食べてはならないと告げている。その木から実を取って食べると、何が起きるだろうか。神は人間に「それを取って食べると、きっと死ぬであろう」と言った。この言葉は実に率直ではないか。神があなたにそう告げたものの、それがなぜなのかが分からなければ、その言葉を従うべき規則や命令と見なすだろうか。そうした言葉には従わなければならない。そうではないか。しかし、人間が従えるかどうかに関係なく、神の言葉は明確である。食べてよいもの、食べてはならないもの、そして食べてはならないものを食べるとどうなるかを、神は人間に極めて明瞭に述べた。神が述べたこの短い言葉に、神の性質を何か認識できるだろうか。この神の言葉は真実だろうか。何か欺瞞があるだろうか。何か虚偽があるだろうか。何か脅しがあるだろうか。(いいえ。)神は人間に対し、正直に、誠実に、そして真摯に、食べてよいものと食べてはならないものを伝えた。明瞭かつ簡潔に語ったのである。この言葉の中に、隠された意味があるだろうか。この言葉は率直ではないだろうか。推測する必要があるだろうか。推測する必要はない。言葉の意味は一目見れば明瞭であり、読むとすぐに、その意味を完全にはっきり理解できる。つまり、神が述べたいこと、神が表現したいことは、その心から出るのである。神が表現することに混じりけはなく、率直かつ明瞭である。そこに隠れた動機や意味などはない。神は人間に直接語り、食べてよいものと、食べてはならないものを伝える。つまり、神のこの言葉から、神の心が透明で、かつ真実であることを、人間は理解する。ここに偽りなどみじんもなく、食べられるものを食べてはならないと言ったり、食べられないものについて「食べて、どうなるか見てみなさい」などと言ったりはしない。神はそのようなことを意味しない。心の中で考えることが何であれ、それが神の述べることである。神は聖い、なぜならこれらの言葉の中で、このようにして自身を示し、表すのだから、とわたしが言えば、あなたはおそらく、わたしは些細なことを大げさに述べているとか、それは言い過ぎだなどと感じるかもしれない。もしそうなら、心配しなくてよろしい。話はまだ終わっていない。

ここで、「女を惑わす蛇」について話をしよう。この蛇は誰のことか。サタンである。六千年にわたる神の経営計画において、サタンは引き立て役であり、それは神の聖さについて交わるときに触れなければならない役割である。わたしがこう述べるのはなぜか。サタンの邪悪さや堕落、あるいはサタンの本性を知らなければ、聖さを認識することも、聖さとは実際に何かを知ることも決してできない。人間は困惑し、サタンの行うことが正しいと思い込む。なぜなら、人間はそうした堕落した性質の中で生きているからである。引き立て役がなく、比較すべきものもなければ、聖さとは何かを知ることはできない。ここでサタンに触れる必要があるのはそのためである。それについて触れることは決して無駄話ではない。わたしたちはサタンの言動から、サタンがどのように行動し、どのように人類を堕落させ、どのような本性を持ち、どのような顔つきであるかを見ることができる。では、女は蛇に何と言ったか。女は、ヤーウェ神が彼女に言ったことを蛇に説明した。その言葉を言ったとき、その女は、神が自分に言ったことは真実だと確信していただろうか。女は確信していなかった。違うだろうか。新たに造られたばかりの者であるその女には、善と悪を見分ける能力がなく、自分の周囲にあるものを認識することもできずにいた。女が蛇に語った言葉から判断すると、女は心の中で、神の言葉が正しいことを確信していなかった。それが女の態度だった。そこで、女が神の言葉に対して不確かな態度を取っていることを見てとった蛇は、「あなたがたは決して死ぬことはないでしょう。それを食べると、あなたがたの目が開け、神のように善悪を知る者となることを、神は知っておられるのです」と言った。この言葉に何か問題があるだろうか。この一文を読んで、あなたがたは蛇の意図を感じ取れるだろうか。その意図はどういったものか。蛇はこの女を惑わし、神の言葉に耳を傾けるのをやめさせようとしたが、そうしたことを直接話したのではなかった。ゆえに、蛇は極めて狡猾だと言うことができる。人間に気付かれないよう心の中に秘めている、自身の意図する目的を果たすために、その意味をずる賢く曖昧な方法で表現するのだ。これが蛇の狡猾さである。サタンはいつもこのように話し、行動してきた。蛇は「必ずしもそういうわけではない」という言い方をして、こうなるとも、ああなるとも断言しない。しかし、この話を聞いて、この無知な女の心は動いた。言ったことが望みどおりの効果をもたらしたので、蛇は喜んだ。これが蛇の狡猾な意図だった。さらに、「それを食べると、あなたがたの目が開け」と述べ、人間にとって望ましく思われる結果を約束して、女を惑わした。そこで女は「わたしの目が開くのはよいことだ」と考えた。すると蛇は、さらに魅力的なこと、すなわち人間がそれまで知らなかった、聞く者を強く惹きつける言葉を話した。すなわち「神のように善悪を知る者となる」と言ったのである。この言葉は、人間にとって極めて誘惑的ではないだろうか。それはまるで、誰かがあなたに、「あなたの顔の形はすばらしい。ただ、鼻がわずかに低いだけだ。それを直せば世界的な美人になるだろう」と言うようなものである。整形手術をしたいと思ったことがない人は、このような言葉を聞いて心が動くだろうか。この言葉は人を惹きつけるだろうか。この誘惑は、あなたにとって魅力的だろうか。これは惑わしではないだろうか。(はい、惑わしです。)神がこのようなことを言うだろうか。たったいま読んだ神の言葉に、このようなものが少しでもあっただろうか。神は心で考えることをそのまま述べるだろうか。人は神の言葉を通して神の心が見えるだろうか。(はい。)しかし、蛇が女にそれらの言葉を語ったとき、あなたは蛇の心が見えただろうか。いいえ。人間は自身の無知のせいで、蛇の言葉にあっさり惑わされ、簡単に騙された。では、あなたにサタンの意図が見えただろうか。サタンの言葉の裏にある意図を見抜くことができただろうか。サタンの策略と計略を見抜くことができただろうか。(いいえ。)サタンの話し方はどのような性質を表しているのか。その言葉を通して、サタンのどのような本質が見えただろうか。サタンは狡猾ではないか。おそらく表面的には、サタンはあなたに微笑みかけるか、あるいは何の表情も示さない。しかし胸中では、いかにして自分の目的を果たすかを計算しており、あなたはその目的を知ることができない。サタンがあなたにするすべての約束、サタンが説明するすべての利点は、その誘惑を覆い隠すものである。あなたは、それらの物事をよいと判断し、サタンの話すことが神の言葉よりも役に立ち、重要だと感じる。このようなことが起きると、人間は従順な囚人になるのではなかろうか。サタンが用いたこの戦略は悪魔的ではなかろうか。あなたは堕落へと自ら沈み込んでしまう。サタンが指一本動かすことなく、単に二言発するだけで、あなたは喜んでサタンに従い、言いなりになってしまう。このようにして、サタンの目的は達成されたのだ。この意図は邪悪ではないだろうか。これがサタンの本来の顔ではないのか。サタンの言葉から、人間はその邪悪な動機と醜悪な顔、そしてその本質を見ることができる。そうではないか。これらの文章を比較すると、詳しく分析するまでもなく、ヤーウェ神の言葉は退屈でありふれたつまらないものであり、神の誠実さを讃美する美辞麗句に値しないと感じるかもしれない。しかしながら、サタンの言葉と醜悪な顔を引き立て役として見てみると、この神の言葉には現在の人間にとってかなりの重みがないだろうか。(その通りです。)この比較を通して、人間は神の純粋無垢さを感じることができる。サタンが述べる一言一句、サタンの動機、意図、そして話し方はすべて汚れている。サタンの話し方の主な特徴は何か。サタンは曖昧な言葉であなたを惑わし、あなたはその二枚舌を見抜くことも、その目的を識別することもできない。サタンはあなたを餌に食いつかせ、あなたはサタンを称賛し、その功績を礼賛することになる。これがサタンの常套手段ではないか。(その通りです。)次に、人間がサタンの醜悪な顔つきを見られるようにする、その他の言葉や表現を見てみよう。引き続き、聖書の聖句をいくつか読むことにする。

3.サタンとヤーウェ神の対話

ヨブ記 1:6-11 ある日、神の子たちが来て、ヤーウェの前に立った。サタンも来てその中にいた。ヤーウェは言われた、「あなたはどこから来たか」。サタンはヤーウェに答えて言った、「地を行きめぐり、あちらこちら歩いてきました」。ヤーウェはサタンに言われた、「あなたはわたしのしもべヨブのように全く、かつ正しく、神を恐れ、悪に遠ざかる者の世にないことを気づいたか」。サタンはヤーウェに答えて言った、「ヨブはいたずらに神を恐れましょうか。あなたは彼とその家およびすべての所有物のまわりにくまなく、まがきを設けられたではありませんか。あなたは彼の勤労を祝福されたので、その家畜は地にふえたのです。しかし今あなたの手を伸べて、彼のすべての所有物を撃ってごらんなさい。彼は必ずあなたの顔に向かって、あなたをのろうでしょう」。

ヨブ記 2:1-5 ある日、また神の子たちが来て、ヤーウェの前に立った。サタンもまたその中に来て、ヤーウェの前に立った。ヤーウェはサタンに言われた、「あなたはどこから来たか」。サタンはヤーウェに答えて言った、「地を行きめぐり、あちらこちら歩いてきました」。ヤーウェはサタンに言われた、「あなたは、わたしのしもべヨブのように全く、かつ正しく、神を恐れ、悪に遠ざかる者の世にないことを気づいたか。あなたは、わたしを勧めて、ゆえなく彼を滅ぼそうとしたが、彼はなお堅く保って、おのれを全うした」。サタンはヤーウェに答えて言った、「皮には皮をもってします。人は自分の命のために、その持っているすべての物をも与えます。しかしいま、あなたの手を伸べて、彼の骨と肉とを撃ってごらんなさい。彼は必ずあなたの顔に向かって、あなたをのろうでしょう」。

これらの二節はすべて、神とサタンの対話から成っており、神が述べたこととサタンが述べたことを記録している。神は多くを語らず、しかも簡潔に話した。神の簡潔な言葉の中に神の聖さを見ることができるだろうか。それは簡単ではないという人もいるだろう。ならば、サタンの返答にその醜悪さを見ることができるだろうか。まずは、ヤーウェ神がサタンにどのような質問をしたかを見てみよう。「あなたはどこから来たか」。この質問は明解ではないか。何か隠された意味はあるだろうか。いや、そのようなものはなく、これは単刀直入な質問に過ぎない。仮にわたしが「あなたはどこから来たか」と質問したなら、あなたがたはどのように答えるだろうか。答えるのが難しい質問だろうか。「地を行きめぐり、あちらこちら歩いてきました」などと答えるだろうか。(いいえ。)そのようには答えないはずだ。では、サタンがこのように答えたのを見て、あなたがたはどのように感じるだろうか。(サタンは愚かだけど、同時に狡猾だと感じます。)わたしがどのように感じているか、分かるだろうか。わたしはサタンのこの言葉を読むたびに嫌悪感を覚える。サタンは話しているが、その言葉には何の実質も伴っていないからだ。サタンは神の質問に答えただろうか。いや、サタンの言葉は答えではなく、何も生み出さなかった。神の質問に対する答えではなかったのだ。「地を行きめぐり、あちらこちら歩いてきました」。あなたはこの言葉をどう理解するだろうか。サタンはいったいどこから来たのか。あなたがたは答えを得ただろうか。(いいえ。)これがサタンの狡猾さの「天分」であり、実際に何を言っているのかを誰にも突き止めさせない。サタンがすでに答え終わっていても、この言葉を聞いたあなたは、サタンが何を言ったかいまだはっきり理解できない。それでもサタンは、自分は完璧に答えたと思い込んでいる。あなたはどう感じるだろうか。嫌悪を感じるだろうか。(はい。)あなたがたは今、これらの言葉を聞いて嫌悪を感じ始めている。サタンの言葉にはある種の特徴がある。サタンが言うことのせいであなたは頭をかきむしり、サタンの言葉がどこから生じたのかを見抜くことができない。サタンは、動機があって意図的に話すこともあれば、自身の本性に支配されてそうした言葉が勝手に生じ、サタンの口から一直線に出てくることもある。サタンはそうした言葉をじっくり考慮したのではなく、むしろ何も考えずに表すのだ。あなたはどこから来るのかと神が訊くや否や、サタンはいくつかの曖昧な言葉で答えた。あなたは大いに困惑し、サタンがいったいどこから来たのかを決して知ることがない。あなたがたの中に、このような話し方をする人はいるだろうか。これはどのような話し方か。(曖昧で、明確な答えを述べません。)このような話し方を表現するには、どういった言葉を使うべきか。それは偽りと惑わしである。違うだろうか。自分が前日に何をしたかを他人に知られたくない人を考えてみなさい。その人に、「昨日あなたを見かけたが、どこへ向かっていたのか」と質問をすると、その人は、どこへ行ったのかを直接答えない。むしろ、「昨日は大変な一日だった。本当に疲れ果ててしまった」などと答えるだろう。その人はあなたの質問に答えただろうか。答えてはいるが、あなたの求める答えではない。これが人間の巧妙な話し方に秘められた「天分」なのだ。このような人が何を言わんとしているのか、またその言葉の根源や意図を、あなたは決して突き止められない。相手が何を避けようとしているのか、あなたには分からない。なぜなら、彼らの心の中には独自の事情があるからだ。これは陰険なことである。あなたがたの中にも、このような話し方をしばしばする者がいるだろうか。(はい。)では、その目的は何か。自分の利益を守ること、あるいは自分の自尊心、地位、体面を保つこと、私生活の秘密を守ることが目的だろうか。目的が何であれ、それは自分の利益と不可分であり、利益に結びついている。これが人間の本性ではないのか。このような本性を持つ人はみな、サタンの家族ではなくても、密接に結びついている。そのように言えるだろう。そうではないか。一般的に、こうした表れは嫌悪される忌まわしいものである。あなたがたも今、嫌悪を感じているはずだ。(はい。)

最初の節をもう一度見ると、サタンは再びヤーウェの質問に答えて「ヨブはいたずらに神を恐れましょうか」と述べている。サタンはヤーウェによるヨブの評価を攻撃し始めるが、この攻撃は敵意の色を帯びている。「あなたは彼とその家およびすべての所有物のまわりにくまなく、まがきを設けられたではありませんか」。これが、ヨブに対するヤーウェの働きの、サタンによる理解と評価である。サタンはこのように評価し、「あなたは彼の勤労を祝福されたので、その家畜は地にふえたのです。しかし今あなたの手を伸べて、彼のすべての所有物を撃ってごらんなさい。彼は必ずあなたの顔に向かって、あなたをのろうでしょう」と言う。サタンは常に曖昧な話し方をするが、ここでは明確に述べている。しかし、明確に述べられたとはいえ、これらの言葉はヤーウェ神、そして神自身に対する攻撃であり、冒涜であり、反抗的な行為である。これらの言葉を聞いて、あなたがたはどう感じるだろうか。反感を抱くだろうか。サタンの意図を見抜けるだろうか。まず何より、神を畏れて悪を避ける人間、すなわちヨブに関するヤーウェの評価を、サタンは否定している。次に、ヨブの言動をすべて否定している。つまり、ヤーウェに対するヨブの畏れを否定しているのだ。これは非難ではないだろうか。サタンは、ヤーウェの言動をすべて非難し、否定し、疑っている。サタンはまったく信じず、「そのようなことを言うならば、どうしてわたしがそれを目撃していないのか。あなたはヨブに多くの祝福を与えたのだから、どうしてヨブがあなたを畏れずにいられようか」と言う。これは神の業をすべて否定しているのではないか。非難、否定、冒涜など、サタンの言葉は攻撃ではないか。サタンが心で考えることを真に表すものではないか。これらの言葉は、先に読んだ「地を行きめぐり、あちらこちら歩いてきました」という言葉と決して同じではなく、まったく違うものである。これらの言葉を通して、サタンは心の内、すなわち神に対する態度と、ヨブの神への畏れに対する嫌悪を完全に露わにしている。この時、サタンの悪意と邪悪な本性が完全に暴かれるのだ。神を畏れる者、悪を避ける者、そしてそれ以上に、人間に祝福を与えるヤーウェを、サタンは嫌悪する。サタンは、神が手ずから育てたヨブをこの機会に滅ぼしたいと考え、「ヨブはあなたを畏れ、悪を避けるとあなたは言うが、わたしはそう思わない」と言う。サタンは様々な方法でヤーウェを挑発して試しつつ、ヤーウェ神がヨブをサタンに引き渡し、サタンの意のままに翻弄させ、傷つけさせ、虐待させるよう、様々な策略を駆使する。サタンは、神の目から見て義であり完全なヨブを、この機会を利用して滅ぼしたいのだ。サタンがこのような心を持つのは、一時的な衝動のせいだろうか。いや、そうではない。これは以前から長く続いてきたことである。神は働きを行い、人を慈しみ、その人を見守るが、その間ずっと、サタンは神の後をつけている。神が誰を大事にしようと、サタンもその人に目をつけ、後をつけ回す。神がその人を求めると、サタンはあの手この手で神の邪魔をし、様々な邪悪な企みで神の業を試し、妨害し、挫折させようとするが、それはすべて自身の密かな目的を達成するためである。その目的とは何か。神が誰かを得ることを、サタンは欲していない。神が望むすべての人をサタンも求め、彼らを占有し、支配し、掌握することで、彼らにサタンを崇拝させ、自身と共に邪悪なことを行わせたいのである。これはサタンの悪意に満ちた動機ではないのか。あなたがたは、サタンは邪悪であまりにひどいとよく言うが、それを見たことがあるだろうか。あなたがたが目にできるのは、人間がいかにひどいかということだけで、サタンが実際どの程度邪悪かを見たことはない。しかし、ヨブに関するこの問題において、あなたがたはそれを見ただろうか。(はい。)この問題によって、サタンの醜悪な顔つきと本質が極めて明瞭になった。神と戦い、神をつけ回すサタンの目的は、神が行おうと望む働きをすべて粉砕し、神が得ようと望む者たちを占有して支配し、完全に消滅させることである。消滅させられることがなければ、彼らはサタンのものとなり、サタンに用いられる。これがサタンの目的である。では、神はどうするのか。この聖句では、神は簡潔な言葉を言うだけである。神がそれ以外に言ったことの記録はないが、サタンの言動についてはそれ以外にも、多数の記録があることが分かる。続く聖句で、ヤーウェがサタンに「あなたはどこから来たか」と訊ねる。サタンは何と答えたか。(ここでも「地を行きめぐり、あちらこちら歩いてきました」と答えています。)ここでも同じ言葉である。それがサタンの標語、サタンのしるしとなったのだが、いったいどういうわけだろうか。サタンは憎しみに満ちていないだろうか。この忌まわしい言葉は、一度口にするだけで十分だ。なぜサタンはひたすらそれを繰り返すのか。これはあることを証明している。つまり、サタンの本性は不変だということだ。サタンは仮面を被って自身の醜悪な顔を隠すことができない。神はサタンに質問し、サタンはそのような答え方をする。そうであるなら、サタンが人々をどう扱うか想像してほしい。サタンは神を怖がることも、畏れることもなく、神に服従することもない。そのため、神の前でも無闇に厚かましく、同じ言葉を使って神の質問をはねつけ、同じ答えを繰り返し、その答えによって神を困惑させようと試みる。これがサタンの醜悪な顔である。サタンは神の全能を信じず、神の権威を信じず、神の支配に進んで服従するなど間違ってもあり得ない。サタンは絶えず神に敵対し、神が行うすべてのことをひたすら攻撃し、神が行うすべてのことを粉砕しようとしている。これがサタンの邪悪な目的である。

ヨブ記に記されているように、サタンが発した言葉のこれら二節と、サタンが行ったことは、六千年にわたる神の経営計画における、サタンによる神への反抗を表しており、ここにサタンの正体が明かされている。あなたは実際の生活において、サタンの言動を見たことがあるだろうか。見たとしても、サタンによって語られる物事だとは思わず、人間が語る物事だと思うことがあるかもしれない。そうした物事を人間が語るとき、それは何を表しているのか。それはサタンを表している。たとえ認識したとしても、サタンが実際にそれを語っているとは気づけない。しかし、今ここで、サタン自身が語った言葉をはっきり見た。今やあなたは、サタンの醜悪な顔つきと邪悪さをはっきりと、明確に理解したのだ。サタンが述べたこれら二節は、現在の人々がサタンの本性を認識できるようにする上で、何らかの価値があるだろうか。これら二節は、現在の人類がサタンの醜悪な顔と元来の真の顔を認識できるようになるために、慎重に保持する価値があるものだろうか。このような言葉は適切ではないと思うかもしれないが、こうして表現するのがやはり正確だと言えるだろう。事実、わたしはこうした形でしかこの考えを表現できないし、あなたがたが理解できるならそれで十分である。ヤーウェが行うことをサタンは何度も攻撃し、ヤーウェ神に対するヨブの畏れを非難する。サタンは様々な方法でヤーウェを挑発し、ヨブに対する試みをヤーウェが大目に見るように仕向けようとする。したがって、サタンの言葉は極めて挑発的な本性を持つ。それならば、ひとたびサタンがこれらの言葉を述べたなら、神にはサタンのしたいことが明瞭に見えるだろうか。(はい。)神の心の中では、神が見守るヨブというこの男、この神のしもべ、神が義なる人とみなすヨブは、この種の試みに耐えられるか。(はい。)それについて、神がそれほど確信しているのはなぜか。神は常に人間の心を調べているのか。(はい。)サタンもまた、人間の心を調べることができるのか。サタンにはできない。たとえあなたの心が見えたとしても、その邪悪な本性のために、聖さが聖さであることも、下劣さが下劣さであることも、サタンは決して信じることができない。邪悪なサタンは、聖いもの、義なるもの、光あるものを決して大切にすることができない。自身の本性と邪悪さにしたがって、また自身の常套手段を通じて、ひたすら行動せずにはいられないのだ。神から懲罰を受けたり滅ぼされたりする代償を払ってでも、頑なに神に反抗することを辞さないのである。これが邪悪であり、サタンの本性である。そうしたわけで、サタンはこの聖句で、「皮には皮をもってします。人は自分の命のために、その持っているすべての物をも与えます。しかしいま、あなたの手を伸べて、彼の骨と肉とを撃ってごらんなさい。彼は必ずあなたの顔に向かって、あなたをのろうでしょう」と言うのである。神に対する人間の畏れは、人間が神から多くの利益を得ていることに起因すると、サタンは考えている。人間は神から利益を得ているので、神は善良であると言う。しかし、人間が神をそのように畏れるのは、神が善良だからではなく、人間が神から多くの利益を得ているために他ならない。神がひとたび人間から利益を奪ったなら、人間は神を見捨てる。サタンはその邪悪な本性の中で、人間の心が真に神を畏れることができるとは信じない。その邪悪な本性のため、サタンは聖さが何かを知らず、ましてや畏れ敬うことなど知る由もない。神に従うとはどういったことかを知らず、神を畏れるとはどういったことかも知らない。サタンはそれらの事柄を知らないので、人間も神を畏れることはできないと考える。どうだろう、サタンは邪悪ではないか。わたしたちの教会を除き、様々な宗教や教派、あるいは宗教団体や社会団体のうち、神の存在を信じているものはなく、ましてや神が肉となり、裁きの働きを行っているとは信じていない。そのためこのような者たちは、あなたが信じているのは神でないと考える。淫乱な人は周囲を見回し、他人もみな自分と同じくらい淫乱だと思い込む。嘘つきが周囲を見回すと、そこには不誠実と嘘しか見えない。邪悪な人は、他人もみな邪悪であると考え、誰と出会っても争おうとする。比較的誠実な人は、他人もみな誠実であると考えるので、いつも騙され、常に裏切られ、なす術がない。わたしがこれら少数の例を挙げるのは、あなたがたの確信を強めるためである。サタンの邪悪な本性は一時的な衝動でも、状況によって左右されるものでもなく、何らかの理由や背景から生じる一時的な徴候でもない。絶対に違う。サタンはそのようでしかいられないのだ。サタンは善良なことが一切できない。耳に心地よいことを言ったとしても、それはただあなたを誘惑するためである。心地よければよいほど巧妙であり、言葉が優しければ優しいほど、その背後に隠された腹黒い意図が悪意に満ちたものになる。これら二節において、サタンはどのような顔と本性を見せているだろうか。(陰険、悪意、邪悪さです。)サタンのおもな特徴は邪悪さであり、他の何にも増して邪悪で悪意に満ちている。

サタンについての話が終わったので、わたしたちの神について再び話し合おう。六千年にわたる神の経営計画において、神の直接的な発言のうち、聖書に記録されたものはほとんどなく、記録されているものは極めて簡潔である。それでは、最初の時から始めよう。神は人間を造り、それ以来、人類の生活を導いてきた。人類に祝福を授けるにしても、人間のために律法や神の戒めを定めるにしても、あるいは生活の様々な規則を定めるにしても、神はそれらを行う中でどういった目的を意図しているのか、あなたがたは知っているだろうか。まず、神が行うことはすべて人類の益のためだと、確信を持って言えるだろうか。こうしたことは、もったいぶった空虚な言葉だと、あなたがたには思われるかもしれない。しかしそこにある詳細を検証してみると、神が行うすべてのことは、人間が普通の生活を営むように率い、導くためではないだろうか。それによって人間が神の規則に従うようになるか、神の律法を守るようになるかにかかわらず、神の目的は、人間が転落してサタンを崇拝するようになるのを防ぐこと、そしてサタンに害されないようにすることである。これは最も基本的なことで、一番最初に行われたことである。人間が神の旨を理解していなかった最初の時、神は簡単な律法と規則を生み出し、考え得るすべての事柄を網羅する規定を定めた。これらの規定は簡単なものだが、その中には神の旨が含まれている。神は人類を大切にし、いつくしみ、心から愛している。では、神の心は聖いと言えるだろうか。神の心は清浄であると言えるだろうか。(はい。)神には他の意図があるだろうか。(いいえ。)ならば、神のこの目的は正しく、前向きなものだろうか。神の働きの過程において、神が定めたすべての規定は人間にとって前向きな効果があり、人間のために道を導く。では、神の念頭には利己的な考えがあるだろうか。人間が関わるところで何か別の目的があるだろうか。人間を何らかの形で利用したいと思っているだろうか。そのようなことは一切ない。神は言った通りのことを行い、その言動は心の中の思いと一致している。何らかの目的や利己的な考えで汚されていることはない。神が行うことはどれも自身のためではなく、何を行おうともそれは人間のためであり、自分自身の目標は一切含まれていない。神には人間を対象とする計画や意図があるものの、そのどれも自分自身のためではない。神が行うすべてのことは純粋に人間のためであり、人類を守り、人類が誤った道へと迷い込まないようにするためのものである。神のこの心は貴重ではないか。この貴重な心をほのめかすものが一抹でもサタンに見られるだろうか。それをほのめかすものはサタンに一切見られない。そのようなものはまったく見られないのだ。神が行うことは、すべて自然に明示される。ここで神の働き方に目を向けてみよう。神はどのように自身の働きを行うのか。これらの律法や言葉を、あたかも緊箍呪[a]のように、一人ひとりの頭にきつく結び付け、すべての人に強制するだろうか。神はそのように働くのか。(いいえ。)では、神はどのように自身の働きを行うのか。神は脅迫するだろうか。あなたがたに語りかけるとき、回りくどい話し方をするだろうか。(いいえ。)あなたが真理を理解できないとき、神はどのように導くのか。神はあなたに光を照らし、それをすることは真理に一致していないとはっきり伝え、それからなすべきことを明確に伝える。神が働くこれらの方法から、あなたは神とどのような関係にあると感じるだろうか。神は手の届かない存在だと感じるだろうか。(いいえ。)それでは、神が働くこれらの方法を見て、どう感じるのか。神の言葉はひときわ現実的で、神と人間との関係も並外れて正常である。神は極めてあなたに近く、あなたと神とのあいだに距離はない。神があなたを導くとき、あなたに施すとき、あなたを助けて支えるとき、あなたは神の優しさと、神がかき立てる畏敬の念を感じ、神の愛おしさと温かさを感じる。では、神があなたの堕落を咎めるとき、あるいは神に背いたことについて、あなたを裁いて懲らしめるとき、どのような方法を用いるか。神は言葉で咎めるのか。環境、人々、出来事、物事などを通して懲らしめるのか。(はい。)神はあなたをどの程度まで懲らしめるのか。サタンが人間を害するのと同じ程度まで、神は人間を懲らしめるのか。(いいえ、神が人間を懲らしめるのは、人間が耐えられる程度までです。)神は、優しく、繊細で、愛に溢れ、思いやりのある方法で、また並外れて配慮された適切な方法で働きを行う。神の方法は、「神はわたしにこれをさせるべきだ」とか、「神はわたしにあれをさせるべきだ」といった強い感情的な反応を、あなたの中でかき立てることはない。物事を耐えがたくするような激しい精神状態や感情を、神があなたにもたらすことはないのである。そうではないか。神の裁きと刑罰の言葉を受け入れるときでさえ、あなたはどのように感じるだろうか。神の権威と力を感じ取るとき、あなたはどう感じるだろうか。神は神聖で侵せざる存在だと感じるだろうか。そのようなとき、自分と神とのあいだに距離を感じるだろうか。神に対する恐怖を感じるだろうか。いや、感じない。むしろ、神に対する畏敬の念を感じる。人がそうしたことを感じるのは、神の働きのおかげではないのか。働いているのがサタンだとしたら、人間はこうした感情を抱くだろうか。絶対に抱かない。神は、神の言葉、神の真理、神のいのちを用いて、絶えず人間に施し、人間を支える。人間が弱いとき、落ち込んでいるとき、神は決して厳しい言い方をしない。「落ち込むな。なぜ落ち込んでいるのか。なぜ弱いのか。何が理由で弱っているのか。あなたは常にとても弱く、いつも否定的だ。生きていることに何の意味があるのか。死んで終わりにしてしまえ」などとは絶対に言わないのだ。神はこのように働くだろうか。(いいえ。)神にはこのように振る舞う権威があるのだろうか。そう、神にはそうした権威がある。しかし、神はそのように振る舞わない。神がそのように振る舞わないのは、神の本質、神の聖さの本質のためである。神が人間を愛し、大切にし、いつくしむことは、わずか一行や二行で明確に表現できることではない。それは人間の誇りによってもたらされるものではなく、神が実際の実践において生み出すものである。つまりそれは、神の本質の明示なのである。神が働くこれらすべての方法によって、人間は神の聖さを見るだろうか。神の善意、神が人間にもたらしたい効果、神が人間に働きかけるために用いる様々な方法、神が行う働きの種類、神が人間に理解させたいことなど、神が働くこれらすべての方法において、神の善意に何らかの邪悪さや狡猾さを見たことがあるだろうか。(ありません。)ならば、神が行うすべてのこと、神が述べるすべてのこと、神が心の中で思うすべてのこと、また神が表すすべての本質において、神を聖いものと呼ぶことができるだろうか。(はい。)この聖さを俗世において、あるいは自分自身の中に見たことがある人間はいるだろうか。神は別として、人間やサタンの中に聖さを見たことがあるだろうか。(ありません。)ここまでの話し合いから、神を唯一無二の聖い神自身と呼ぶことができるだろうか。(はい。)神の言葉、神が人間に働きかける様々な方法、神が人間に語ること、人間に思い起こさせること、助言し、励ますことを含め、神が人間に施すものはすべて一つの本質に由来する。つまり神の聖さである。そのような聖い神が存在しなければ、神に代わって神の働きを行える人間は誰一人いない。神がこれらの人々をすっかりサタンに引き渡したなら、自分たち全員が今日どのような状況に置かれていたか、あなたがたは考えたことがあるだろうか。全員無傷でここに座っていただろうか。あなたがたも「地を行きめぐり、あちらこちら歩いてきました」などと言うだろうか。神の前で厚かましく、自信たっぷりに、恥ずかしげもなく、そのようなことを語り、自慢するだろうか。疑いの余地なく、絶対にそうするだろう。人間に対するサタンの態度により、サタンの本性と本質が神のそれとまったく異なることを、人間は理解できる。サタンの本質のどこが、神の聖さと正反対なのか。(サタンの邪悪さです。)サタンの邪悪な本性は、神の聖さと正反対である。神のこの顕示と神の聖さの本質を大部分の人が認識しないのは、彼らがサタンの支配下で、サタンの堕落の中で、サタンの生活圏の中で生きているからである。彼らは、聖さとは何かを知らず、聖さをどう定義するかも分からない。たとえ神の聖さに気づいても、それが神の聖さであるとは断定できない。これこそ、神の聖さについて、人間の認識の中にある相違なのである。

人間に対するサタンの働きは、どういった代表的な特徴を示しているだろうか。あなたがたは、それがサタンの最も代表的な特徴、繰り返し行うこと、人間一人ひとりに行おうとすることであると、自分自身の経験を通じて理解できるようにならなければならない。あなたがたにはおそらくこの特徴が見えないので、サタンが極めて恐ろしく、憎らしいものとは感じない。この特徴が何であるか、誰か知っているだろうか。(サタンのすることはすべて、人間に害を与えます。)サタンはどのようにして人間を害するのか。もっと具体的に詳しく答えられるだろうか。(サタンは人間を惑わし、誘い、試します。)その通り。それらは、この特徴が現れているいくつかの側面である。サタンはまた、人間をたぶらかし、攻撃し、非難する。そのすべてがそこに現れているのだ。それ以外に何かあるだろうか。(サタンは嘘をつきます。)欺瞞と嘘はサタンが最も自然に行うものである。サタンはそうしたことを頻繁にするので、口から嘘が流れ出し、考える必要すらない。他にはどうか。(サタンは不和の種を蒔きます。)それは、さほど重要ではない。これから、あなたがたを戦慄させることを説明するが、あなたがたを怖がらせるためにそうするのではない。神は人間に働きかけ、態度と心の両方において人間を大切にする。逆に、サタンは人間を大切にするか。サタンは人間を大切にしない。反対に、サタンは人間を傷つけることばかり考えている。そうではないか。サタンが人間を傷つけることを考えているとき、その精神状態は差し迫ったものだろうか。(はい。)人間に対するサタンの働きについて言えば、サタンの悪意ある邪悪な本性を十分に言い表し、あなたがたがサタンの憎らしさをまさに認識できるようにする二つの語句がある。人間に対する接し方において、サタンはいつも強制的に一人ひとりの人間を占有し、一人ひとりの人間に取り憑き、完全に支配して害を及ぼせるまでになる。それによってサタンの目的は果たされ、無謀な野望が満たされる。「強制的に占有する」とはどういう意味か。それはあなたの同意の上で起きることか、それとも同意なしで起きることか。あなたが知っている状態で起きることか、それとも知らないうちに起きることか。まったく知らないうちに起きるというのが答えである。あなたが意識していない状況において、それは起きる。その際、サタンはおそらくあなたに何も言わず、何も行わず、前提や背景もない。サタンはそこにいてあなたを取り囲んでいるのだ。サタンは利用する機会を探しており、それからあなたを強制的に占有し、あなたに取り憑いた上で、あなたを完全に支配して危害を加えるという目的を果たす。これが、サタンが神から人間を奪い取ろうと格闘する際の、典型的な意図と振る舞いなのである。これを聞いてどう感じるだろうか。(心からぞっとして恐ろしいと感じます。)嫌悪を感じるだろうか。(はい。)そうした嫌悪を感じるとき、サタンは恥知らずだと思うだろうか。サタンは恥知らずだと思うとき、あなたがたの周囲にいて、あなたがたを常に支配しようとする人々、地位や利益への並外れた野心を持つ人々に嫌悪を感じるだろうか。(はい。)それでは、強制的に人間に取り憑き、占有するために、サタンはどのような方法を用いるのか。あなたがたは、これについて明確に理解しているだろうか。「強制的な占有」そして「取り憑く」という二つの語を聞くと、あなたがたは嫌悪感を覚え、これらの言葉について邪悪さを感じる。あなたの同意なしに、かつあなたが知らないうちに、サタンはあなたに取り憑き、強制的に占有して堕落させる。あなたは心でどう感じるか。憎悪と嫌悪を感じるか。(はい。)サタンのこうした方法に対して憎悪や嫌悪を感じるとき、神に対してどのような感情を持つだろうか。(感謝の気持ちです。)救われたことで、神に感謝する。それでは今この瞬間、自分が持つものと自分そのものをすべて神に委ね、支配させる希望や意向があなたにあるだろうか。(はい。)どのような背景があって、そう答えるのか。あなたはサタンに強制的に占有され、取り憑かれるのを恐れて「はい」と言うのか。(はい。)そのような考え方は正しくないので、持ってはいけない。神がここにいるのだから、恐れることはない。何も恐れることはないのだ。ひとたびサタンの邪悪な本質を理解したなら、人間に対する神の愛、善意、憐れみ、寛大さ、そして神の義なる性質についてより正確に理解したり、もっと大切にしたりするはずだ。サタンは憎しみに満ちているが、それによって神への愛が呼び覚まされず、神にすがって委ねる気にもなれないなら、あなたはどのような人間だろうか。サタンからそのように害されるのを許すつもりか。サタンの邪悪さと醜悪さを検討したので、次に視点を変えて神について検討しよう。神に関するあなたの認識は、何らかの変化を経ただろうか。神は聖いと言えるだろうか。神は完璧だと言えるだろうか。「神は唯一無二の聖さである」。神はそう称するにふさわしいだろうか。(はい。)それではこの世で、そして万物の中で、人間が神について抱く認識にふさわしいのは、神自身だけではないのか。他に誰がいるだろうか。(いません。)なら、神は人間にいったい何を施すのか。あなたが気づかないうちに、配慮や思いやり、気遣いを少し施すだけなのか。神は人間に何を与えてきたか。神は無条件に、何も要求せずに、隠された意図もなく、人間にいのちを与え、あらゆるものを与え、そのすべてを授けてきた。神は、真理、自身の言葉、自身のいのちを用いて人間を率い、そして導き、サタンの危害、試し、惑わしから人間を遠ざけ、人間がサタンの邪悪な本性と醜悪な顔を明瞭に見抜けるようにする。人類に対する神の愛と配慮は真実だろうか。それは、あなたがたの一人ひとりが経験できることだろうか。(はい。)

今までの人生を振り返り、信仰生活の年月において神があなたに行ったことを顧みてみなさい。それによってかき立てられる感情が深いか浅いかにかかわらず、それは最も必要だったものではないのか。あなたが最も入手しなければならなかったものではないのか。(そうです。)それは真理ではないのか。それはいのちではないのか。(そうです。)神はかつて、あなたに啓示を授けた後、自分が授けたすべてのものの見返りとして何かを自分に与えるよう求めたことがあるだろうか。(ありません。)それでは、神の目的は何か。なぜ神はこのようなことをするのか。神にもあなたを占有するという目的があるのか。(いいえ。)神は人間の心の中における玉座に昇りたいのか。(はい。)ならば、神が玉座に昇ることと、サタンの強制的な占有との違いは何か。神は人間の心を得ること、人間の心を占有することを望んでいるが、これはどういう意味だろうか。人間が神の操り人形や機械のようになることを、神が望んでいるということか。(いいえ。)では、神の目的は何か。神が人間の心を占有したいと思っていることと、サタンが強制的に人間を占有し、取り憑くこととのあいだには、相違点があるだろうか。(はい。)その違いは何か。はっきり答えることができるだろうか。(サタンが力によってそうする一方、神は人が自主的にそうするようにします。)それが違いなのか。神にとってあなたの心は何の役に立つだろうか。また、神にとってあなたを占有することは何の役に立つだろうか。あなたがたは、「神が人間の心を占有する」ことを、心の中でどのように理解しているのか。ここで神のことをどう話すかについては、公平でなければならない。そうしなければ、必ず人々は誤解して、「神は常にわたしを占有したがっている。神がわたしを占有したい理由は何か。わたしは占有されたくない。わたしはただ自分自身の主人でありたい。サタンは人間を占有すると言うが、神もまた人間を占有する。どちらにしても同じではないか。わたしは誰にもわたしを占有させたくない。わたしはわたし自身だ」などと考える。ここでの違いは何か。しばらく考えてみなさい。あなたがたに尋ねるが、「神が人間を占有する」というのは、空虚な表現だろうか。神による人間の占有とは、神があなたの心の中で生き、あなたの一語一句、一挙一動を支配するという意味なのか。神があなたに座れと言えば、あえて立とうとはしないのではないか。神が東へ行けと言えば、あえて西には行かないのではないか。この「占有」とは、そのようなことを指しているのか。(違います。神は、神が持つものと神そのものを人間が生きるように望んでおられます。)神が人間を経営してきた年月のあいだ、この最後の段階において現在に至るまでの、神による人間への働きの中で、神が語ったすべての言葉は、人間に対してどのような効果をもたらすことを意図していたのか。神が持つものと神そのものを、人間が生きることか。「神は人間の心を占有する」という言葉の文字通りの意味を検討すると、それはあたかも、神は人間の心を取り、それを占有し、そこで生きて二度と出てこないことのように思われる。すなわち神が人間の心の主人となり、人間の心を思いのままに支配し操作して、人間が神の命じることを何でも行なわざるを得なくさせる、ということだ。その意味では、すべての人間が神となり、神の本質と性質を持てるかのように思われるだろう。ならばこの場合、人間もまた神の業を実行することができるだろうか。「占有」をこのように説明できるだろうか。(いいえ。)では、それは何か。あなたがたに尋ねよう。神が人間に施す言葉と真理はすべて、神の本質、および神が持つものと神そのものの顕示なのか。(はい。)それは間違いなく真実である。しかし、神が人間に施す言葉のすべてを、神自身が実践して所有するのは、不可欠なことなのか。それを少し考えてみなさい。神が人間を裁くとき、神はなぜ裁くのか。その言葉はどのように生まれたのか。神が人間を裁くときに語る言葉は、どのような内容なのか。それらは何に基づいているのか。人間の堕落した性質に基づいているのか。(はい。)では、人間に対する神の裁きによって達成される効果は、神の本質に基づいているのか。(はい。)ならば、神による「人間の占有」は、空虚な語句なのか。そんなはずはない。それでは、なぜ神はこのような言葉を人間に述べるのか。これらの言葉を神が述べる目的は何か。神はこれらの言葉を使って人間のいのちにしたいのか。(はい。)神はこれらの言葉で語ったこの真理のすべてを使い、人間のいのちとして機能させたいと思っている。人間がこの真理のすべてと神の言葉を受け取り、それを自分自身のいのちへと変換させるとき、人間は神に服従することができるのか。そのとき人間は神を畏れることができるのか。そのとき人間は悪を避けることができるのか。この地点に達したとき、人間は神の主権と采配に従うことができるのか。そのとき人間は神の権威に服従する位置にあるのか。ヨブやペテロのような人がその道の最後に到達し、いのちが成熟に達したと見なすことができるとき、そして彼らが真に神を理解したとき、サタンはそれでも彼らを連れ去ることができるのか。サタンは依然として彼らを占有することができるのか。サタンは依然として彼らに無理矢理取り憑くことができるのか。(できません。)では、それはどのような人間か。完全に神のものとされた人間か。(はい。)この段階の意味において、完全に神のものとされたこのような人を、あなたがたはどのように見るだろうか。神の視点から見れば、この状況の下、神はこの人の心をすでに占有している。しかし、この人は何を感じるだろうか。神の言葉、神の権威、神の道が人間の中でいのちとなり、そしてこのいのちが人間の存在全体を占有し、その人が生きる物事とその人の本質を、神を満足させるのに適したものにするということなのか。神の視点から見て、この瞬間の人類の心は、神に占有されているのか。(はい。)あなたがたは今、この水準の意味をどのように理解しているのか。あなたを占有するのは神の霊か。(いいえ、わたしたちを占有するのは神の言葉です。)神の道、神の言葉があなたのいのちとなったのであり、真理があなたのいのちとなった。このとき、人間は神に由来するいのちを有しているが、このいのちが神のいのちであるとは言えない。言い換えるなら、人間が神の言葉から引き出すべきいのちは、神のいのちであるとは言えないのだ。したがって、人間がいかに長く神に付き従っても、いかに多くの言葉を神から得ても、決して神にはなれないのである。たとえ神がある日、「わたしはあなたの心を占有した。あなたは今やわたしのいのちを持っている」と言ったとしても、あなたは自分が神だと感じるだろうか。(感じません。)ならば、あなたはどうなるのか。神に対して絶対的に服従するのではないか。あなたの心は、神があなたに授けたいのちで満たされるのではないか。これは、神が人間の心を占有するときに起きることの、極めて普通の表れである。これは事実である。ではこの観点から見て、人間は神になることができるだろうか。神の言葉の現実を生きることができ、神を畏れて悪を避ける人になったとき、人間は神のいのちの本質と聖さを自分のものにすることができるだろうか。絶対にできない。何があったとしても、結局のところ人間はやはり人間なのだ。あなたは被造物である。あなたが神から神の言葉と神の道を受け取ったとき、あなたは神の言葉に由来するいのちを持つだけで、神に称えられる人にはなっているが、神のいのちの本質を持たず、まして神の聖さなどはない。

ここで先ほどの話題に戻ろう。その話し合いのあいだ、わたしはあなたがたにある質問をした。アブラハムは聖なる存在か。ヨブは聖なる存在か。(いいえ。)この「聖さ」は神の本質と性質を表しており、人間は遠く及ばない。人間は神の本質も性質も有していない。たとえ神の言葉をすべて経験し、それらの現実を備えたとしても、人間は依然として神の聖なる本質を自分のものにすることができない。人間は人間なのだ。これは理解しているだろう。では、「神が人間の心を占有する」という表現を、あなたがたは今どのように理解しているだろうか。(神の言葉、神の道、神の真理が人間のいのちとなるということです。)あなたがたはこの言葉を記憶した。あなたがたがさらに深い認識を得ることを、わたしは願う。中には「それではなぜ、神の使いや天使が聖なる存在ではないと言うのか」と質問する人がいるかもしれない。この質問について、あなたがたはどう考えるだろうか。おそらくこれまで、こんなことは考えたことがないかもしれない。ここで簡単な例を使おう。ロボットを起動させると、そのロボットは踊って話すことができ、あなたはそのロボットが言うことを理解できる。あなたはそのロボットをかわいいとか生き生きしているなどと言うかもしれないが、ロボットにはそれが理解できない。なぜならロボットには命がないからである。ロボットは電源を切っても動くことができるか。ロボットが起動しているときは、生き生きとしてかわいいものとして見ることができる。実質的にであれ、あるいは表面的にであれ、あなたはロボットを評価するが、いずれにせよ、ロボットが動いているのを見ることができる。しかし、ロボットの電源を切ったとき、そこに何らかの個性が見られるだろうか。何らかの本質を有しているのが見えるだろうか。わたしが言っていることの意味が分かるだろうか。つまり、このロボットは動いて止まることができても、何らかの本質があると言うことは決してできない。これは事実ではないか。今、これについてはこれ以上話さない。あなたがたがその意味についての一般的な知識を持っていれば十分である。これでわたしたちの交わりを終わる。ごきげんよう。

2013年12月17日

脚注

a.「緊箍呪」は中国の小説『西遊記』の中で三蔵法師が使った呪文である。三蔵法師はこの呪文を使い、孫悟空の頭にはめられた金属の輪を締め上げ、激しい頭痛を生じさせることで彼を操り支配下に置いた。そこからこの表現は、人を縛るものを表す比喩になった。

前へ: 唯一無二の神自身 3

次へ: 唯一無二の神自身 5

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

あなたは全人類がこれまでどのように発展してきたかを知らねばならない

六千年にわたって行われてきた働きは、その全体が時代とともに徐々に変化してきた。この働きに見られる変化は、世界全体の情勢と、人類の全体的な発展の傾向に基づいて起こったものであり、経営の働きはただそれらに従って徐々に移り変わってきたのである。創世の当初からすべてが計画されていたわけで…

働きと入ること(3)

神は人間に多くを託し、無数の方法で人間の入りについて述べてきた。しかし、人々の素質が極めて乏しいため、神の言葉の多くは根づかなかった。人間の素質が乏しいことには様々な理由がある。たとえば、人間の思考や道徳の堕落、適切な養育の欠如、人の心を強く支配する封建的迷信、人間の心の奥底に多…

唯一無二の神自身 1

神の権威(1)過去数回の交わりは、神の働き、神の性質、そして神自身に関するものでした。これらの交わりを聞いて、神の性質についての理解と認識を得たと思いますか。どの程度の理解と認識を得ましたか。それを数え上げることはできますか。これらの交わりによって、神に関するより深い理解を得られ…

第十八章

稲光の中、すべての動物は真の姿を明らかにする。そして、わたしの光に照らされて、人間もまた、かつての聖さを取り戻した。ああ、過去の堕落した世界よ。それはついに汚い水の中へと崩れ去り、水面の下に沈み、溶けて泥となった。ああ、わたしの創った全人類が、ついに再び光の中でよみがえり、存在の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索