105 神の前に生きる私は幸せ

兄弟姉妹は神の言葉を享受し

神の御前で幸せに生きる

神の言葉について交わり

真理の認識が現実的になる

宗教的観念は取り除かれ

神の言葉は真理であると知る

子羊の婚宴に列席し

心は比類なき喜びに満ちる

神の裁きを経験した私たちは

清められ 実践の神を知っている

私たちは宗教儀式だけに従い 信仰は曖昧だった

終わりの日のキリストが今 言葉を語る

それによって私たちは施され 牧された それは現実だ

真理を知って 自由になり 神の御前に生きる

兄弟姉妹は神の言葉を享受し

神の御前で幸せに生きる

私たちは真理について交わって 自分が傲慢で

偽りで 人間らしくないと知った

自分が嫌になり 肉に背く

真理を実践して神を喜ばせようと決意する

誠実になり 言行を一致させる

ああ 心に感じる 何という甘美さ

サタンの哲学も 偽りもない

ひとつになって 真理に従い 神の言葉において成長する

互いに愛し助け合い 真理に則して振る舞う

神への愛を実践し しっかり本分を尽くす

私たちは人間らしく生き

神の栄光をたたえ 証しする

兄弟姉妹は神の言葉を享受し

神の御前で幸せに生きる

神の言葉は苦難や試練の中で我らを導く。

残忍な赤い大きな竜は神の引き立て役

神の全能と知恵を知った私たちは

いつも堅く信仰に立って従う

あらゆる試練と苦難を通して

神を知り 救われた

キリストの苦しみ 神の国と忍耐に

あずかれることは 神の優しさ

神の民が成熟するにつれ

赤い大きな竜は更に崩れる

神の言葉は全うされ

キリストの国が地上にある 私たちは神をいつも讃美する

兄弟姉妹は神の言葉を享受し

神の御前幸せに生きる

前へ: 104 私は神の御前で生きる

次へ: 106 神の愛を得てまことに幸せだ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索