神についての真の認識を持つ人を神は獲得する

神の性質と神がどのような存在であるかに関する認識は、人間に対して肯定的な影響を与える。そうした認識は、人々の神に対する信頼を高め、人々が神に対して真に服従し、神を畏れるようになる上で役立つ。したがって、人々はもはや盲目な信者でも、神を盲目に礼拝しているだけでもなくなる。神は、愚か者や、大衆に盲目に追随するだけの者を望まず、心で神の性質を明瞭に理解し認識し、神を証する存在として行動し、神の愛、神の中にあるもの、神の存在、神の義なる性質ゆえに、決して神を捨てない者の集団を望む。


神に従う者として、心に不明瞭な点がある場合、あるいは神の真の存在、神の性質、神の中にある物事、神の存在、人間を救う神の計画に関して曖昧な点や混迷している部分がある場合、あなたの信仰は、神の称賛を得ることはできない。神は、そうした人々が自分に従うことを望んでおらず、そうした人々が自分の前に来るのを好まない。そうした人々は神を理解せず、心を神に委ねることができず、神に対して心が閉ざされているので、そうした人々の神に対する信仰は不純に満ちている。そうした人々の神に対する信仰は、盲目としか言いようがない。


人々は、神に関する真の理解と認識を持ち、それによって神に対する真の服従と畏敬の念が生まれた場合に、真の信仰を得て、真の従者となり得る。人々が神に心を委ね、心を開くのは、この方法によるほかは不可能である。神はそれを望んでいる。なぜなら、こうした人々の行動や思考のすべてが神の試練に耐え、神を証することができるからである。人々が神に心を委ね、心を開くのは、この方法によるほかは不可能である。神はそれを望んでいる。なぜなら、こうした人々の行動や思考のすべてが神の試練に耐え、神を証することができるからである。


『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 3」より編集

前へ: 神は人が神を知り理解することを願っている

次へ: 神を知ることは人類への最後の要求

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

神は天におり、地にもいる

地にいる時の 神は 人の心の中の 実際の神 天にいる時の 神は あらゆる被造物の 支配者 かつて神は 山と海を巡り 人類の間を そっと歩んで来た 誰が逆らえよう 実際的な神に 誰が逃れられよう その支配から 誰が言い切れよう 神は天にいるのだと 誰が言い切れよう 神は地にいる…

あなたの苦しみがどんなに大きくても神を愛することを求めよ

今日の神の働きが どれほど価値あるものか 理解するべきだ 多くの人はそれを知らず 苦しみには価値がないと思う 彼らは信仰ゆえに虐げられ 世に避けられ家庭でも悩みがある 彼らの未来はあまりに暗く 苦しみのあまり死を望む者もいる こんなことで神への愛を示せるか! このような者に…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索