神についての真の認識を持つ人を神は獲得する

神の性質と神がどのような存在であるかに関する認識は、人間に対して肯定的な影響を与える。そうした認識は、人々の神に対する信頼を高め、人々が神に対して真に服従し、神を畏れるようになる上で役立つ。したがって、人々はもはや盲目な信者でも、神を盲目に礼拝しているだけでもなくなる。神は、愚か者や、大衆に盲目に追随するだけの者を望まず、心で神の性質を明瞭に理解し認識し、神を証する存在として行動し、神の愛、神の中にあるもの、神の存在、神の義なる性質ゆえに、決して神を捨てない者の集団を望む。

神に従う者として、心に不明瞭な点がある場合、あるいは神の真の存在、神の性質、神の中にある物事、神の存在、人間を救う神の計画に関して曖昧な点や混迷している部分がある場合、あなたの信仰は、神の称賛を得ることはできない。神は、そうした人々が自分に従うことを望んでおらず、そうした人々が自分の前に来るのを好まない。そうした人々は神を理解せず、心を神に委ねることができず、神に対して心が閉ざされているので、そうした人々の神に対する信仰は不純に満ちている。そうした人々の神に対する信仰は、盲目としか言いようがない。

人々は、神に関する真の理解と認識を持ち、それによって神に対する真の服従と畏敬の念が生まれた場合に、真の信仰を得て、真の従者となり得る。人々が神に心を委ね、心を開くのは、この方法によるほかは不可能である。神はそれを望んでいる。なぜなら、こうした人々の行動や思考のすべてが神の試練に耐え、神を証することができるからである。人々が神に心を委ね、心を開くのは、この方法によるほかは不可能である。神はそれを望んでいる。なぜなら、こうした人々の行動や思考のすべてが神の試練に耐え、神を証することができるからである。

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 3」より編集

前へ: 神は人が神を知り理解することを願っている

次へ: 神を知ることは人類への最後の要求

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは …

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索