心から悔い改めたい

刻一刻と神の栄光の日が近づくのを見て

私の心は悲しみ  心配ばかりが募る

神に背き逆らってきたことを振り返り

私の心に自責と不安  負い目が湧いてくる

神が私を選んだから

私は神に立ち返り 神の国の祝宴に出た

私が進み守るべき道を神は教えてくれた

神は何度も勧告するが

私は心に留めず真理を得ていないので

神に顔を向ける資格など私にはない


何年も神を信じながら教義を現実とし

懸命に働くことが真理の実践だと思ってた

本分でも忠心に欠け散漫で欺瞞だった

刈り込まれ取り扱われると自分を正当化した

神は私が完全になり真理を得るよう

人々と物事を采配したが

私は従わず

まして真理を求めることもなかった

私はパリサイ人の道を頑なに歩み続け

立ち返ることを知らず

神に憎まれ 死よりもひどい闇の中で生きていた


神の裁きの言葉が私の心を揺さぶる

麻痺していた心は今目覚め

真理を求めなかった自分を憎む

この日まで生きてきたのは

サタンの性質だけだった

神の働きの終わりは近く

神はもうすぐシオンに戻る

シオンに戻る

信仰がありながら神を満足させないのは

実に恥ずべきことである

御言葉を味わう資格はなく

神に負債を負っている

この最後の時に神に忠心を捧げられるのは

稀有な賜物であり

前へ: 新たな人となる

次へ: 失われた救いをどうやって取り戻せばいいのでしょうか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

真の信仰を持つ者だけが神の承認を受ける

モーセが岩を打って 神の恵みの水が溢れ出た時 それは信仰によって起きた ダビデがヤーウェを讃えるため 音楽を奏でた時 ダビデの心は喜びで満ちあふれていた それは信仰によって起きた ヨブが家畜や財産を失い 身体が腫物で覆われた時 それは信仰によって起きた それでもなおヤ-ウェの声を…

あなた方は何を神に報いたのか

幾つかの秋と春を経て 神はあなた方の間にいる 神は長らくあなた方と暮らしてきた 幾つの悪行が神の前を行き過ぎたのか あなた方の心の言葉は神の耳にこだまする あなた方は百万の決意を祭壇に置くのに わずかな献身も誠意も供えない あなた方の信仰の実はどこにあるのか? 神の尽きぬ恵…

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆる…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索