心から悔い改めたい

刻一刻と神の栄光の日が近づくのを見て

私の心は悲しみ  心配ばかりが募る

神に背き逆らってきたことを振り返り

私の心に自責と不安  負い目が湧いてくる

神が私を選んだから

私は神に立ち返り 神の国の祝宴に出た

私が進み守るべき道を神は教えてくれた

神は何度も勧告するが

私は心に留めず真理を得ていないので

神に顔を向ける資格など私にはない

何年も神を信じながら教義を現実とし

懸命に働くことが真理の実践だと思ってた

本分でも忠心に欠け散漫で欺瞞だった

刈り込まれ取り扱われると自分を正当化した

神は私が完全になり真理を得るよう

人々と物事を采配したが

私は従わず

まして真理を求めることもなかった

私はパリサイ人の道を頑なに歩み続け

立ち返ることを知らず

神に憎まれ 死よりもひどい闇の中で生きていた

神の裁きの言葉が私の心を揺さぶる

麻痺していた心は今目覚め

真理を求めなかった自分を憎む

この日まで生きてきたのは

サタンの性質だけだった

神の働きの終わりは近く

神はもうすぐシオンに戻る

シオンに戻る

信仰がありながら神を満足させないのは

実に恥ずべきことである

御言葉を味わう資格はなく

神に負債を負っている

この最後の時に神に忠心を捧げられるのは

稀有な賜物であり

前へ: 裁きを経験して後悔する

次へ: 私の心の奥の痛み

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索