神の働きはなんと辛いことか


神の地上での働きの歩みには、大いなる苦難が伴う。

人の弱さ、不足、幼稚さ、

人の無知や人についてのあらゆることが、

神により慎重に計画され考慮されてきた。

人は張子の虎のよう。誰もそれを挑発しない。

さもなくば、人はかみつき、迷子になり、躓き、神を無視し、

あるいは、「豚のお父さん、犬のお母さん」のもとへ走り、

その身の穢れに身を任せる。何てひどい妨げだろう!

一歩進むごとに神は試され、危険に直面する。

神の言葉は真摯で、誠実で、悪意がない。

受け入れる者も、完全に服従する者もいないことが、神の心を悲しませる(を傷つける)。

神は日夜働き、人のいのちのことを心配している。

神は人の弱さに同情する。

神は一つひとつの言葉と働きにおいて、紆余曲折を耐える。

人がいかに弱く、不従順で、幼稚で、脆いことを知りながら、

神は日夜これらのことを心に思い巡らす。

いったい誰がこのことを知ったのか?神は誰に打ち明けるのか?

誰がそれを理解できるのか?ああ、神の働きは何と辛いことか。


神は常に人のすべての罪と、軟弱を憎む。

神は人の弱さと、人の前途を心配し、

人のすべての言動を目にすると、

憐みと、怒りと、心の痛みで一杯になる。

無垢な者が、今はとても無感覚になってしまった。

神は、なぜいつも物事を難しくしなくてはならないのか?

弱い人間はもう耐え抜くことができない。

それなら、なぜ神は人に対していつもそんなに怒るのか?

人は弱く、無力で、活力(生命力?)がない。

神は、なぜ人の不従順を叱るのか?誰が神の脅威に耐えられよう?

人は脆いので、絶望的な状態にいる。

神は今、その怒りを心の奥底に押しやった。

だから、脆い人はゆっくりと自らを省みてもよいのだ。

だが苦難の中にいる人は神の意志を尊重しない。

悪霊のかしらに踏みつけられているとは気づかず、

いつも神に敵対し、

あるいは、神に対して熱くも冷たくもない。

誰が神の多くの言葉を真剣に受け止めたのだろう?

『言葉は肉において現れる』の「働きと入ること(8)」より編集

前へ: 神は大きな屈辱に耐える

次へ: 神が人のためになすことはすべて誠実

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神と親しい者だけが神に仕えるに値する

神に仕える者は 神と親しく 神に仕える者は 神から愛され 神に忠実でなければならない あなたが人の前であるいは陰で 行動したとしても 神の喜びを得て 神の前に立つことができるだろう 他人があなたをどのように扱おうと あなたは自分の道を歩み 神の重荷を思いやるだろう これこそが神…

どんな被造物も神の愛は持っていない

どんな被造物も神の愛は持っていない 神の言葉は命に満ちていて 私達に歩むべき道を示す 神は真理とは何かを教え 私達は神の言葉に惹きつけられる 私達は神の口調に注意し始め 平凡な人の内なる声を意識し始める 神は人のため一心に働く 眠ることも、食べることもできない 神は涙を流して息を…

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を見…

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは あ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索