神の働きはなんと辛いことか


神の地上での働きの歩みには、大いなる苦難が伴う。

人の弱さ、不足、幼稚さ、

人の無知や人についてのあらゆることが、

神により慎重に計画され考慮されてきた。

人は張子の虎のよう。誰もそれを挑発しない。

さもなくば、人はかみつき、迷子になり、躓き、神を無視し、

あるいは、「豚のお父さん、犬のお母さん」のもとへ走り、

その身の穢れに身を任せる。何てひどい妨げだろう!

一歩進むごとに神は試され、危険に直面する。

神の言葉は真摯で、誠実で、悪意がない。

受け入れる者も、完全に服従する者もいないことが、神の心を悲しませる(を傷つける)。

神は日夜働き、人のいのちのことを心配している。

神は人の弱さに同情する。

神は一つひとつの言葉と働きにおいて、紆余曲折を耐える。

人がいかに弱く、不従順で、幼稚で、脆いことを知りながら、

神は日夜これらのことを心に思い巡らす。

いったい誰がこのことを知ったのか?神は誰に打ち明けるのか?

誰がそれを理解できるのか?ああ、神の働きは何と辛いことか。


神は常に人のすべての罪と、軟弱を憎む。

神は人の弱さと、人の前途を心配し、

人のすべての言動を目にすると、

憐みと、怒りと、心の痛みで一杯になる。

無垢な者が、今はとても無感覚になってしまった。

神は、なぜいつも物事を難しくしなくてはならないのか?

弱い人間はもう耐え抜くことができない。

それなら、なぜ神は人に対していつもそんなに怒るのか?

人は弱く、無力で、活力(生命力?)がない。

神は、なぜ人の不従順を叱るのか?誰が神の脅威に耐えられよう?

人は脆いので、絶望的な状態にいる。

神は今、その怒りを心の奥底に押しやった。

だから、脆い人はゆっくりと自らを省みてもよいのだ。

だが苦難の中にいる人は神の意志を尊重しない。

悪霊のかしらに踏みつけられているとは気づかず、

いつも神に敵対し、

あるいは、神に対して熱くも冷たくもない。

誰が神の多くの言葉を真剣に受け止めたのだろう?

『言葉は肉において現れる』の「働きと入ること(8)」より編集

前へ: 神は大きな屈辱に耐える

次へ: 神が人のためになすことはすべて誠実

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

神の言葉の重要性

神の信者は良い行いをすべきだ 大切なのは神の言葉を持つこと 何があってもそれから離れない 神の言葉を通し神を知り満足させる あらゆる教派・国家・各界が いつか言葉で征服されるだろう 神は人々に直接語り 彼らは神の言葉を握るだろう これで人々は完全にされ 神の言葉は浸透するだろう…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索