失われた救いをどうやって取り戻せばいいのでしょうか

あなたはいつまでついてゆくのかと尋ねた

私は青春を捧げ付き添うと言った

心の底の呟きは

地を震わせ山を揺るがした

涙に濡れた顔で誓ったが

自らの偽善を知らなかった

時は過ぎ変化で 感情は薄れ

あなたへの誓いは嘘となった

私は少ししか捧げていないと知った

あなたに報いようとする空しい言葉

夢から覚め 自らを心配する

失われた救いをどう取り戻せばいいのか


出会った時 私はあなたに逆らった

私はそんな昔を思い出したくない

忠誠のない献身は

あなたを更に苦しめた

若い頃働いてくれたあなたに

私は何の感謝もしなかった

時は過ぎ 私は何も得なかった

この後悔を誰に話せるか

私は少ししか捧げていないと知った

あなたに報いようとする空しい言葉

夢から覚め 自らを心配する

失われた救いをどう取り戻せばいいのか


あちこちへと急ぎ

あなたの心とつながれなかった

一度偶然出会っているのに

私はあなたに気づけず

更に後悔が残った

前へ: いつも神の愛を切望する

次へ: 神の心はまだなだめられていない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神を証しするには性質の変化がなければならない

神の様々な働きは人の性質を変える 変化なくして証し出来ず 神の心にも適わない 性質が変化した人は サタンと闇から解かれて 神の働きの模範となる 神の心に適う、神の証し人 神の証し人は神を認識しなければならない この証しだけが本物で サタンを恥じ入らせる 刈り込みと取扱いと…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を…

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索