あなたが神に心を開く時

神の性質を知らず

神を理解しなければ

神に心開くことはできない

神を理解できれば

信仰で神の心を知り

それを味わえるだろう

神の心を味わえば

日ごとに味わえば

心は神へと開くだろう

あなたが神に心を開くと

贅沢で利己的な願いを恥ずかしく思う

あなたが神に心を開けば

その心に驚くべき無限の世界を見出す


この驚くべき世界で闇、悪、欺瞞は過ぎ去り

真実、信仰、光が残る

神に心を開いたら

神の愛と哀れみで

人生は喜びで溢れる

神の知恵や力だけでなく

神の権威や愛がこの世界に溢れ出すだろう

神を心に受け入れれば

神が何に喜び

悩み悲しみ怒るのか

知ることができる


『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 3」より

前へ: 神に用いられる人のあるべき姿

次へ: 神を愛せるよう心を完全に神に向けよ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

世界は崩壊しバビロンは麻痺している!

全宇宙の人々は、わたしの日の到来を祝い、天使たちが民たちの間を歩く。サタンが問題を起こすと、天使たちが天での仕えにより、いつでもわが民を助ける。彼らは人間の弱さのせいで悪魔に欺かれることはないが、闇の勢力の攻撃の結果、よりいっそう霧の中で人生を経験しようと努める。民たちはみな、…

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。神…

神と親しい者だけが神に仕えるに値する

神に仕える者は 神と親しく 神に仕える者は 神から愛され 神に忠実でなければならない あなたが人の前であるいは陰で 行動したとしても 神の喜びを得て 神の前に立つことができるだろう 他人があなたをどのように扱おうと あなたは自分の道を歩み 神の重荷を思いやるだろう これこそが神…

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索