あなたが神に心を開く時

神の性質を知らず

神を理解しなければ

神に心開くことはできない

神を理解できれば

信仰で神の心を知り

それを味わえるだろう

神の心を味わえば

日ごとに味わえば

心は神へと開くだろう

あなたが神に心を開くと

贅沢で利己的な願いを恥ずかしく思う

あなたが神に心を開けば

その心に驚くべき無限の世界を見出す

この驚くべき世界で闇、悪、欺瞞は過ぎ去り

真実、信仰、光が残る

神に心を開いたら

神の愛と哀れみで

人生は喜びで溢れる

神の知恵や力だけでなく

神の権威や愛がこの世界に溢れ出すだろう

神を心に受け入れれば

神が何に喜び

悩み悲しみ怒るのか

知ることができる

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 3」より

前へ: 神を愛せるよう心を完全に神に向けよ

次へ: 神をあなたの心に迎え入れて

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

真の祈りの効果

真の祈りの効果。……祈るにつれて人の性質は変わる。霊に触れられるにつれ、彼らはもっと従い、さらに積極的になるだろう。そして、真の祈りによって、彼らの心は次第に清められるだろう。真の祈りによって、清められるだろう。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索