神の言葉による裁きは人を救うため

神が語った刑罰や裁きについての多くの言葉は

あなたに下ることはなかった

そう、確かに下ることはなかった

神は業を為し、語るために来た

神の言葉が厳しいのは

あなたの堕落と反抗を裁くためなのだ

神の目的は人を害することではなく

サタンの支配から救うことである

神の言葉が厳しいのは成果を得るためだ

その言葉の働きによってのみ

人は自らを知り

反抗的な性質から抜け出すことができる

神の言葉が厳しいのは

人を救うため

神はただ話すだけで

人の肉を罰してはいない

言葉は人を光の中で生かし

光が存在し、貴重であることを

また言葉は有益で

神は救いであることを知らせる

言葉の働きは意義深い

つまり人は真理を知って実践し

性質を変え

自分自身と神の業について知ることができる

言葉によってのみ神と人は繋がれ

真理は説き明かされる

それが人を征服する最良の方法だ

言葉以外に

全ての真理と神の業を人によりよく知らせるものはない

神は業の最終段階で語り

未知の真理と奥義を明らかにし

人に真理の道と命を与え

そして神の心を満たすのだ

神の言葉が厳しいのは

人を救うため

神はただ話すだけで

人の肉を罰してはいない

言葉は人を光の中で生かし

光が存在し、貴重であることを

また言葉は有益で

神は救いであることを知らせる

『言葉は肉において現れる』の「地位の祝福は脇に置き、人に救いをもたらす神の心意を理解するべきである」より編集

前へ: 神の裁きと刑罰は人を救うため

次へ: 受肉した神は全宇宙の働きをする

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残され…

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索