私は神の御前で生きる

日々神の御前で 静かに黙想し 神の言葉を思い巡らす

自分を省み 思いと言葉において堕落が多く残っていることを知る

人に一目置かれたくて、いつも見せびらかすために語り行動する

いつも他人に勝ろうとし 独善的で傲慢で 人間らしさのかけらもない

神の言葉の裁きと暴露に遭い 深く恥じる

良く振る舞っているようでも 私の性質は変わっていない

現実性のない私は傲慢で 長い間神に忌み嫌われた

これほど深く堕落した自分を憎む そして神の裁きを受け入れたい

神の御前に静まり 全てのことに御心を求める 御言葉の中で神と交わり

真理を理解し 心が明るくなる

人や物事に直面して誤解する私には、現実性がないことが明らかになった

不平ばかり言い 自分は罪がないと主張し言い訳し 従順からほど遠い

真理を理解し 神の清めの働きが現実だと知る

それが自分の観念と相容れないほど 更に求めるべき真理がある

神の言葉を経験し 現実において成長することは 神と対面すること

混乱も束縛もなく 神の愛を経験する

神の臨在の中に生き つねに神の吟味を受け入れる

私の思いも行動も 神の言葉による裁きと清めを次々受け入れる

聖霊による働きと導きにより この心は平安で穏やか

私は心から神を敬い 神は私を守られる もう二度と 神に背くことはしない

常に神の御前に静まり この心は神を畏れ悪を避ける

神の言葉を実践し 真理に従って振る舞い 神を愛し 神に従う

神の言葉は私を導き 神への信仰の正しい道を歩き始める

真理を得て堕落が清められ この心は神を讃える

前へ: 新しい生活をほめたたえよ

次へ: 神の前に生きる私は幸せ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索