104 私は神の御前で生きる

日々神の御前で 静かに黙想し 神の言葉を思い巡らす

自分を省み 思いと言葉において堕落が多く残っていることを知る

人に一目置かれたくて、いつも見せびらかすために語り行動する

いつも他人に勝ろうとし 独善的で傲慢で 人間らしさのかけらもない

神の言葉の裁きと暴露に遭い 深く恥じる

良く振る舞っているようでも 私の性質は変わっていない

現実性のない私は傲慢で 長い間神に忌み嫌われた

これほど深く堕落した自分を憎む そして神の裁きを受け入れたい

神の御前に静まり 全てのことに御心を求める 御言葉の中で神と交わり

真理を理解し 心が明るくなる

人や物事に直面して誤解する私には、現実性がないことが明らかになった

不平ばかり言い 自分は罪がないと主張し言い訳し 従順からほど遠い

真理を理解し 神の清めの働きが現実だと知る

それが自分の観念と相容れないほど 更に求めるべき真理がある

神の言葉を経験し 現実において成長することは 神と対面すること

混乱も束縛もなく 神の愛を経験する

神の臨在の中に生き つねに神の吟味を受け入れる

私の思いも行動も 神の言葉による裁きと清めを次々受け入れる

聖霊による働きと導きにより この心は平安で穏やか

私は心から神を敬い 神は私を守られる もう二度と 神に背くことはしない

常に神の御前に静まり この心は神を畏れ悪を避ける

神の言葉を実践し 真理に従って振る舞い 神を愛し 神に従う

神の言葉は私を導き 神への信仰の正しい道を歩き始める

真理を得て堕落が清められ この心は神を讃える

前へ: 103 新しい生活をほめたたえよ

次へ: 105 神の前に生きる私は幸せ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索