あなたはどのようにしてイエスの再臨を迎えるのか

今回の受肉における神の働きは主に

刑罰と裁きを通して神の性質を表すことである

これを基礎により多くの真理と実践方法を示し

人を征服し堕落から救うという目的を達成する

これが神の国の時代における神の働きの背後にあるもの

人が恵みの時代に留まれば

神本来の性質も分からず

堕落した性質から自由になれない

恵みの中にいても

神を知り 喜ばせる方法を知らないなら

神を信じても神を得ることはない

なんと哀れな信仰ではないか

神の国の時代に神の全ての働きを経験した後

夢は叶い 神に対面したと思うだろう

神の顔を見つめ

神の声を聞き

その働きと知恵を味わった

そして神が現実で全能であるのが分かると

前の誰よりも多くのものを見て、得たこと

神を信じ従うこととは何かを知るだろう

過去に固執し二度目の神の受肉を拒否すれば

何も獲得できず神に抗うという罪を犯すだろう

神の真理に従い 神の働きに服従し

二度目の受肉の神

全能者のもとで導きを受け入れよ

さらに多くの高い真理を得て

真の人生を受けるだろう

あなたは自分の堕落した性質を取り除きたいのか?

より高い真理を得ることを望むのか?

価値ある生涯を送りたいのか?

神により完全にされたいのか?

それならばあなたはどのようにして

イエスの再臨を迎えるのか?

『言葉は肉において現れる』の「序文」より編集

前へ: 国籍と民族の観念を打ち破り神の現れを求めよ

次へ: 万物の主権を握るお方

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

あなたの苦しみがどんなに大きくても神を愛することを求めよ

今日の神の働きが どれほど価値あるものか 理解するべきだ 多くの人はそれを知らず 苦しみには価値がないと思う 彼らは信仰ゆえに虐げられ 世に避けられ家庭でも悩みがある 彼らの未来はあまりに暗く 苦しみのあまり死を望む者もいる こんなことで神への愛を示せるか! このような者に…

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索