どのようにイエスの再来を迎えるのか

神の今回の受肉において、神の働きは主に刑罰と裁きを通して神の性質を表すことである。これを基礎として、神は人により多くの真理をもたらし、より多くの実践方法を示し、こうして人を征服し、堕落した性質から人を救うという神の目的を達成する。これが神の国の時代における神の働きの背後にあるものである。人々が恵みの時代に留まっていれば、彼らは堕落した性質を決して免れないし、ましてや神の本来の性質を知ることはない。人々がいつも豊かな恵みの中に生きていても、神を知らず、神を満足させることができるようになる生き方をしていなければ、いくら神を信じても決して本当に神を得ることはないだろう。それはなんと哀れな形の信仰ではないか。


神の国の時代における受肉した神の働きの各段階を経験した時、あなたは長年の希望がついに実現されたことを感じるだろう。あなたはそのとき初めて本当に神を直接見たと感じるだろう。初めて神の顔をじっと見つめ、神自らの発言を聞き、神の働きの英知を正しく理解し、神がなんと現実的で全能かを本当に感じるだろう。あなたは過去の人々が決して目にしたり、所有したりしたことのない多くの事柄を獲得したことを感じるだろう。この時、あなたは神を信じるとは何か、神の心に従うとは何かをはっきりと知るだろう。


あなたが過去の考えに執着し、神の二度目の受肉の事実を否定、あるいは拒絶するならば、あなたがたは手ぶらなままでとどまり、何も獲得せず、ついには神に反抗するという罪を犯すだろう。真理に従い、神の働きに服従する人々は再び受肉した神――全能神の名の下に集うだろう。彼らは神自らの導きを受け入れ、さらに多くの高い真理を手に入れ、本当の人生を受けるだろう。あなたは自分の堕落した性質を排除したいのか。あなたは高い真理を獲得したいのか。あなたは人の子の本当の顔を見たいのか。あなたは価値のある生涯を送りたいのか。あなたは神によって完全にされたいのか。そうならば、あなたはどのようにイエスの再来を歓迎するつもりなのか。


『言葉は肉において現れる』の「序文」より編集

前へ: 神はあなたが言うほど単純なのか

次へ: 実践的な神を知る方法

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神と親しい者だけが神に仕えるに値する

神に仕える者は 神と親しく 神に仕える者は 神から愛され 神に忠実でなければならない あなたが人の前であるいは陰で 行動したとしても 神の喜びを得て 神の前に立つことができるだろう 他人があなたをどのように扱おうと あなたは自分の道を歩み 神の重荷を思いやるだろう これこそが神…

神から託されたことを成し遂げるために身も心も捧げよ

私たちは身も心も捧げる 人類と敬虔な信者の一人として 神の委託任務を果たすために それが私たちの責任と義務 それが責任と義務 私たちの存在は神からの贈り物 神の支配がなければ存在すらできない 私たちの存在は神からの贈り物 神の支配がなければ存在すらできない この身と心を神の…

どんな被造物も神の愛は持っていない

どんな被造物も神の愛は持っていない 神の言葉は命に満ちていて 私達に歩むべき道を示す 神は真理とは何かを教え 私達は神の言葉に惹きつけられる 私達は神の口調に注意し始め 平凡な人の内なる声を意識し始める 神は人のため一心に働く 眠ることも、食べることもできない 神は涙を流して息を…

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索