二度と神から離れない

神を信じてからも、金と富を追い求め、神に背を向けて外の世界に戻った時もあった

日々、肉を求めて駆け回り、心身ともに疲れ果てた

神のいない日々は苦痛の日々だった

暗闇の中に陥り、心は恐怖に満ちていた

神の厳しい鞭と懲らしめを経て、初めて自らを省みた

私は神に心から従わず、神の言葉を貴んだこともなく

信仰に背を向け、義を捨てたとき、神の心を傷つけた。「私の良心はどこにある?」と自問した

神を畏れず、神の性質に背いていながら、気づかずにいた

神の裁きと刑罰に救われて、神に背く性質を初めて自覚した

心が罪悪感と自責の念にさいなまれ、神の前にひれ伏し、悔い改めた

私の頑固さと反抗は神の心を傷つけた。この恥ずべき行いをどうして消せるだろうか

神の憐れみと慈愛に、悔い改めの機会を与えられ

神の家に戻り、もう一度本分を尽くすことができた

神の真の愛を感じ、心の中で神への負い目が増し

神の性質には憐れみと慈愛だけでなく義と威厳があると感じ

新たな目標を立てた。一から出直し、神の愛に報い、神を証ししようと

前へ: 足かせ

次へ: これからは心に後悔を残さない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。…

世界は崩壊しバビロンは麻痺している!

全宇宙の人々は、わたしの日の到来を祝い、天使たちが民たちの間を歩く。サタンが問題を起こすと、天使たちが天での仕えにより、いつでもわが民を助ける。彼らは人間の弱さのせいで悪魔に欺かれることはないが、闇の勢力の攻撃の結果、よりいっそう霧の中で人生を経験しようと努める。民たちはみな…

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を…

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索