二度と神から離れない

神を信じてからも、金と富を追い求め、神に背を向けて外の世界に戻った時もあった

日々、肉を求めて駆け回り、心身ともに疲れ果てた

神のいない日々は苦痛の日々だった

暗闇の中に陥り、心は恐怖に満ちていた

神の厳しい鞭と懲らしめを経て、初めて自らを省みた

私は神に心から従わず、神の言葉を貴んだこともなく

信仰に背を向け、義を捨てたとき、神の心を傷つけた。「私の良心はどこにある?」と自問した

神を畏れず、神の性質に背いていながら、気づかずにいた

神の裁きと刑罰に救われて、神に背く性質を初めて自覚した

心が罪悪感と自責の念にさいなまれ、神の前にひれ伏し、悔い改めた

私の頑固さと反抗は神の心を傷つけた。この恥ずべき行いをどうして消せるだろうか

神の憐れみと慈愛に、悔い改めの機会を与えられ

神の家に戻り、もう一度本分を尽くすことができた

神の真の愛を感じ、心の中で神への負い目が増し

神の性質には憐れみと慈愛だけでなく義と威厳があると感じ

新たな目標を立てた。一から出直し、神の愛に報い、神を証ししようと

前へ: 神の裁きは祝福である

次へ: 過去が剣のように私を刺しとおす

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

あなたの苦しみがどんなに大きくても神を愛することを求めよ

今日の神の働きが どれほど価値あるものか 理解するべきだ 多くの人はそれを知らず 苦しみには価値がないと思う 彼らは信仰ゆえに虐げられ 世に避けられ家庭でも悩みがある 彼らの未来はあまりに暗く 苦しみのあまり死を望む者もいる こんなことで神への愛を示せるか! このような者には…

神を証しするには性質の変化がなければならない

神の様々な働きは人の性質を変える 変化なくして証し出来ず 神の心にも適わない 性質が変化した人は サタンと闇から解かれて 神の働きの模範となる 神の心に適う、神の証し人 神の証し人は神を認識しなければならない この証しだけが本物で サタンを恥じ入らせる 刈り込みと取扱いと裁…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れない…

神と親しい者だけが神に仕えるに値する

神に仕える者は 神と親しく 神に仕える者は 神から愛され 神に忠実でなければならない あなたが人の前であるいは陰で 行動したとしても 神の喜びを得て 神の前に立つことができるだろう 他人があなたをどのように扱おうと あなたは自分の道を歩み 神の重荷を思いやるだろう これこそが神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索