206 二度と神から離れない

1

神を信じてからも、金と富を追い求め、神に背を向けて外の世界に戻った時もあった

日々、肉を求めて駆け回り、心身ともに疲れ果てた

神のいない日々は苦痛の日々だった

暗闇の中に陥り、心は恐怖に満ちていた

神の厳しい鞭と懲らしめを経て、初めて自らを省みた

私は神に心から従わず、神の言葉を貴んだこともなく

信仰に背を向け、義を捨てたとき、神の心を傷つけた。「私の良心はどこにある?」と自問した

神を畏れず、神の性質に背いていながら、気づかずにいた

2

神の裁きと刑罰に救われて、神に背く性質を初めて自覚した

心が罪悪感と自責の念にさいなまれ、神の前にひれ伏し、悔い改めた

私の頑固さと反抗は神の心を傷つけた。この恥ずべき行いをどうして消せるだろうか

神の憐れみと慈愛に、悔い改めの機会を与えられ

神の家に戻り、もう一度本分を尽くすことができた

神の真の愛を感じ、心の中で神への負い目が増し

神の性質には憐れみと慈愛だけでなく義と威厳があると感じ

新たな目標を立てた。一から出直し、神の愛に報い、神を証ししようと

前へ: 205 足かせ

次へ: 207 これからは心に後悔を残さない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索