真理を実践する者だけが試練の中でも証しできる

将来堅く立って 神を満足させることを求め

最後まで(直訳・道の終りまで) 神に従いたいと

願うなら

堅い基礎を築き

全てにおいて真理を実践し

神の旨を心にとめよ

これを実践し続けるなら

あなたの中に土台ができる

神があなたの心を奮い立たせ

信仰を与え あなたは神を愛する

いつか試みにあったならば

あなたは苦痛を経験し

死ぬほどの悲しみに打ちのめされるかもしれない

しかし神への愛は変わらないだろう

それはますます深くなる

これこそが神の祝福


将来堅く立って 神を満足させることを求め

最後まで(直訳・道の終りまで) 神に従いたいと

願うなら

堅い基礎を築き

全てにおいて真理を実践し

神の旨を心にとめよ

従順な心で神の言葉と

業を受け入れるなら

神の約束を受け

必ず神に祝福されるだろう

今日実践しないのなら

いつの日か試練に直面する時

信仰も愛もなくなるだろう

試練は誘惑となるだろう

サタンの試みに躓き

逃げ場を失うだろう

小さな試練が来るときは

堅く立っていられるかもしれない

だが大きな試練が来たら

そうはいかないだろう

将来堅く立って 神を満足させることを求め

最後まで(直訳・道の終りまで) 神に従いたいと

願うなら

堅い基礎を築き

将来堅く立って 神を満足させることを求め

最後まで(直訳・道の終りまで) 神に従いたいと

願うなら

堅い基礎を築き

全てにおいて真理を実践し

神の旨を心にとめよ


『言葉は肉において現れる』の「神を愛することだけが本当に神を信じることである」より編集

前へ: 真理を実践するには真の代価が必要である

次へ: 真理を実践すれば性質が変わる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

神はサタンを打ち負かし人を救うために肉となった

神が肉体として地上にいる間 人々の間で神の業を行なう 全ての業にはたった一つの目的がある それは悪魔サタンを打ち倒すこと 神は人を征服することでサタンを倒す また人々を完全な存在にすることで 世界に鳴り響くような証しとするならば これもサタンの敗北のしるし 神はサタンを打ち倒し…

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索