真理を実践する者だけが試練の中でも証しできる

将来堅く立って 神を満足させることを求め

最後まで(直訳・道の終りまで) 神に従いたいと

願うなら

堅い基礎を築き

全てにおいて真理を実践し

神の旨を心にとめよ

これを実践し続けるなら

あなたの中に土台ができる

神があなたの心を奮い立たせ

信仰を与え あなたは神を愛する

いつか試みにあったならば

あなたは苦痛を経験し

死ぬほどの悲しみに打ちのめされるかもしれない

しかし神への愛は変わらないだろう

それはますます深くなる

これこそが神の祝福


将来堅く立って 神を満足させることを求め

最後まで(直訳・道の終りまで) 神に従いたいと

願うなら

堅い基礎を築き

全てにおいて真理を実践し

神の旨を心にとめよ

従順な心で神の言葉と

業を受け入れるなら

神の約束を受け

必ず神に祝福されるだろう

今日実践しないのなら

いつの日か試練に直面する時

信仰も愛もなくなるだろう

試練は誘惑となるだろう

サタンの試みに躓き

逃げ場を失うだろう

小さな試練が来るときは

堅く立っていられるかもしれない

だが大きな試練が来たら

そうはいかないだろう

将来堅く立って 神を満足させることを求め

最後まで(直訳・道の終りまで) 神に従いたいと

願うなら

堅い基礎を築き

将来堅く立って 神を満足させることを求め

最後まで(直訳・道の終りまで) 神に従いたいと

願うなら

堅い基礎を築き

全てにおいて真理を実践し

神の旨を心にとめよ


『言葉は肉において現れる』の「神を愛することだけが本当に神を信じることである」より編集

前へ: 神を畏れる事によってのみ悪を避ける事が出来る

次へ: 神を畏敬する心で神を信じるべき

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

パリサイ人たちがイエスに反抗した理由の根拠

あなたは何故パリサイ人たちが イエスに反抗したのか知りたいか? 彼らの本質が何であるのか知りたいか? 彼らはメシアへの幻想と メシアの到来を信じるだけで いのちの真理は求めていなかった 彼らは救い主を待っているが それは真理といのちの道を知らないから これ程愚かで・・頑なで・…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすることは…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索