どうすれば神に用いられるに相応しい者になれるのか

真に神の役に立つ価値ある者になるには

そうなりたいと願うだけでなく

神の言葉による導き 精錬

神の取り扱いと啓示が必要だ

それらにあなたの省察と思い

熟考と結論を加え

必要なものを吸収し

余計なものを排除し

それを礎にして全てを実践すること

それらは全て現実において

あなたが成長する為の道なので

何一つ欠いてはならない

真に神はこのように働く

真に神の役に立つ価値ある者になるには

そうなりたいと願うだけでなく

神の言葉による導き 精錬

神の取り扱いと啓示が必要だ

あなたが神の働きに与れば

完全な者にされていく

良き時も 悪しき時も 試練や誘惑の時も

いつでも完全な者とされる機会がある

働いている時も いない時も

一人でいる時も みんなと生活している時も

いつでも完全な者とされる機会がある

あなたは一つも見逃さず

全てを見つけることができる

これこそが神の言葉に生きるための秘訣なのだ!

真に神の役に立つ価値ある者になるには

そうなりたいと願うだけでなく

神の言葉による導き 精錬

神の取り扱いと啓示が必要だ

『言葉は肉において現れる』の「適切な牧者が備えているべきもの」より編集

前へ: 神に奉仕するために心を捧げなさい

次へ: リ-ダ-と働き人が把握しなければならない二つの原則

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解してい…

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索