言葉は肉において現れる

目次

人の普通の生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く

人は今日の働きも将来の働きも多少理解できるが、自らの終着点を理解していない。被造物として、人はその本分を果たすべきである。つまり、人は何をする場合にも神に従うべきで、わたしがあなたがたに示す方向がどのようであれ、その方向に進むべきである。あなたは自分のための取り計らいの方法を知らず、自分自身の管理すらできない。すべては神の憐れみに委ねられなければならない。すべてのことは神の手に支配される。もし神の働きがあらかじめ人に終わりや、素晴らしい終着点を与え、神がこれを用いて人を引きつけたり従わせたりするなら、つまり、もし神が人と取引をするなら、これは征服ではなく、人のいのちに働くことでもない。神が人を支配し、人の心を自らのものとするために終わりを用いるなら、神が人を完全にしているのでもなく、それにより人を自らのものとすることもできない。単に終着点を使って人を支配しようとしているだけである。単に終着点を使って人を支配しようとしているだけである。人が問題とすることは、未来の最後がどうなるか、終着点がどこか、それに自分が何か良いことを望めるかだけである。もし征服の働きが行われる間、人に素晴らしい望みが与えられ、人の征服に先立って人が追い求める最善の終着点が与えられるとしたら、人の征服はその効果を達成しないばかりか、征服の働きは本来の効果を発揮しないだろう。つまり征服の働きは、人の運命や将来性を取り上げ、人の反抗的な性質を裁き、罰することによってその効果を果たす。それは、人に祝福や恵みを与えるなどの言わば取引により達成されるものではなく、人の自由を取り上げ、将来を絶つことにより、人の忠誠心を明らかにすることで達成される。これが征服の働きの本質である。もし人が最初から素晴らしい望みが与えられ、刑罰や裁きがそのあとでなされるなら、人は将来のことを基にしてこの刑罰や裁きを受けるだろう。そして、最終的にすべての被造物による造り主への無条件の服従と礼拝が達成されることはないままだろう。そこには盲目で無知な従順さしかないか、人が神に盲目的に何かを要求するだけで、人の心の完全な征服はあり得ない。その結果、そのような征服の働きが人を神のものとすることもなく、人が神の証人となることなどさらに不可能だ。そのような被造物は自分たちの本分を果たすことはできず、神と取引をするだけだ。これは征服ではなく、憐れみと祝福だ。人も最も大きな問題は、人が自分の運命と将来のことしか考えず、それらを偶像視していることである。人は自分の運命と将来のために神を求めるだけで、神への愛から礼拝していない。そのため、人を征服するにあたり、人の身勝手さや貪欲、神に対する礼拝の妨げとなるものは、すべて排除されなければならない。そうすることによって、人の征服の効果が達成されるだろう。その結果、人を征服するもっとも初期の段階で、まず人の野心や最も嘆かわしい弱点を一掃し、これを通して人の神への愛を現わし、人間の人生、神に対する見方、自身の存在の意味などに関する自分の知識を変える必要がある。このようにして人の神への愛は清められ、それにより人の心が征服される。しかし、征服することだけを目的に征服することが、神の被造物全てに対する姿勢ではない。神は自らの栄光のため、また人の本来の似姿である初めの状態に戻すため、人を自らのものとするために征服するのである。神が征服することだけを目的として征服するなら、征服の働きの意義はない。つまり、もし人を征服した後、神が人から手を洗い、人の生死に注意を払うこともないなら、これは人類に対する経営(救い)でも人の救いのための征服でもない。人が神により征服され、素晴らしい終着点へ到達して神のものとされることのみが救いの働きの中心であり、これによってのみ人の救いの目的は達成される。人は素晴らしい終着点に到着し、安息に入ることのみを被造物として思い描くべきで、造り主によってなされるべき働きも他にはない。もし人がこの働きをしようとするなら、あまりにも多くの制約がある。人はある時点までは行くことができても、永遠の終着点までは行くことができない。人が人の運命を決めることはできないし、人の将来や未来の終着点を確かにすることなど、尚更できない。しかし神による働きは異なる。神は人を創ったので、人を導く。神は人を救うので、完全に人を救い、完璧に人を自らのものにする。神は人を導くので、人を適切な終着点に連れて行く。神は人を創造し、統治するので、人の運命と将来に責任を持たなければならない。これこそ造り主によってなされる働きである。征服の働きは人の将来を絶つことでなされるが、人は最終的に神が用意した適切な終着点に連れて行かれなければならない。人が終着点を持ち、人の運命が確かにされるのは神が的確に人に働くからである。ここで言及されている適切な終着点とは、かつて清められた人の望みとか将来のことではない。この2つは異なったものである。人が望んだり追い求めたりするものは人のための終着点というより、肉の途方もない欲求への追求である。一方、神が人のために用意したものは、人が清くされた後に与えられる祝福と約束で、それは神が世界を創造した後、人に用意したもので、人の選択、観念、想像、あるいは肉などによる汚れはない。この終着点はある特定の人に用意されたものではなく、全人類の安息の地である。であれば、この終着点は人類に最適な終着点である。

造り主はすべての被造物を指揮することを意図している。あなたは神がすることは何であれ、放棄したりそむいたりしてはならないし、神に反抗すべきではない。神がする働きは、最終的には神の目的を達成し、それによって神が栄光を受ける。今日あなたはなぜモアブの子孫だとか、赤い大きな竜の子であると言わないのか。なぜ選びの民について語らず、被造物についてのみ語るのか。被造物――これは人の本来の肩書きで、人が生まれながらに持つ本質である。働きの時代や期間が異なっている故に、名前が色々あるわけである。実際、人は普通の被造物である。すべての被造物は、最も堕落したものであれ、最も聖いものであれ、被造物としての本分を果たさなければならない。神が征服の働きを実行するとき、神はあなたの将来性や、運命や、終着点を用いて管理するわけではない。実際このように働く必要もない。征服の働きの目的は、人に被造物としての本分を果たさせ、造り主を礼拝させることである。その後初めて人は素晴らしい終着点に入ることができる。人の運命は神の手で管理されている。あなたは自分自身を管理することはできない。いつも自分自身のことで忙しくしているのにもかかわらず、人は自分自身を管理することができないままでいる。あなたがもし自分の将来を知ることができ、自分の運命を管理できるなら、あなたは被造物だろうか。端的に言うと、神がどのように働いたとしても、その働きはすべて人のためである。たとえば、天、地、そして神が人のために造ったすべてのもの――神が人のために造った月、太陽、星など、また動物や植物、春、夏、秋、冬など――すべては人の存在のために造られたのである。それだから、神がどのように人を罰し、裁くにしても、それはすべて人の救いのためである。神が人から肉的な望みを剥ぎ取ったとしても、それは人を清めるためであり、人の清めは人の存在のためである。人の終着点は造り主の手にあるのだから、人はどうして自分自身を管理できるだろうか。

一旦、征服の働きが完成すると、人は美しい世界に連れて行かれる。もちろん、この生活はまだ地上にあるが、今日の人の生活とは全く似ていない。それは全人類が征服された後の生活で、地上の人間にとって新しい始まりであり、人類にとってそのような生活を送ることは、彼らが新しく美しい領域に入ったという証拠である。それは地上における人と神の生活の始まりである。そのような美しい生活の前提として、人は清められ征服され、造り主の前に服従しなければならない。そして、征服の働きは人が素晴らしい終着点に入る前の、神の働きの最終段階である。そのような生活は地上における人の未来の生活であり、地上で最も美しい生活で、人が待ち焦がれている生活で、世界史上人が決して達成したことのない生活である。それは六千年の経営の働きの最終的結果で、人類が最もあこがれる、神が人に約束したものでもある。しかし、この約束は直ちには実現されない。終わりの日の働きが完成され、人が完全に征服され、つまり、サタンが完全に敗北して初めて、人は未来の終着点に入るのである。人は練られた後、罪のない性質になる。なぜなら、神はサタンを打ち負かしたので、敵対する勢力の侵略はなく、敵対する勢力による人の肉への攻撃がなくなるからである。そして、人は自由になり、聖くなり――永遠へと入ったことになる。暗闇の敵対する勢力が縛られて初めて、人はどこに行っても自由で、反抗的行為や敵対する者たちもいなくなる。人が無事でいるために、サタンは縛られるより他ない。今日、サタンは地上のどこにおいても問題を引き起こしており、神の経営の働きはまだ全て終わってはいないので[a]人は無事ではない。一旦サタンが敗北すると、人が完全に解放される。人が神を得てサタンの領域から抜けると、義の太陽を見ることになる。普通の人の生活が取り戻される。普通の人が持つべきもの全て――善悪を見分ける能力、衣食の方法の理解、普通に生活する能力など――これらすべてが取り戻される。たとえエバが蛇に誘惑されなかったとしても、人は最初に創造された後、普通の生活を送ったはずである。人は食べ、服を着て、地上の普通の人の生活を送ったはずである。しかし人が堕落してから、このような生活は夢物語となり、今日でさえ、人はそのようなものを敢えて想像することすらしない。だが、人が憧れるこの美しい生活は不可欠である。もし人がそのような終着点を持っていないなら、彼の地上での堕落した生活は決して終わることがないだろう。もしそのような美しい生活がないなら、サタンの宿命やサタンが地上で支配する時代に結論は出ないだろう。人は暗闇の勢力によっては到達することができない領域に達しなければならない。そうするとき、サタンが敗北したことを証明するのである。このようにして、一旦サタンから邪魔が入らなくなると、神は自身で人間を管理し、人に命令を与えてその全人生を管理する。これによって初めてサタンが敗北したと見なされる。今日、人の一生は大方汚れの一生で、やはり苦しみと苦悩の一生である。これをサタンの敗北と呼ぶことはできない。人はまだ苦悩の海から逃げ出しておらず、人生の困難あるいはサタンの影響から抜け出しておらず、依然としてほんの少しの神の認識しか持っていない。人のすべての困難はサタンによって作られ、人の人生に苦しみをもたらしたのはサタンであり、サタンが縛られて初めて、人は苦難の海から完全に逃れることができるのである。しかし、サタンを束縛することは、人の心の征服や獲得を通して、そして人をサタンとの闘いの獲物にすることによって達成される。今日、人が勝利者になって、完全にされることを求めるのは、地上で普通の人の生活を送る以前に求めたことであり、サタンが束縛されること以前に人が求める目標である。人が勝利者になって完全にされ、大いに用いられることを求めるのは、実質的にサタンの影響から逃れることである。人が追求しているのは勝利者になることだが、最終結果はサタンの影響からの逃避である。サタンの影響から逃れることによって初めて人は地上で普通の人の生活、神を礼拝する生活を送ることができる。今日、人が勝利者になって完全になるのを求めることは地上での普通の人の生活を送る以前に求めることである。それらのことは、おもに清められ真理を実践に移すため、また造り主を礼拝するために求められる。もし人が地上で普通の人の生活、困難や苦悩のない生活を送っているなら、人は勝利者になるのを追い求めはしないだろう。「勝利者になること」と「完全にされること」とは神が人に追求するように与えたことで、これらの目的を通して、神は人が真理を実践し、意義深い人生を送るようにするのである。人を完全にさせ、神のものとすることが目的で、勝利者になって完全にされることへの追及はただの手段に過ぎない。もし将来、人が素晴らしい終着点に入ることになるなら、勝利者になって完全にされることについて言及されることはないだろう。被造物がそれぞれの本分を果たすだけである。今日、人の範囲を定義するために、ただこれらの事を求めさせているだけで、それによって人が追求するものの的が絞られ、実践的になるのである。これなしには、人が永遠のいのちに入ることを求めるのは漠然として抽象的であるだろうし、もしそうであれば、人はもっと哀れではないだろうか。目標や原則なしに、このように求めるのは――自己欺瞞ではないだろうか。究極的には、この追求は当然実を結ぶことはなく、最後には、人は依然としてサタンの領域の下に生きており、そこから脱出するのは不可能だろう。なぜ自分自身をそのように目的もなく追及する状態にするのか。人が永遠の終着点に入るとき、人は造り主を礼拝する。そして、人は救いを手にし、永遠に入れられるので、人は何の目的も追求しないし、その上、サタンによって捕えられるという心配もないだろう。この時、人は自分の立場を知り、本分を果たす。そして、彼らが罰せられたり裁かれたりしなくとも、人はそれぞれ自分たちの本分を果たすだろう。その時、人は身分においても、地位においても被造物である。高低の差別はもはやない。人はそれぞれの異なる役目を務めるだけである。しかし、人は依然として人類の規律ある適切な終着点において生きており、造り主を礼拝するために本分を果たす。そして、このような人間は永遠の人間となるであろう。その時、人は神に照らされた生活、つまり神の配慮と守りの下にある生活、そして神と共に生きる生活を獲得する。人類は地上で普通の生活を送り、人類全体は正しい軌道に入ることになる。六千年の経営計画は完全にサタンを敗北させるだろう。つまり、神は創造に従って人の本来の似姿を回復させ、そうして、神の本来の目的が成就されるという意味である。最初、サタンによって堕落させられる前は、人は地上で普通の生活を送っていた。その後、サタンに堕落させられた時、人はこの普通の生活を失った。それで、神の経営の働きと人の普通の生活を取り戻すためのサタンとの闘いが始まった。六千年にわたる神の経営の働きが終わって初めて、全人類の生活が地上で正式に始まり、そうして初めて人は素晴らしい生活をすることができ、そして神は最初に人を創造した目的と人の本来の似姿を回復するだろう。そのようなわけで、一旦地上で人類の普通の生活を始めると、人は勝利者になるとか完全にされるということを追求しなくなるだろう。というのは、人は聖くなるからである。人によって語られた勝利や完全さは、神とサタンとの戦いの間求めるために人に与えられた目的である。そしてそれらの目的は人が堕落したので存在しているだけである。あなたに目的を与え、この目的を追求させることによって、サタンを打ち負かすことができるのである。あなたが勝利者になったり、完全になったり、用いられるようになることを求めているのは、サタンが恥じ入るために証しとなることを求めているのである。最後には、人は地上で普通の人の生活を送り、人は聖くなるだろう。そしてこれが起こるとき、彼らはそれでも勝利者になることを求めるだろうか。彼らはみな被造物ではないのだろうか。勝利者になり、完全なものになることは、どちらもサタンと人の汚れに向けられている。この「勝利者」とはサタンや敵対する勢力に勝利することを意味しているのではないだろうか。あなたが自分は完全にされていると言うとき、あなたのどこが完全にされたのだろうか。あなたが神の崇高な愛を達成することができるよう、堕落したサタンの性質を自分たちから取り除いたということではないだろうか。そのようなことは人のうちの汚れたものと関連し、サタンと関係して語られる。神と関係して語られるのではない。

今日、あなたが勝利者になり完全にされることを求めないなら、将来、人類が地上で普通の生活を送るとき、そのような追求の機会はないであろう。その時、あらゆる人の最後が明かにされるだろう。その時、あなたはどんなものか明らかにされ、もしあなたが勝利者になり、完全にされることを願っても、それは不可能であろう。明らかにされてから、反抗心ゆえに、人は懲罰されるだけである。その時、人間が追求するものは他の人達より高い地位ではない。勝利者となることを追求する人があれば、完全にされることを追求する人もあり、また神の長子となることを追求するものや神の子になることを追求する人もいる。彼らはこれらのことを追求しない。すべての人たちは神の被造物で、すべての人たちは地上で生活し、すべての人たちは神と地上で生活するだろう。今こそ、神とサタンとの戦いの時で、この戦いはまだ終わっておらず、人はまだ完全に神のものとされず、そして移り変わりの期間である。そして、人は勝利者になるか神の民の一人になるか追求することを要求される。今日、地位に区別があるが、時が来ればそのような区別はなくなるのである。勝利を得たすべての人たちの地位は同じで、彼らはすべて資格のある人間で、地上で平等に生きるであろう。つまり、彼らはすべて資格のある被造物で、彼らに与えられる物はすべて同じという意味である。神の働きの時代は異なり、神の働きの対象も違うので、もしこの働きがあなたがたになされるなら、あなたがたは完全にされ、勝利者になる資格を持つ。もしそれが国外でなされたとしたら、彼らは征服されるための最初のグループ、また完全にされるための最初のグループになる資格を持つ。今日、この働きは国外ではなされていない。だから、彼らは完全にされ、勝利者になる資格はなく、彼らが最初のグループになるのは不可能である。神の働きの対象は異なっているので、神の働きの時代は違い、その範囲も異なっている。だから、最初のグループがあり、つまり、勝利者たちがいて、完全にされる第2のグループもいるだろう。完全にされた最初のグループがあれば、見本とひな型があり、だから将来は完全にされた人達の第2第3のグループが存在するだろうが、永遠においてはみな同じで、地位の上でも分類はされないだろう。彼らは単に異なった時に完全にされたのであって、地位の違いは全くない。すべての人たちが完全にされ、全宇宙の働きの終わりが来ると、地位に区別はなく、すべて平等となる。今日、この働きがあなたがたの間でなされ、その結果、あなたがたは勝利者になるであろう。もしこれがイギリスでなされたら、イギリスがあなたがたと同じように最初のグループをもつであろう。わたしがあなたがたの中で今日の働きを実行しているのは、ひたすら、特別に恵み深くなっているのである。そして、もしわたしがこの働きをあなたがたの間でしなかったら、同じように、あなたがたは第2のグループか、第3、第4、第5のグループとなるだろう。これは単に働きの順番の違いによるものである。第1と第2のグループは、一方の地位が高く、もう一方の地位が低いことを意味しているのではない。それは単にこの人たちが完全にされる順番を意味しているだけである。今日、これらの言葉があなたがたに伝えられているが、あなたがたはなぜもっと早くに知らされなかったのだろうか。なぜなら、過程を踏まえなければ、人々は極端に走る傾向があるからである。たとえば、イエスは当時「わたしが去ったように、わたしは再び来る。」と言った。今日、多くの人たちはこの言葉に夢中になり、彼らは白い衣を着て天に上げられるのを待つことだけを望んでいる。それだから、早く伝えない方が良い言葉が沢山ある。必要以上に早く語ってしまうと、人は極端な方向に走るからである。人の背丈はあまりに低く、これらの言葉の真理を見通すことができない。

人が地上で真の生活を達成すると、サタンの全勢力は縛られ、人は地上で楽に生きることになるだろう。物事は今日ほど複雑ではなくなるだろう。人間関係、社会関係、複雑な家族関係など…それらは厄介で、本当に苦しい。ここでの人の一生はとてもみじめである。人が一旦征服されると、彼の心と精神は変わるだろう。彼は神を畏れ敬う心を持ち、神を愛する心を持つだろう。全宇宙で神を愛することを求めるすべての人たちが征服され、つまりサタンが敗北し、サタン――暗闇の全勢力――が縛られると、地上での人の生活は困難でなくなり、地上で自由に生きることができるだろう。もし人の生活に肉的関係がなく、肉の複雑さがないなら、どれほど楽なことだろう。人の肉的関係はあまりにも複雑で、人にとってそのようなものを持つことは、彼がサタンの影響からまだ解放されていないことの証拠である。もしあなたが兄弟姉妹と同じ関係を持っていたら、もしあなたが家族と同じ関係を持っていたら、あなたは何の心配もしないだろうし、誰かを心配する必要もないだろう。これ以上のことはないだろうし、そうであれば人はその苦しみの半分から解放されるだろう。地上で普通の人間の生活をする人は、天使のようになる。依然として肉体を持っているけれども、人は天使のようになる。これは最後の約束で、人に与えられる最後の約束である。今日、人は刑罰や裁きを受けるが、あなたはそのような人の体験は無意味だと思うのか。刑罰や裁きの理由が全くなくなるだろうか。以前、人に刑罰を与え、裁くことは人を地獄に落とすことだと言われてきた。それは人の運命や将来を取り上げることを意味する。これは一つのこと、つまり人を清めるためである。神は人間から自身の手を洗ってから、人を故意に地獄に落すのではない。人の中にある反抗心に対処し、最終的に人の中にあるものが清められ、神に対して真の認識を持ち、人が聖人のようになるためである。もしこれがなされるなら、すべてが成就するだろう。実際、人の中にある対処されるはずのこれらのものが対処され、人が目覚ましい証しをするなら、サタンが打ち負かされ、たとえ人の中に本来あるものがまだ完全に清められず、少しは残っていても、一旦サタンが敗北すると、もはや困難をもたらすことはなく、その時人は完全に清められるであろう。人はそのような生活は体験したことがないが、サタンが打ち負かされると、すべてが解決し、人の中にある些細なことはすべて解決される。主な問題が解決されると、他の全ての問題も解決する。神が今回地上で人となり、神が人の間で自ら働きをする時、神がする全てのことはサタンを打ち負かすためである。そして、神は人を征服し、あなたがたを完全にすることで、サタンを敗北させるのである。あなたがたが目覚ましい証しをするとき、これもまた、サタンの敗北のしるしとなろう。サタンを打ち負かすために、人は最初に征服され、最終的に完全にされる。しかし、実質的にこれはサタンの敗北と同時に、全人類へのこのむなしい苦悩の海からの救いでもある。この働きが全世界で実行されるのか、中国で実行されるのかは別として、それはすべてサタンを負かすことであり、人が安息の地に入るよう全人類に救いをもたらすためである。神が普通の肉体を持ったことは正にサタンを負かすためだ。肉体の神の働きは神を愛する天の下にいる全ての人たちに救いをもたらすためであり、全人類を征服するためであり、さらには、サタンを負かすためである。神の経営の働きの中心は、全人類に救いをもたらすためのサタンの敗北と切り離せない。この働きの多くにおいて、あなたがたに証しをするように常に言うのはなぜだろうか。そしてその証しは誰に向けられるのか。サタンに向けられてはいないか。この証しは神のためになされ、神の働きがその効果を達成したことを証しするためのものである。証しをすることはサタンを負かす働きと関係している。もしサタンとの戦いがなかったら、人は証しをするよう要求されないだろう。サタンは敗北しなければならないので、人を救うと同時に、神はサタンの前で人が神に証しをするよう要求される。それは神が人を救い、サタンと戦いをするために用いられる。であるから、人は救いの対象でもあり、サタンを打ち負かすための道具でもある。そのため、人は神の経営全体の働きの核心におり、サタンは崩壊の対象、つまり敵にしかすぎない。あなたは自分は何もしていないと感じるかもしれないが、あなたの性質が変わることで、証しが生まれている。そしてこの証しは人に対してではなく、サタンに向けられている。人はそのような証しを楽しむのに適していない。神によってなされた働きを人はどのように理解することができるだろうか。神の戦いの対象はサタンであり、一方、人は救いの対象でしかない。人は堕落したサタンの性質を持っており、この働きを理解することはできない。これはサタンが堕落しているからである。それは人の中に生まれつきあるのではないが、サタンによって仕向けられる。今日、神の主な働きはサタンを負かすことである。つまり、それにより人を完全に征服し、その結果、人がサタンの前で、最終的な神の証しになるためである。このように、全てのことが成就されるだろう。多くの場合、あなたの肉眼では、何もなされなかったように見えるが、実際、働きはすでに完成されているのである。人はすべての仕事の完成が目に見えることを要求するが、それがあなたに見えなくても、わたしは働きを完成させたのである。というのはサタンが服従したということは、サタンが完全に敗北したということで、神の知恵、力、権威のすべてがサタンに勝利したという意味である。これこそまさに現れるべき証しであって、人に明白な表現はなく肉眼には見えなくても、サタンはすでに打ち負かされたのである。この働きのすべてがサタンに対抗しており、サタンとの戦いの故に実行される。そして、人は成功したと思わない多くの事があるが、神の目にはずいぶん前に成功しているのである。これはすべての神の働きの内なる真実の一つである。

一旦サタンが打ち負かされると、すなわち、一旦人が完全に征服されると、人はこのすべての働きは救いのためであり、この救いの方法はサタンの手から人を取り戻すためにあることを理解するだろう。神の経営の六千年の働きは、律法の時代、恵みの時代、神の国の時代と3段階に分かれている。これら3段階の働きはすべて人の救いのためである。すなわち、それらはサタンによってひどく堕落していた人類の救いのためである。しかし、それと同時に、神がサタンと戦うためでもある。そのため、救いの働きだけでも、3段階に分かれており、サタンとの戦いも3段階に分かれ、神の働きの2つの側面は同時に行われることになる。サタンとの戦いは実際人類の救いのためであり、そして人類の救いの働きは一つの段階で完了できるものではないから、サタンとの戦いは段階と期間に分けられている。そして戦いは人の必要性とサタンの人への堕落の大きさに一致してサタンに遂行される。おそらく人は、2つの軍が戦い合うように、神がサタンに向かって武器を取って戦うのだろうと考えている。人の知恵はこれくらいしか想像することができない。それはこの上なくあいまいで、非現実的な考えであるが、それが人の信じることである。そして、人の救いの方法はサタンとの戦いを通してなされるとわたしがこうして言うので、人はこれこそ戦いが行なわれる方法だと想像する。人の救いの働きは3段階で実行される。すなわちサタンとの戦いはサタンが完全に滅びる前に3段階に分割されるということである。しかし、サタンとの戦いにおける全ての働きの内なる真実は、人に恵みを施し、人の罪のいけにえとなり、人の罪を赦し、人を征服し、人を完全にすることによってその効果が達成されるということである。実際、サタンとの戦いは、サタンに武器で立ち向かうものではなく、人の救い、人のいのちへの働き、人の性質を変えることであり、それにより人が神の証し人となることである。サタンはこのようにして滅びるのである。サタンは人の堕落した性質を変えることで敗北する。サタンが敗北する、つまり人が完全に救われると、それから辱めを受けたサタンは完全に縛られる。こうして人は完全に救われる。そして、人の救いの実体はサタンとの戦いであり、サタンとの戦いはおもに人の救いの反映である。人が征服される終わりの日の段階は、サタンとの戦いの最終段階であり、またサタンの領域からの人の完全なる救いの働きでもある。人の征服の内なる意味はサタンの化身の帰還、つまりサタンに堕落させられた人が征服に引き続いて造り主に戻ることで、これにより人はサタンを見捨て、完全に神に戻る。このようにして、人は完全に救われるだろう。このように、征服の働きはサタンとの戦いにおいて最後の働きで、サタン敗北のための神の経営における最終段階である。この働きがなくては、人の完璧な救いは究極的には不可能で、サタンの完全敗北もまた不可能であろう。そして、人類は決して素晴らしい終着点に入ることはできず、サタンの影響から自由になることもできないだろう。従って、人の救いの働きはサタンとの戦いが終結する前に終えることはできない。というのは神の経営の働きの核心は人の救いであるからである。最初の人類は神の手にあったが、サタンの誘惑と堕落から、人はサタンに縛られ、悪の手に落ちてしまった。そうしてサタンは、神の経営の働きの中で打ち負かす対象となった。サタンは人を自分の所有物とし、人は神の全経営物なので、人が救われるにはサタンの手から取り戻されなければならない。すなわち、サタンの捕虜となった人が連れ戻されなければならないのである。サタンは人の古い性質が変えられ、本来の理知を回復することで打ち負かされ、この様にして、捕虜となっていた人はサタンの手から取り戻される。もし人がサタンの影響や束縛から自由になると、サタンの面目がつぶされ、人は最終的には連れ戻され、サタンは敗北する。そして人はサタンの暗闇の影響から解放されたので、人類の救いのすべての働きが完了した後、人はこのすべての戦いの戦利品となり、サタンはこの戦いが終わると懲罰の対象となる。

神は被造物に対して悪意はなく、サタンを負かすことだけを願っている。神の働きのすべては――それが刑罰であろうと裁きであろうと――サタンに向けられている。それは人類の救いのために実行され、すべてサタンを負かすためであり、目的はひとつである。それはサタンと最後まで戦うことである。そして神はサタンに勝利するまで、決して休むことはない。神はサタンを負かして初めて休息する。神によってなされるすべての働きはサタンに向けられており、サタンに堕落させられた人たちはすべてサタンの領域で管理され、すべてサタンの領域で生きているため、もし神がサタンと戦うか、もしくはサタンを断ち切らなければ、サタンはその人たちの掌握をゆるめないだろうし、彼らは神のものとされないだろう。もし彼らが、神のものとされなかったら、それはサタンは打ち負かされておらず、征服されていないとことを証明する。そして、神の六千年の経営計画の最初の段階で、神は律法の働きをし、第2段階で恵みの時代の働き、すなわち、十字架の働きをし、第3段階で、神は人類征服の働きをした。このすべての働きはサタンが人類を堕落させた程度に仕向けられており、それはすべてサタンを負かすためであり、サタンを負かすためではない段階は一つもない。神の経営の六千年の働きは実質大きい赤い竜に対する戦いであり、人類を救う働きもまたサタンを負かす働きであり、サタンと戦いをする働きである。神は六千年も戦い、この様にして、人を最終的に新しい領域に連れて行くため六千年も働いてきた。サタンが打ち負かされると、人は完全に自由になる。これこそ今日の神の働きの方向ではないだろうか。これこそ正に今日の働きの方向である。つまり人を完全に自由にし、解放することである。その結果、人はどんな規則の下にもなく、どんな束縛や抑制もなくなる。この働きのすべてはあなたがたの背丈とあなたがたの必要性に即してなされる。つまり、あなたがたが達成できる物が提供される。それは「アヒルを追いやって止まり木に止まらせる」というような、能力以上のことを強制するものではない。そうではなく、このすべての働きはあなたがたの実際の必要性と一致して実行されるのである。それぞれの段階は人の実際の必要性や必要と一致しており、サタンを打ち負かすためである。実際、初めは造り主と創造物との間に壁はなかった。それらはすべてサタンが引き起こしたのである。人はサタンの妨害と堕落の故に何も見えず、触ることもできなくなった。人は犠牲者で、欺かれた者である。サタンが敗北すると、被造物は造り主を見上げ、造り主は被造物に目を注ぎ、彼らを一人一人導くことができる。人が地上で送るべき生活はこれだけである。そして、神の主な働きはサタンを負かすことで、サタンが敗北すると、すべてが解決される。今日、あなたは、神が人々の間に来たことが特別なことであることを知っただろう。神はあなたがたの欠点を毎日見つけるために来たのでもなく、自らの容貌、話し方、生き方を見せるために来たのでもない。神が肉となったのは、単にあなたがたが神を見上げるようになるためでも、あなたがたの目を開くためでも、自らが語る奥義や自らが開いた七つの封印に関して聞くことができるようになるためでもない。むしろ、神はサタンを負かすために肉となったのである。神は人を救うために、またサタンと戦うために、肉体を持ち自ら人の所に来た。そしてこれこそ受肉の意義である。もしそれがサタンを負かすためでなかったなら、神は自らこのような働きをしないだろう。神は人々の間で自らの働きをするため、人に自らを顕すため、そして人が神を見上げることができるようになるため、地上に来た。これはささいなことだろうか。これは実に素晴らしいことだ。神が来たのは人が想像するのとは違い、人が神を見上げ、神は漠然としてあいまいな存在ではなく本物で、高尚だけれどへりくだっていることを人が理解するために来たのではない。それほど単純なことだろうか。正確には、サタンが人の肉体を堕落させ、神が救おうとしているのは正に人間なので、神は肉となってサタンと戦い、自ら人を牧養しなければならない。これは神の働きにのみ有益である。二度肉となった神はサタンを打ち負かすために存在し、より良く人を救うために存在した。それが神の霊であっても、人となった神であっても、サタンと戦っている者は神でしかあり得ないからである。要するに、サタンと戦っている者は天使のはずはなく、ましてやサタンに堕落させられた人間であるはずはない。天使にそのような力はなく、人間はもっと無能である。そのように、もし神が人のいのちに働くことを望むなら、もし神は人に働くために自ら地上に来ることを望むなら、神は自ら肉体を取り、つまり、神は自ら人となり、神の本来の身分と神がしなければならない働きをもって、人を救うために自ら人の中に来ることである。もしそうでなければ、もしこの働きをしたのが神の霊か、人間であったなら、この戦いは永遠にその効果を成し遂げることはないだろうし、決して終わることもないだろう。神が肉となり、人の間で自らサタンに戦いを挑むことでのみ、人に救いのチャンスがあるのである。さらに、その時初めてサタンは辱められ、付け込む機会も、実行する計画も何もないまま取り残されるだろう。人となった神によってなされた働きは、神の霊によって成し遂げることは不可能であり、神の代わりに肉体を持った人によって成し遂げることはもっと不可能である。というのは、神がする働きは人のいのちのためであり、人の堕落した性質を変えるためであるからだ。人がこの戦いに加わるとしたら、痛ましい混乱からただ逃げるだけで、人の堕落した性質を変えることは単純に不可能であろう。人が十字架から人を救ったり、反抗的な人間すべてを征服したりするのは不可能で、原理に沿って古い働きを少しするか、サタンの敗北とは関係のない他の働きをすることが可能なだけである。それならなぜ敢えてそのようなことを考えるのか。人間を神のものとすることができず、ましてやサタンを敗北させることのできない働きの意味は何か。サタンとの戦いは神自らによってのみ実施され、人がするのは単に不可能である。人の本分は服従して従うことである。人は新しい時代を開く働きもできなければ、サタンと戦う働きをすることもできないからだ。人はただ神自らの指導の下で、造り主を満足させることができるだけで、それを通して、サタンは打ち負かされるのである。これは人ができる唯一のことである。そして、新しい戦いが始まるたびに、すなわち、新しい時代の働きが始まるたびに、この働きは神自らによってなされ、それを通して、神は時代全体を導き、全人類に新しい道を開く。新しい時代の夜明けはサタンとの戦いの新しい始まりで、それを通して、人は神自らが導くもっと新しく、もっと美しい領域と新しい時代に入る。人はすべての物の支配者だが、神のものとされた人たちはサタンとの戦いの実となるであろう。サタンはすべての物の破壊者で、すべての戦いの終わりの敗北者で、またこれらの戦いに続いて懲罰される者である。神、人、サタンの中で、サタンだけが忌み嫌われ拒絶される者である。その一方で、サタンのものにされ、神に取り戻されない人たちは、サタンに代わって懲罰を受ける者たちである。これら三者の中で、神だけがすべての物に礼拝されるべきである。一方サタンに堕落させられたが、神によって連れ戻され、神の道に従う人たちは、神の約束を受け、神にとって邪悪な者たちを裁く者たちになる。神は確かに勝利し、サタンは確かに敗北するが、人々の中には、勝利する者と敗北する者がいる。勝利する者たちは「勝利者」に属し、敗北する者たちは敗北者に属する。これは種類によるそれぞれの分類で、神のすべての働きの最終結果であり、神の働きの目的でもあり、そしてそれは決して変わることはない。神の経営計画の主な働きの核心は、人の救いに焦点が置かれている。そして、この核心のために、この働きのために、そしてサタンを打ち負かすために、神は肉となった。はじめて神が肉となったのも、サタンを打ち負かすためであった。神は最初の戦いの働きを完成させるために、自ら、肉となり、自ら十字架に釘づけにされたが、それは人類の贖いの働きであった。同じように、この段階の働きも神が自ら肉となり、人の間で働き、自ら言葉を語り、人が神に会うことを許した。もちろん、その働きの途中で他の働きもすることは避けられないが、神が自らその働きを実践する主な理由はサタンを打ち負かすことであり、全人類を征服することであり、これらの人たちを自らのものとすることである。だから、神の肉による働きは、真に重要である。もし神の目的が、神はへりくだって隠しており、神が実在することを人に示すだけであったら、もしそれだけのためであったら、神が肉となる必要はなかっただろう。たとえ神は肉とならなかったとしても、神は自らがへりくだり、隠していること、そして自らの偉大さと聖さを人間に直接顕かにすることができただろう。しかしそのようなものは人類を経営する働きとは何の関係もない。それらによって人を救ったり、人を完全にしたりすることは不可能で、ましてやサタンを打ち負かすことなどできない。もしサタンの敗北が霊と霊との戦いだけを含むなら、そのような働きは実際の価値はさらに少ないだろう。人を神のものとすることは不可能で、人の宿命や将来性を駄目にするだろう。そのように、今日の神の働きには深い意義がある。それは人が神を見ることができたり、人の目が開かれたり、人にもう少し感動と励ましを与えたりするためではない。そのような働きは意味がない。もしあなたがこの種の認識を語ることしかできないなら、それはあなたが神の受肉の真の意義を分かっていないことの証明である。

神の経営計画の働き全ては神自身が自らする。第1段階、世界の創造は神自身が自ら行った。そして、もしそれがなされなかったなら、誰も人類を創造することはできなかっただろう。第2段階は、全人類の贖いであり、それもまた神自身が自ら行った。第3段階は言うまでもない。神のすべての働きの終結のために、神が自ら、更に働かなくてはならない。すべての人間を贖い、征服し、神のものとし、完全にする働きはすべて神自身が自ら実行する。もし神がこの働きを自ら行わないなら、神の身分は人によって表されることはできないし、神の働きも人によってなされることはない。サタンを打ち負かすために、人類を神のものとするために、そして、地上で普通の生活を人に与えるために、神は自ら人を導き、人の間で働く。神の経営計画のために、そして、すべての働きのために、神は自らこの仕事をしなければならない。もし人が、神が来たのは人が神を見るためで、人を幸福にするためであるとしか信じていないなら、そのような信念は価値がなく、何の意味もないだろう。人の認識はあまりにもうわべだけである。神自らによって実行されて初めて、この働きは完璧に完了されるのである。人は神の代わりにそれをすることはできない。人は神の身分も本質も持っていないので、神の働きをすることは不可能である。たとえ人がしたとしても、何ら効果はないだろう。初め神が肉となったのは贖いのためであった。すべての人間の罪を贖い、清められ、罪が赦されることを可能にするためであった。征服の働きも神が人の中で自らする。もし、この段階で、神が預言しか語らないのであれば、預言者か、誰か賜物のある人を見つけて、神の代わりをしてもらうこともできよう。もし、預言しか語らないなら、人は神の代役を務めることもできよう。しかし、もし人が神自身の働きを自ら務め、人のいのちに働くということになれば、この働きをするのは不可能であろう。それは神自らによって直接されなければならない。神はこの働きをするために自ら人とならなければならない。言葉の時代に、もし預言しか語られないなら、この働きのために預言者イザヤかエリヤを見つけてくればよいし、神自身が自らそれをする必要はないだろう。この段階でなされる働きはただ預言を語るだけではなく、更に重要な、人を征服し、サタンを打ち負かすために用いられる言葉の働きなので、この働きは人ではなく、神自身によって自らなされなければならない。律法の時代にヤーウェは神の働きの一部を行い、その後、預言者を通して神が言葉を語り、ある働きをした。これは人がヤーウェの働きの代役を務めることができ、預言者は物事を予言し、神に代わって夢を解き明かすことができるからである。初めになされた働きは人の性質を直接変える働きではなく、人の罪とも関係なく、人は律法を守ることだけを要求されていた。だから、ヤーウェは肉となって自らを人に顕すことをしなかった。そして、ヤーウェはモーセや他の人たちに直接語り、ヤーウェの代わりに彼らに語らせ、働かせ、人々の間で彼らが直接働くようにしたのである。神の働きの第1段階は人を指導することであった。それがサタンとの戦いの始まりだったが、この戦いはまだ正式には始まっていなかった。サタンとの正式な戦いは神の最初の受肉とともに始まり、そして、それは今日に至るまでずっと続いてきた。この戦いの最初の出来事は、人となった神が十字架に釘づけされた事である。人となった神の十字架はサタンを打ち負かし、それが戦いの最初の成功段階であった。人となった神が人のいのちに直接働き始めるとき、これこそ人を再び神のものとする働きの正式な始まりで、これは人の古い性質を変える働きなので、サタンとの戦いをする働きである。ヤーウェによってなされる最初の段階の働きは、地上の人の生活の指導だけだった。それは神の働きの始まりで、まだいかなる戦いもいかなる大きな働きも関与していなかったが、これから来る戦いの働きの基盤を築いた。その後、恵みの時代の働きの第2段階には、人の古い性質を変えることが含まれるが、それは神自らが人のいのちに働いたことを意味している。これは神自らが行わなければならなかった。それは神が自ら肉となることを必要とし、もし神が肉とならなかったなら、誰ひとりこの段階の働きで神に代わることはできなかった。というのは、それはサタンと直接戦う働きを表していたからである。もし、人が神に代わってこの働きをしたとしたら、人がサタンの前に立った時、サタンは服従することはなかっただろうし、サタンを打ち負かすことは不可能だったろう。サタンを打ち倒すのは、受肉した神でなければならなかった。受肉した神の本質は依然として神であり、依然として人のいのちであり、依然として造り主であるからである。何が起ころうとも、神の身分と本質は変わらないのである。そして、神は肉体を取り、サタンに完全服従させるために働きをした。終わりの日の働きの段階で、人がこの働きをし、言葉を直接語ることを強いられるなら、人はそれらを直接語ることはできないだろう。そして、もし預言が語られるなら、人を征服することは不可能であろう。神は肉体を取り、サタンを打ち負かし、完全服従させるために来る。神は完全にサタンを敗北させ、完全に人を征服し、完全に人を神のものとすると、この段階の働きが完了し、働きが成功する。神の経営において、人は神の代役を務めることはできない。特に、時代を導き、新しい働きを始めることは、神自身が自らする必要がある。人に啓示を与えたり、預言を与えたりすることは人によってなされることも可能だが、もしそれが、神自らがしなければならない働きで、神自らとサタンとの戦いの働きなら、これは人によってなされることはできない。働きの第1段階で、サタンとの戦いがないときは、ヤーウェは預言者たちによって語られた預言を用いて自らイスラエルの民を導いていった。その後、第2段階はサタンとの戦いであり、この働きをするために、神自らは肉体を取り、自ら人となった。サタンとの戦いが関与することもまた、すべて神の受肉が関与する。この戦いは人が行うことはできないのである。もし人が戦うことになれば、サタンを打ち負かすことは不可能であろう。人はサタンの支配下にありながら、どのように戦うための力を持つことなどできようか。人は真ん中にいる。もしあなたがサタンの方に傾くなら、あなたはサタンに属し、あなたが神を満足させるなら、あなたは神に属す。この戦いの働きを神に代わって人が務めるとなったら、人はそれを成し遂げることができるだろうか。もしそれをしていたら、人はとうの昔に滅びてはいなかったろうか。人は黄泉の国にとうの昔に入ってはいなかったろうか。このように、人は神に代わってその働きをすることはできない。すなわち、人は神の本質を所有しておらず、もし人がサタンと戦うなら、サタンを打ち負かすことは不可能であろう。人ができることはそれほど多くない。ある人たちを説得して引き入れることはできるが、神自らの働きにおいて神の代役を務めることはできない。人はどうしてサタンと戦うことなどできようか。サタンはあなたが戦い始める前に、あなたを捕虜にするだろう。神自らのみがサタンと戦うことができ、これに基づいて、人は神に従い服従することができる。この方法でのみ、人は神のものとされ、サタンの束縛から逃れることができる。人が自分自身の知恵、権威、能力で達成できることは、あまりにも限られている。人間には人を完全にし、導き、さらにサタンを打ち負かすことなど不可能である。人の知能と知恵はサタンの計画を妨害することはできない。それなら、人がサタンとなど戦うことができようか。

進んで完全にされたいと思う人たちなら誰でも、完全にされる機会がある。だから皆リラックスしていなければならない。将来、あなたがたはみな終着点に入るだろう。しかし、もしあなたが進んで完全にされようとせず、素晴らしい領域に入ることを願わないなら、それはあなた自身の問題である。喜んで完全にされようとし、神に忠実である人たちすべて、服従する人たちすべて、そして自分の役目を忠実に成し遂げる人たちのすべて――そのような人たちはすべて完全にされることができる。今日、自分の本分を忠実に果たさない人たちすべて、神に忠実でない人たちすべて、神に服従しない人たちのすべて、とりわけ聖霊の啓示と光を受けたが、それを実践しなかった人たち――そのような人たちは完全にされることはできない。神に喜んで忠実に従う人たちは誰でも、たとえ彼らが多少無知であっても、完全にされることができる。喜んで求めている人たちはすべて完全にされることができる。これを心配する必要はない。あなたがこの方向で進んで追求している限り、あなたは完全にされることができる。わたしはあなたがたの中でこの様な人たちのひとりでも進んで見捨てたり、排除したりすることは願わないが、もし人が一生懸命努力しないなら、あなたは自分自身を破滅させているだけである。あなたを排除するのはわたしではなく、あなた自身である。もしあなた自身が一生懸命努力しないなら――もしあなたが怠慢で、自分たちの本分を果たさなかったり、忠実でなかったり、真理を追求しなかったり、お金を使ったり性的密事にふけったりして好きなようにいつもふるまっているなら、あなたは自分自身を罪に定めており、誰の同情も得る価値はない。わたしの目的は、あなたがたがみな完全にされることで、少なくても征服され、この働きの段階は成功をもって終えることである。神の願いは一人ひとりがみな完全にされ、最終的に神のものとされ、神によって完全に清められ、神に愛される者となることである。あなたがたは進歩がおそく、才幹に劣ってるとわたしが言おうと問題はない――これはすべて事実である。わたしが言っていることは、わたしがあなたを見捨てるつもりであり、あなたがたに望みを失い、ましてやあなたがたを救いたいとは思っていないことの証明などではない。今日、わたしはあなたがたの救いの働きのために来ており、すなわち、わたしがする働きは、救いの働きの続きである。すべての人は完全にされる機会が与えられている。あなたが喜んで受け入れるなら、あなたが求めるなら、最後には、その効果を達成でき、誰一人見捨てられることはないだろう。もしあなたの力量が乏しければ、わたしはその力量にあったことをあなたに要求する。もしあなたの力量が豊かならば、わたしはその豊かな力量に合ったことをあなたに要求する。もしあなたが無知で無学なら、わたしはあなたの無学に合ったことを要求する。もしあなたに教養があるなら、わたしはあなたの教養に合ったことを要求する。もしあなたが高齢なら、わたしはあなたの年齢に合ったことを要求する。もしあなたが人をもてなすことができるなら、わたしはそれに合ったことを要求する。もしあなたが人をもてなすことはできず、特定の役割しか果たせないと言うのなら、それが福音を伝えることであれ、教会の手入れであれ、そのほか一般的なことであれ、あなたがするそれらの事を通して、わたしはあなたを完全にする働きをする。忠実であること、最後まで従うこと、神への崇高な愛を求めること――これこそあなたが達成しなければならないことで、この3つよりすぐれたものは何もない。究極的には、人はこれら3つの事を成し遂げることを要求されている。そして、もし人がそれらを達成できるなら、その人は完全にされるだろう。しかしまず、あなたは真剣に追い求め、消極的になるのではなく、積極的に前に進み続けなければならない。あらゆる人は完全にされる機会があり、完全にされることが出来るとわたしは既に言った。これは重要だが、あなたは一生懸命追求していない。もしあなたがこれら3つの基準を満たすことができないなら、あなたは最後には排除されなければならない。わたしはすべての人が追い付いて、すべての人が聖霊の働きと導きおよび示しを得、最後まで従うことができることを望んでいる。なぜなら、これはあなたがた一人ひとりがなすべき本分であるからだ。あなたがたが本分を全て果たし終えたとき、あなたがたはみな完全にされ、また素晴らしい証しを持つことだろう。証しを持つすべての人たちはサタンに勝利し、神の約束を手に入れた人たちで、そして彼らは素晴らしい終着点で生き残る人たちである。

脚注:

a. 原本は「今、~なので」となっている。