真理を実践する人だけが神に救われる

神が過去の出来事を覚えていようといまいと、いまのあなたがたに希望がひとかけらでもある限り、このような心構えを保つべきです。「私は性質の変化と神を知ることを求めるべきだ。再びサタンに騙されたり、神の名に恥をもたらすことを絶対にしてはいけない」あなたが救われるかどうか、希望があるかどうかを決める鍵となるのは、説教を聞いたあとに真理を受けられるかどうか、真理を実践できるかどうか、変わることができるかどうかです。


後悔するばかりで、行動する時が来ても以前と同じ考え方にこだわって行動し、そのことについてまったく理解しておらず、ますます悪化するなら、あなたに希望はなく、間違いなく消し去られます。神と自分自身を理解すればするほど、自分を掌握することができます。自分の本性を十分に理解すればするほど、自分を更に掌握することができます。自分の経験をまとめ上げれば、そのことでまた失敗することはありません。


実は誰にも欠点があり、それはどれも傲慢やうぬぼれといったある種の堕落した性質をあらわし、何らかの過ちを犯したり、働きの中で間違いや失敗を犯したり、少しばかり反抗的だったりすることを示します。それは堕落した人間が避けられない事です。しかしいったん真理を理解すれば、あなたはきっとそれらを避け、過去の出来事に絶えず悩まされる必要はなくなります。恐れるべきは、真理を理解した後も変わらないこと、間違いだと分かっていてもそうし続けること、間違いだと言われても同じ振る舞いを続けることです。そのような人は贖いの対象ではありません。


『キリストの言葉の記録』より編集

前へ: あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

次へ: 己を知るために自分の真の状態を理解しなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は天におり、地にもいる

地にいる時の 神は 人の心の中の 実際の神 天にいる時の 神は あらゆる被造物の 支配者 かつて神は 山と海を巡り 人類の間を そっと歩んで来た 誰が逆らえよう 実際的な神に 誰が逃れられよう その支配から 誰が言い切れよう 神は天にいるのだと 誰が言い切れよう 神は地にいる…

神から託されたことを成し遂げるために身も心も捧げよ

私たちは身も心も捧げる 人類と敬虔な信者の一人として 神の委託任務を果たすために それが私たちの責任と義務 それが責任と義務 私たちの存在は神からの贈り物 神の支配がなければ存在すらできない 私たちの存在は神からの贈り物 神の支配がなければ存在すらできない この身と心を神の…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索