556 真理を実践する人だけが神に救われる

1 神が過去の出来事を覚えていようといまいと、いまのあなたがたに希望がひとかけらでもある限り、このような心構えを保つべきです。「私は性質の変化と神を知ることを求めるべきだ。再びサタンに騙されたり、神の名に恥をもたらすことを絶対にしてはいけない」あなたが救われるかどうか、希望があるかどうかを決める鍵となるのは、説教を聞いたあとに真理を受けられるかどうか、真理を実践できるかどうか、変わることができるかどうかです。

2 後悔するばかりで、行動する時が来ても以前と同じ考え方にこだわって行動し、そのことについてまったく理解しておらず、ますます悪化するなら、あなたに希望はなく、間違いなく消し去られます。神と自分自身を理解すればするほど、自分を掌握することができます。自分の本性を十分に理解すればするほど、自分を更に掌握することができます。自分の経験をまとめ上げれば、そのことでまた失敗することはありません。

3 実は誰にも欠点があり、それはどれも傲慢やうぬぼれといったある種の堕落した性質をあらわし、何らかの過ちを犯したり、働きの中で間違いや失敗を犯したり、少しばかり反抗的だったりすることを示します。それは堕落した人間が避けられない事です。しかしいったん真理を理解すれば、あなたはきっとそれらを避け、過去の出来事に絶えず悩まされる必要はなくなります。恐れるべきは、理解した後も変わらないこと、間違いだと分かっていてもそうし続けること、間違いだと言われても同じ振る舞いを続けることです。そのような人は贖いの対象ではありません。

『キリストの言葉の記録』より編集

前へ: 555 あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

次へ: 557 あなたは自分の本性を認識しているか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索