全能者の超越性と偉大さ


いつも神の意のまま

神の見守る中

雷光のような速さで

この世界は変わることがある

人が夢にも思わなかったことが到来するだろう

人が長らく手にしていた物は

消え去ってしまうだろう

神の足跡を知る者は誰もいない

誰も彼の力の偉大さを把握できない

人に見えないものを感知するのが神の超越性

人が彼を拒んでもなお人を救う

これこそが神の偉大さ


生と死の意味を

生の法則を

全て知っている彼は

人類生存の拠り所だ

偉大な贖い主である彼は、人をまたも復活させる

神は幸せな心を重くし

悲しむ心を軽くする

神の足跡を知る者は誰もいない

誰も彼の力の偉大さを把握できない

人に見えないものを感知するのが神の超越性

人が彼を拒んでもなお人を救う

これこそが神の偉大さ

彼はこのすべてを

彼の計画彼の手による業のために行う

神の足跡を知る者は誰もいない

誰も彼の力の偉大さを把握できない

人に見えないものを感知するのが神の超越性

人が彼を拒んでもなお人を救う

これこそが神の偉大さ

『言葉は肉において現れる』の「全能者のため息」より編集

前へ: 神の権威はいたるところにある

次へ: 神の怒りの光景

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮つ…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

真の信仰を持つ者だけが神の承認を受ける

モーセが岩を打って 神の恵みの水が溢れ出た時 それは信仰によって起きた ダビデがヤーウェを讃えるため 音楽を奏でた時 ダビデの心は喜びで満ちあふれていた それは信仰によって起きた ヨブが家畜や財産を失い 身体が腫物で覆われた時 それは信仰によって起きた それでもなおヤ-ウェの声を…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索