性質の変化は自分の本性を認識することから始まる

1. 性質を変える第一歩は何か。あなたがたは知っていますか。まずは自分の本性を認識することから始めなさい。それが鍵です。本性を認識するにはどうすればよいですか。実のところ、本性を認識することは魂の奥底にあるものを分析することを意味します。そこには自分のいのちに何があるかが関わってきます。それはサタンの論理であり、数多くのサタン的な視点であって、あなたはもともとそれらに頼って生きてきました。つまり、あなたが生きてきたのはサタンのいのちなのです。自分の魂の奥底にあるものを掘り下げることでのみ、自分の本性を認識できます。それはたとえば、物事への視点、人生における手段と目標、人生観と価値観、そして真理に関するあらゆることへの観点です。そのすべてが人の魂の奥深くに存在しており、性質の変化と直接関係しています。

2.堕落した人類はどのような人生観をもっていますか。それは「己を怠る者は、天罰を受け地が滅ぼす」です。人はみな自分のために生き、簡単に言えば肉体にものを食べさせ、服を着せることしか気にしていません。人のいのちに意義や価値などこれっぽっちもないのです。あなたの人生観には、自分が何に頼って生き延び、この世で暮らしていくかが伴っています。あなたはそのために生き、それがあなたの生き方を決めています。それらのすべてが人の本性の本質です。本性を分析することで、人がみな神に抵抗していること、みな悪魔であって本当の善人が一人もいないことがわかります。人の本性を分析することでのみ、人類の本質と堕落、人が本当は何に属しているか、本当に欠けているものは何か、どのように真理を追求して人間らしく生きるべきかが真にわかるのです。それが理解しなければならない真理です。

『キリストの言葉の記録』の「性質の変化について知るべきこと」より編集

前へ: 性質の変化には聖霊の働きが必要とされる

次へ: 自分の本性を知ることが性質を変える鍵

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索