己を知るために自分の真の状態を理解しなさい

1.自分を認識しようとするなら、自分の本当の状態を理解しなければなりません。自分の状態を理解する上で最も重要なのは、自分の思いや考えを把握することです。あらゆる時代において、人の考えは一つの大きな事柄によって支配されてきました。自分の考えを把握できれば、その背後にあるものを把握できます。人は自分の思いや考えを支配できませんが、これらの思考がどこから生じるのか、それらの背後にある動機は何か、これらの思考がどのように生み出されるのか、それらを支配するものは何か、それらの本性は何かを知る必要があります。

2.性質が変化すると、思いや考え、心が追い求める欲望、追求している物事への見方など、あなたの中で変化を遂げた部分から生み出される事柄は違ったものになります。あなたの中で変化を遂げていない部分から生じる思考、あなたがはっきり理解していない事柄、真理の経験に置き換えていない物事は、不潔で汚れていて醜いものです。数年にわたって神の働きを経験してきた今日の人には、これらのことに関する認識と感覚がいくらかあります。短期間しか神の働きを経験していない人はこれらのことをまだ理解していません。いまだに不明瞭なのです。そのような人は、自分のアキレス腱はどこなのか、どの方面で容易につまずきがちなのかを知りません。

3. あなたがたは今のところ、自分がどのような人間なのかを知らず、またあなたがどのような人間なのか、他人はある程度まで見ることができるにもかかわらず、あなたはそれを感じ取ることができません。自分の普段の考えや意図をはっきり認識しておらず、これらのことの本質は何かも明確に理解していません。一つの側面を深く認識すればするほど、あなたはその側面においてさらに変化します。そのようにして、あなたが行なう物事は真理と一致し、あなたは神の要求を満たすことができ、神の旨に近づきます。このように追い求めることでのみ、成果を挙げることができます。


『キリストの言葉の記録』の「常に神に対して要求がある者は最も理知に欠ける」より編集

前へ: 真理を実践する人だけが神に救われる

次へ: どのようにして人間の本性を認識すればよいか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索