神に対するあなたの認識はどのようなものか

人々は長いこと神の存在を信じてきたが、ほとんどの人は「神」という言葉を理解していない。単にぼんやりと後について行くだけである。彼らは一体なぜ神を信じるべきなのか、あるいは一体神とは何かについてまったくわかっていない。人々が神を信じ、従うことだけは知っていても、神が何かを知らなければ、そしてまた神を理解していなければ、これは世界最大の笑い話ではないだろうか。たとえ人々が今までに多くの天の奥義を目撃しており、これまで決して把握していなかったたくさんの深遠な知識について聞いていたとしても、最も初歩的だが、いまだ熟慮されていない多くの真理に関しては何も知らない。「わたしたちは何年にもわたり神を信じてきた。神が何かわからないわけがない。わたしたちを見くびっているのではないか」と一部の人は言うだろう。しかし実際には、今日誰もがわたしに従っているものの、誰もこの現在の働きを何も理解していない。もっとも明白で簡単な問題ですら理解できず、まして神に関する問題のような極めて複雑な問題は言うまでもない。自分が払いのけて、見つけだすことのできないこれらの問題こそが、もっとも理解すべき問題であることを知るべきである。なぜならあなたは群衆に従うことしか知らず、自分が身に着けておくべきものに注意を払わず、配慮しないからである。なぜ神を信仰するべきか、本当にわかっているのか。神が何であるか、本当にわかっているのか。人が何であるか、本当にわかっているのか。神を信仰している人としてこれらのことを理解できなければ、神の信者としての尊厳を失わないだろうか。今日のわたしの働きは以下の通りである。人々に自分自身の本質を理解させること、わたしの行うすべてを理解させること、および神の本当の顔を知らせること。これはわたしの経営(救いの)計画の最終行動、わたしの働きの最後の段階である。だからわたしは前もって人生の奥義のすべてをあなたがたに語り、あなたがたのすべてがそれらをわたしから受け入れることができるようにしているのである。これは最後の時代の働きなので、わたしはあなたがたがこれまで決して会得することのなかったいのちの真理のすべてを語らなければならない。あなたがたはあまりにも不完全で、あまりにも準備不足なので、それらを吸収することやそれらに耐えることができなくても、わたしは語らなければならない。わたしはわたしの働きを完了し、わたしのすべての必要な働きを終わらせ、わたしがあなたがたに行うよう任せていることを十分に知らせて、暗闇が降りてきたとき、あなたがたがふたたび迷って、邪悪な者の策略にだまされないようにしたい。あなたがたの理解力の及ばない道、あなたがたが理解しない事柄がたくさんある。あなたがたはそれほど無知なのだ。わたしはあなたがたの霊的背丈と欠点をよく知っている。従って、たとえあなたがたが吸収できないであろう言葉がたくさんあっても、わたしはあなたがたがこれまで決して会得しなかったこれらの真理のすべてをあなたがたに話したい。あなたがたの現在の霊的背丈では、わたしの証人になれるかどうか心配し続けているからである。あなたがたをみくびっているわけではない。あなたがたは皆、わたしの正式な訓練を受けていない獣であり、あなたがたの中にどのくらい栄光があるかは実に疑わしい。あなたがたに働きかけるためにわたしは多くの精力を注ぎ込んできたが、あなたがたに積極的な要素は事実上存在せず、消極的な要素は指折り数えることができ、サタンに恥をかかせる証しとしてしか役立たない。それ以外にあなたがたのなかにあるもののほとんどすべてはサタンの毒である。わたしにはあなたがたが救いようもないように見える。目下のところ、わたしはあなたがたのさまざまな表現や態度を見て、ようやくあなたがたの本当の霊的背丈を知った。だからわたしはあなたがたのことを心配し続けている。思うままに暮らすよう放置されたら、人は本当に最終的には今日よりも良い、あるいは今日と同じくらいの状態でいられるだろうか。あなたがたは自分の子供じみた霊的背丈が心配ではないのか。あなたがたは本当にイスラエルの選民のようになり、どのようなときでもわたしに、わたしだけに忠実になることができるのか。あなたがたが今見せているのは、親の目の届かないところにいる子供のいたずら好きな特質ではなく、主人のむちの届かないところで動物に沸き起こる獣性である。あなたがたは自分の本性を知るべきで、それはあなたがたすべてが共有している弱点、共通の病気でもある。したがって、今日わたしからあなたがたへの唯一の忠告は、わたしの証人になることである。いかなる事情があろうとも、古い病気を再発させてはいけない。もっとも重要なのは、証しをすることである。それがわたしの働きの核心である。あなたがたは、マリアが夢に現れたヤーウェの告知を受け入れ、信じて、従ったように、わたしの言葉を受け入れるべきである。これだけが精神的に純潔であるとみなされる。なぜならあなたがたはわたしの言葉を一番多く聞く人々であり、わたしによってもっとも祝福される人々だからである。わたしはあなたがたにわたしの貴重な所有物すべてを与え、すっかり何もかもあなたがたに授けよう。しかしながら、あなたがたの地位とイスラエルの人々の地位は非常に異なり、完全に天と地ほどもかけ離れている。それにもかかわらず、彼らに比べると、あなたがたはずっと多くのものを受け取っている。彼らが必死にわたしの出現を待っている一方、あなたがたはわたしと共に愉快な日々を過ごし、わたしの富を共有している。比較すると、何があなたがたに、不平を言い、わたしと口喧嘩し、わたしの所有物の分け前を要求する権利を与えているのか。あなたがたは十分受け取っていないのか。わたしは多くを与えているが、あなたがたがお返しにわたしにくれるものは悲痛な悲しみと不安、それに手に負えない恨みと不満である。あなたがたはあまりにも不快だが、同時に哀れでもある。よってわたしは憤りをすっかり吞み込んで、あなたがたに繰り返し反対の声を上げるしかない。この数千年にわたる働きにおいて、これまでわたしが人類にまったく異論を唱えなかったのは、人類の発展の歴史上で、あなたがたの間の偽りだけがもっとも有名であることに気づいたからである。偽りは、古代の有名な先祖によってあなたがたに残された貴重な継承物のようなものである。わたしはそれらの人間以下の豚と犬をどれだけ憎むことか。あなたがたはあまりにも良心に欠けている。あなたがたの性格はあまりにも卑劣である。あなたがたの心はあまりにも無情である。もしわたしがこれらのわたしの言葉、わたしのこの働きをイスラエル人にもたらしたら、わたしはずっと以前に栄光を獲得していただろう。しかし、あなたがたの間ではそうはいかない。あなたがたの間には、残酷な無視、あなたがたの冷たい態度、あなたがたの言い訳しかない。あなたがたはあまりにも感情がなく、あまりにも価値がない。

あなたがたはわたしの働きに対してあなたがたのすべてを提供するべきである。あなたがたはわたしのためになる働きをするべきである。わたしはあなたがたにとって曖昧なことすべてについてあなたがたに話し、あなたがたに欠けているすべてをわたしから獲得できるようにしたい。たとえあなたがたの欠点が数えきれないほど多いとしても、わたしはあなたがたに対してするべき働きを行い続けることをいとわず、あなたがたにわたしの最後の慈悲を与え、あなたがたがわたしから利益を得て、あなたがたには欠けていて、世界がこれまでに見たことのない栄光を獲得できるようにしたい。わたしは長年にわたり働いてきたが、人々のうちでわたしを知るにいたったものは誰もいない。わたしはほかの誰にも話したことのない秘密をあなたがたに話したい。

人々の間で、わたしは見ることのできない霊、決して接触することのできない霊であった。地上におけるわたしの三段階の働き(天地創造、贖い、破壊)のために、わたしは異なる時代に人々の真っただ中に現れ(決して公然とではない)、彼らの間でわたしの働きを行う。わたしが最初に彼らの中に出現したのは贖いの時代であった。もちろんわたしはユダヤ民族の中に出現した。従って神が地上に来るのを初めて見たのはユダヤ人であった。わたしがこの働きを直接行なった理由は、わたしの贖いの働きの中で罪の捧げものとして、人となったわたしの肉体を使いたかったからである。そこでわたしを最初に見たのは恵みの時代のユダヤ人たちであった。わたしが肉体で働きを行なったのはそれが初めてであった。神の国の時代では、わたしの働きは征服し、完全なものにすることであるので、わたしはふたたび肉体の形で羊飼いとしての働きを行う。これはわたしが肉体の形で行う二回目の働きである。働きの最後の二段階では、人々が接触するものは、もはや目に見えない、触れることのできない霊ではなく、霊が肉体として実現化された人である。従って、人の目には、わたしはふたたび人になり、神の容貌も雰囲気も持たない。そのうえ、人々が見る神は男性だけでなく女性でもあるので、彼らには非常に驚異的で不可解である。再三再四、わたしの途方もない働きは、長年にわたり抱かれていた古い信念を粉砕し、人々は動転している。神は、聖霊、霊、7倍に強化された霊、すべてを包み込む霊であるだけでなく、人、普通の人、ことのほか平凡な人でもある。神は男性だけでなく、女性でもある。彼らはどちらも人間に生まれたという点で同じであるが、一人は聖霊によって受胎され、もう一人は生まれながらに人間であるが、霊から直接生じているという点で異なっている。彼らはどちらも神の肉体化した形で、父なる神の働きを実行するという点で同じであるが、一人は贖いの働きを行い、もう一人は征服の働きを行うという点で異なっている。どちらも父なる神を表すが、一人は親愛の情と慈悲に満たされた贖い主であり、もう一人は怒りと裁きに満たされた義の神である。一人は贖いの働きを開始するための最高司令官であり、もう一人は征服の働きを完了させる義の神である。一人は始まりであり、もう一人は終りである。一人は罪のない肉体であり、もう一人は贖いを完成させ、働きを続行し、罪によらない肉体である。彼らはどちらも同じ霊であるが、異なる肉体に宿り、異なる場所で誕生する。また、彼らは数千年も隔てられている。しかし、彼らの働きはすべて相互に補完し合っており、決して対立せず、同じ次元で語られる。どちらも人であるが、一人は男の赤子であり、もう一人は女の幼児である。長い年月のあいだ、人々が見てきたものは霊だけでなく、また人間、男性だけでなく、人間の観念と合致しない多くのことでもあり、従って、人々は決して十分にわたしを理解することはできない。彼らは、あたかもわたしは確かに存在するが、幻想的な夢でもあるかのように、半ば信じ、半ば疑い続ける。そういうわけで今日まで、人々は神が何であるかをまだ知らない。あなたは単純な一文でわたしを要約することが本当にできるのか。本当に「イエスは他ならぬ神であり、神は他ならぬイエスである」とあえて言うのか。本当に大胆にも「神は他ならぬ霊であり、霊は他ならぬ神である」と言うのか。「神は肉を着ている人にすぎない」と抵抗なく言えるのか。「イエスの姿はまさに神の偉大な姿である」と断言する勇気が本当にあるのか。あなたの言葉の能力を頼りにして神の性質と姿を完全に説明することができるのか。本当に「神は自分の姿に合わせて男性だけを造り、女性は造らなかった」とあえて言うのか。もしそう言うなら、女性は誰もわたしが選んだ者の中に入らず、いわんや女性は人類の一種ではなくなるであろう。さて、あなたは本当に神が何であるか知っているのか。神は人間だろうか。神は霊だろうか。神は本当に男性だろうか。イエスだけがわたしのしたい働きを完成させることができるのか。わたしの本質を要約するために上記のうちひとつしか選ばないとしたら、あなたは非常に無知で忠実な信者であろう。わたしが一度、しかもたった一度だけしか受肉して働かないなら、あなたがたはわたしの境界を定められるだろうか。あなたは本当に一目見て、わたしを完全に理解することができるのか。生きている間に経験したものだけに基づいてわたしを本当に完全に要約できるのか。そして二回の受肉でわたしが同じ働きをすれば、あなたがたはわたしをどのように認識するのだろうか。永久にわたしを十字架に釘で打ち付けたままにしておくのだろうか。神はあなたが言うほど単純なものなのだろうか。

あなたがたの信仰はとても誠実だが、あなたがたの中のだれもわたしを完全に説明することはできないし、あなたがたの中のだれもあなたがたが見る現実のすべてを十分に立証することはできない。考えてもみなさい。現時点ではあなたがたのほとんどは自分の義務を怠っており、その代わりに肉のことを追い求め、肉を満足させ、貪欲に肉を楽しんでいる。あなたがたは真理をほとんど所有していない。ではどうやってあなたがたはこれまで見てきたものすべてを証言することができるのか。あなたがたは本当にわたしの証人になれる自信があるのか。今日見てきたすべてのことをいつの日か証言できないならば、そのときまでには創造された人間として機能を失っているだろう。あなたの存在には何の意味もなくなってしまうだろう。人間である価値がなくなる。人間ではないとさえ言うことができる。わたしはあなたがたに膨大な量の働きを行なってきた。しかし、現在あなたは何も学んでおらず、何も知らず、無駄に働いているので、わたしが働きを拡大する必要があるとき、あなたはぽかんと見つめているだけで、口もきけず、まったく役に立たないだろう。それではあなたは稀代の罪人になってしまわないだろうか。その時が来たら、あなたはとてつもなく深い後悔を感じないだろうか。意気消沈してしまわないだろうか。わたしがこの働きのすべてを行なっているのは暇つぶしや退屈しのぎからではなく、わたしの将来の働きの基礎を築くためである。わたしは行き詰っていないし、何か新しいことを考え出さなければならないわけでもない。わたしが行う働きを、あなたは理解するべきである。それは路上で遊ぶ子供が行うものではなく、わたしの父の表象が行う働きであることを理解するべきである。あなたがたはこのすべてを行なっているのはただわたしではないことを知るべきである。それどころかわたしは父の代理を務めているのである。その一方で、あなたがたの役割はひたすら後に続き、服従し、変化を遂げ、証しをすることである。あなたがたが理解するべきことは、なぜわたしを信じなければならないかである。これはあなたがた一人ひとりが理解するべきもっとも重要な問題である。わたしの父は、その栄光のために、世界を創造した瞬間からわたしのためにあなたがたすべてを運命づけた。わたしの父があなたがたに運命づけたのは、他ならぬわたしの働きのためとわたしの父の栄光のためであった。あなたがたがわたしを信じるのはわたしの父によるのである。あなたがたがわたしに従うのはわたしの父が運命づけたことによる。このどれもあなたがたが自分で選んだものではない。さらに重要なことに、あなたがたはわたしの証しをするためにわたしの父がわたしに授けた者たちであることを理解しなければならない。わたしの父があなたがたをわたしに授けたので、あなたがたはわたしがあなたがたに授ける道、わたしがあなたがたに教える道や言葉に従うべきである。わたしの道に従うことがあなたがたの本分だからである。これが、あなたがたがわたしを信じる最初の目的である。そこで、わたしはあなたがたに言う、あなたがたはわたしの道に従うためにわたしの父がわたしに授けた人々にすぎない。しかし、あなたがたはわたしを信じるだけである。あなたがたはわたしに属していない。あなたがたはイスラエルの一族に属しておらず、その代わりに古代の蛇の種族に属しているからである。わたしがあなたがたにするよう要求することは、わたしの証人になることだけであるが、今日あなたがたはわたしの道を歩かなければならない。このすべては将来の証しのためである。あなたがたがわたしの道に耳を傾ける人々としてのみ機能するならば、あなたがたには何の価値もなく、わたしの父がわたしにあなたがたを授けたことの意義は失われるだろう。わたしがあなたがたに強く言いたいのは次のことである。「あなたがたはわたしの道を歩かなければならない」。

前へ: 祝福をあなたがたはいかに理解しているか

次へ: 本物の人とは何を意味するのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

キリストと相容れない人は疑いなく神の敵である

すべての人はイエスの真の顔を見たい、イエスと共にいたいと思っている。イエスを見たいとも、イエスと共にいたいとも思わない兄弟姉妹がいるとはわたしは思わない。イエスを見る前には、つまり、受肉した神を見る前には、たとえばイエスの外観、話し方、生き方などについて、あなたがたはあらゆる考え…

神の働き、神の性質、そして神自身 1

本日の交わりのテーマは重要なものです。このテーマは神の働きが始まってからずっと議論されてきたものであり、すべての人にとって極めて重要な意味を持ちます。言い換えれば、これは信仰の道を歩むすべての人が直面する問題であり、同時に皆が直面しなければならない問題なのです。これは人間である以…

唯一無二の神自身 5

神の聖さ(2)兄弟姉妹の皆さん、きょうは讃美歌を歌いましょう。皆さんが好きで、よく歌っている歌を一つ選んでください。(神の御言葉の歌「汚れなき純粋な愛」を歌いたいです。)1.「愛」とは、純粋で汚れのない感情を指し、心をもって愛し、感じ、思いやりをもつということである。愛においては…

人に固有の身分と人の価値とはいったい何なのか

あなたがたは泥から取り出され、何であれ、くだらない汚物から選ばれたものでできており、それは不潔で神に嫌われている。あなたがたはサタンに属しており、かつてはサタンに踏みにじられ汚された。だから、あなたがたは泥から取り出されたと言われるのである。また、あなたがたは聖くあるどころか、長…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索