神は人を救うために苦心する

神は何年も肉となって働き語ってきた

「効力者の試練」から始め

次に預言し

裁きを始め

死の試練を用いて精錬する

言葉を語り

人にすべての真理を与え

様々な人間的観念と闘いながら

神を信じる正しい道へと人々を導く

その後神はわずかな希望を与え

人の前途にあるもの

つまり 神と人が手を取り合い

素晴らしい終着点に入ることを

彼らが見られるようにする

人は神の被造物であり

サタンに堕落させられ

価値の無い哀れな者だが

このような本性でも

神は人の本質や人に値する罰によって

彼らを扱うことはしない

神の言葉は厳格だが

憐み深く寛容である


神の働きは計画通りに行われるが

人の必要に適っている

それは何気なく行われるのではない

すべての働きは神の知恵によって行われる

神の愛故に

愛故に知恵をもって

ひたむきに神はこれらの堕落した人々をみな

取り扱い弄ぶようなことはしない

神の口調と表現に気付きなさい

それは時々不快感や試練をもたらすが

神の言葉は時に安心感を与える

神は人々のことを思う


神がすべての人を憐みと寛容と恵みをもって

扱わなかったとしたら

数えきれないほどの救いの言葉を

神は語るのだろうか?

救いの言葉を神は語るのだろうか?

これらのことを心に留め

ゆっくりと想ってみなさい!


『キリストの言葉の記録』の「神の人類への愛を理解していますか」より編集

前へ: 神は傷つきながら人を愛する

次へ: 神は全ての愛を人類に与えた

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

あなたは信仰ゆえにとても多くのものを得た

裁きの過程の中 神の創造の行く末と 創造主は愛されるべきことを知る 征服の働きにおいて 人生を完全に理解して あなたは神の腕を見る この征服において あなたは「人間」の真の意味を知り 人生の正しい道を得る 神の義の性質美しい栄光を見て 人の起源全てを学び 「不朽の歴史」を知…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索