第5節 神の働きを認識する

前へ: 第4節 受肉

次へ: 神の働きを認識する(1)

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

道……(1)

生涯において自分がどのような挫折を経験するのか、どのような精錬を受けるのかを知る者はいない。挫折や精錬が職業上のことである者もいれば、それらが将来の見通しに関連している者、生まれた家に関連している者、結婚に関連している者もいる。しかし、そうした者とわたしたちとの違いは、わたしたち…

実践(2)

過去において人は神と共にあり、一瞬一瞬を霊の中で生きるために自分を訓練した。それは今日の実践に比べると単純な形態の霊的訓練である。それは人がいのちの正しい軌道に乗る前に行われる最も浅く単純な実践方法であり、人の神への信仰における実践の第一段階を成す。人が常にこのような実践に頼るな…

なぜ進んで引き立て役になろうとしないのか

征服された者は引き立て役であり、完全にされて初めて、人は終わりの日の働きの模範や見本となる。完全にされる前、彼らは引き立て役であり、道具であり、奉仕のための存在である。神によって徹底的に征服された者は神の経営(救いの)の働きの結晶であるとともに、その模範にして見本である。わたしが…

唯一無二の神自身 4

神の聖さ(1)前回の集会では神の権威についてさらなる交わりをした。今のところは、神の義という主題については論じない。今日話すのは、神の聖さというまったく新しい主題である。神の聖さは、神特有の本質におけるもう一つの側面なので、この主題について交わるのは極めて重要である。以前わたしは…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索