受肉の神は最も愛すべき方

神は肉体となった後 人の中で生活をして

人の堕落しきった様子と 生活の実情を見た

肉体となった神は人の無力さ 惨めさを深く感じていた

そして彼らの悲しい状態も 深く感じていた

受肉した神は 人々の状態により深く同情し

肉体としての本能で 従う者達をより一層思いやった

いつも神の心の中では 神が治め救いたいと

願う人々が何よりも 大切で価値がある

神は大きな代価を払い人の反抗と攻撃に耐えた

神は決して人を捨てず その業を後悔も不満もなく続ける

受肉した神は 人々の状態により深く同情し

肉体としての本能で 従う者達をより一層思いやった

受肉した神は 人々の状態により深く同情し

肉体としての本能で 従う者達をより一層思いやった

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 3」より編集

前へ: 人類への神の愛

次へ: 受肉した神は人のもとで長い間暮らしてきた

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

あなたがたは真理を受け入れる人になるべきだ

自分自身の道を選びなさい 真理を拒んだり聖霊を冒瀆せずに 無知にならないで、傲慢にならないで 聖霊の導きに従いなさい イエスの再臨は 真理を受け入れる全ての人にとって 大いなる救いだ イエスの再臨は 真理を受け入れられない人を罪に定める Oh… 真理を渇望し、求めなさい あ…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

真の祈りの効果

真の祈りの効果。……祈るにつれて人の性質は変わる。霊に触れられるにつれ、彼らはもっと従い、さらに積極的になるだろう。そして、真の祈りによって、彼らの心は次第に清められるだろう。真の祈りによって、清められるだろう。

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索