受肉の神は最も愛すべき方


神は肉体となった後 人の中で生活をして

人の堕落しきった様子と 生活の実情を見た

肉体となった神は人の無力さ 惨めさを深く感じていた

そして彼らの悲しい状態も 深く感じていた

受肉した神は 人々の状態により深く同情し

肉体としての本能で 従う者達をより一層思いやった


いつも神の心の中では 神が治め救いたいと

願う人々が何よりも 大切で価値がある

神は大きな代価を払い人の反抗と攻撃に耐えた

神は決して人を捨てず その業を後悔も不満もなく続ける

受肉した神は 人々の状態により深く同情し

肉体としての本能で 従う者達をより一層思いやった

受肉した神は 人々の状態により深く同情し

肉体としての本能で 従う者達をより一層思いやった

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 3」より編集

前へ: 受肉した神は静かに救いの業を為す

次へ: 神の愛と本質にはいつも私欲がない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

受肉の神だけが人を完全に救うことができる

神は人間を救うために来るが それは霊を通してではなく また霊としてでもない 霊は目に見えず、触ることもできない もし神が創造物なる人ではなく 霊として人を救ったら 誰も神の救いを得られない そう誰も救われない 神は創造された人となり その肉に神のことばを宿す 神のことばが神に従…

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

神は天地万物を人のために創造した

すべてのものは互いに繋がって依存し これを通して人の環境は守られている この原則のもとでその環境は守られ存続し この生存環境により人は増え そして栄えることができる 神はこの原則を使って 万物の命を維持し 奇しい業で全ての存在を保つ 神はこうして万物に与え 同じように人類にも与え…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索