受肉の神は最も愛すべき方


神は肉体となった後 人の中で生活をして

人の堕落しきった様子と 生活の実情を見た

肉体となった神は人の無力さ 惨めさを深く感じていた

そして彼らの悲しい状態も 深く感じていた

受肉した神は 人々の状態により深く同情し

肉体としての本能で 従う者達をより一層思いやった


いつも神の心の中では 神が治め救いたいと

願う人々が何よりも 大切で価値がある

神は大きな代価を払い人の反抗と攻撃に耐えた

神は決して人を捨てず その業を後悔も不満もなく続ける

受肉した神は 人々の状態により深く同情し

肉体としての本能で 従う者達をより一層思いやった

受肉した神は 人々の状態により深く同情し

肉体としての本能で 従う者達をより一層思いやった

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 3」より編集

前へ: 人類への神の愛

次へ: 受肉した神は人のもとで長い間暮らしてきた

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の現れが持つ意義

神の現れとは業のため神降ること 神の方法で身分も性質も保ちながら 時代を始めまた幕引くため 神は降る 神の現れはしるしや絵画ではなく 奇跡でも大いなる幻でもない ましてや宗教的な儀式でもない それは実際に見て触れることのできる事実である 神の現れは 業の手順踏むためや早く終わ…

サタンによって堕落させられた人間の実状

長年に渡り 人が生きるための思想は 人の心を堕落させてきた 人をずるく、卑怯で、卑しい存在にした 人は意志も決意もなく 貪欲で、傲慢で、わがままだ あまりに弱くて 自らを超え 暗闇の勢力の束縛を打ち砕く勇気がない 人の思いと生活は腐敗している 神への信仰についての人の見解は …

真の信仰を持つ者だけが神の承認を受ける

モーセが岩を打って 神の恵みの水が溢れ出た時 それは信仰によって起きた ダビデがヤーウェを讃えるため 音楽を奏でた時 ダビデの心は喜びで満ちあふれていた それは信仰によって起きた ヨブが家畜や財産を失い 身体が腫物で覆われた時 それは信仰によって起きた それでもなおヤ-ウェの声を…

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索