全能神教会をめぐり、ジュネーブの国連会議で、西洋の学者と中国共産党代表者が対決

2019年4月22日

2018年3月1日、国連人権理事会の第37回会議にて、「社団及び個人の良心の自由協会」(CAPLC)が、中国における宗教の自由の否定と全能神教会の事例に関して分科会を開催し、国際的な学者と人権・宗教の自由の専門家が、中国、韓国と欧州における全能神教会信者の凄状についてパネル・ディスカッションを行った。全能神教会は中国で過酷な迫害を受けており、韓国と欧州では、信者の亡命申請がしばしば却下される。このイベント中、西洋の学者と中国代表団の共産党代表者の間で討論が行われた…

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

全能神教会の起源と進展

全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト、全能神の現れと働きによって、しかも全能神の義なる裁きと刑罰のもとに出現しました。教会は全能神の終わりの日の働きを真に受け入れ、神の言葉によって征服され、救われた人々で構成されています。教会は完全に全能神自身により設立され、全能神が直接導き、司牧しています。決して人によって設立されたのではありません。これは全能神教会の選ばれたすべての人々が認める事実です。肉となった神に使われる人は誰であれ、神にそのように前もって定められており、神によって直接指名され、証しされます。これはちょうどイエスが自ら十二使徒を選び、指名なさったのと同じです。

キリスト教と全能神教会の違いは何か

キリスト教と全能神教会は同じ神を信じている。宗教の歴史を理解している人々は、イスラエルのユダヤ教はヤーウェ神が律法の時代に行った働きから生まれたことを知っている。キリスト教、カトリック教、東方正教はすべて肉となった主イエスが贖いの働きを行った後に現れた教会であった。それと同様に全能神教会は、神が裁き…

全能神と主イエスは一人の神なのだろうか

人類がサタンによって堕落させられた時、神は人類救済の経営計画を開始した。神は人類を救うために3段階の働きを実行した。律法の時代にヤーウェ神は律法を発布し、人類の生活を導き、人々に神を崇拝することを教え、罪が何であるか教えた。しかし、律法の時代の最終段階が来ると、人類の堕落はいっそう深刻になり、人々は…

コメントを残す