ICFF実行委員:『私の家はどこに』は世界が求めている映画

2019年4月22日

2018年5月5日、業界屈指の「国際キリスト教映画・音楽祭」が アメリカ南部のオーランド市で成功裏に閉幕しました。5日間の映画祭には世界中から700を超えるキリスト教の映像作品が集まり、全能神教会が制作した『私の家はどこに』は最優秀脚本賞にノミネートされました。その作品についてリポートします。

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

キリスト教映画「福と禍」 主イエスは私が幸せな人生を見つけるように導く 完全な映画のHD2018 日本語吹き替え

キリスト教映画「福と禍」 主イエスは私が幸せな人生を見つけるように導く 完全な映画のHD2018 日本語吹き替え 杜鵑は貧困家庭の出身だったので、小さな頃から大金を稼いでもっと良い暮らしをしようと心に決めていました。この目標のために、学校を中退して手作業の仕事に就きました。お金を稼ぐためにできること…

キリスト教映画「私の家はどこに」クリスチャン 真実と感動物語 ! 日本語吹き替え 完全な映画のHD2018

キリスト教映画「私の家はどこに」クリスチャン 真実と感動物語 ! 日本語吹き替え 完全な映画のHD2018 文雅の両親は彼女が2歳の時に離婚し、その後は父親と義母と一緒に暮らしていました。義母は文雅に我慢ができず、いつも彼女の父親と口論していました。父親にはどうすることもできず、文雅の母親の家に文雅…

クリスチャン映画「心の鎖を解き放つ」人間は本当に自分の運命を支配しているのだろうか 日本語

クリスチャン映画「心の鎖を解き放つ」人間は本当に自分の運命を支配しているのだろうか 日本語 陳智は貧しい農家に生まれました。学校で教わった「知識で運命は変えられる」「運命は自分で切り開くもの」という考え方をモットーにしていました。一生懸命働きさえすれば、他から抜きん出ることができて、功績と名声を手…

2019年度版 中国共産党政府による全能神教会迫害に関する年次報告書

習近平を最高指導者とする中国共産党当局は、2019年も引き続き中国全土で新宗教事務条例の施行の強化に力を入れ、宗教の「中国化」を加速させた。当局は「宗教は思想と人々の精神のあらゆる領域で党と対立している」と主張し、「宗教の消滅を加速・促進する」という理不尽な目的を実現して「無神論地帯」としての中国を確立するために、宗教的信仰を全面的に迫害した。また公認教会の傘下に入ることを拒んだ家庭教会を全面的に禁止しようとした

コメントを残す