105 働きの三段階は神の人類経営についてすべてを伝える

1

人類を経営する神の働きは三段階あり

人を救う働きも三段階となる

神の創世の働きは含まれず

これは律法、恵み、神の国の時代という三段階だ

働きの三段階は神による人類経営の内幕であり

全宇宙の福音の到来で

人類における最大の奥義

福音伝道の基盤でもある


2

創世の働きは人類を形成するもので

人類を救うためではなかった

世界が創られたとき

人類はサタンに堕落させられておらず

人類を救う必要がなかった

働きの三段階は神による人類経営の内幕であり

全宇宙の福音の到来で

人類における最大の奥義

福音伝道の基盤でもある


3

神による人類の経営は創世の働きからでなく

人類を救う働きから始まった

人が堕落した性質を持ったとき初めて

人類経営の働きが形を為した

働きの三段階は神による人類経営の内幕であり

全宇宙の福音の到来で

人類における最大の奥義

福音伝道の基盤でもある

人類経営は四つの段階や時代ではなく

三つからなる

これが唯一正しい表現だ

最後の時代が終わると

人類経営の働きも終わり

人を救う働きが完了して

人の旅も終わる

人は被造物として神に造られたことや

堕落の源と救われる方法を知らねばならない

いのちの単純な真理に集中して

この奥義に気づかないなら

いのちはただの飾りにすぎず

傷ついたものではないか?

働きの三段階は神による人類経営の内幕であり

全宇宙の福音の到来で

人類における最大の奥義

福音伝道の基盤でもある

福音伝道の基盤でもある


『神の出現と働き』「神の三段階の働きを認識することは、神を認識する道である」(『言葉』第1巻)より編集

前へ: 104 神のものとされた人々は永遠の祝福を楽しむ

次へ: 106 神の代わりにその働きをできる者はいない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索