唯一の神が行う三段階の働き

神の性質は全て

恵みの時代や律法の時代 終わりの日だけでなく

六千年の救いの計画により明らかにされた

終わりの日の働きは裁き 怒り 刑罰だ


終わりの日の働きは

律法の時代や恵みの時代の働きと替えられないが

この三つは結びつき一体となる

これらは神が別々の時代に行ったことだ

始まりは律法の時代の働き

贖いは恵みの時代の働き

そして終わりの日の働きが全てを締めくくる

異なる時代 異なる場所の三段階の働きは

唯一の神と一つの霊の働きであり

それらを分割する者は神に敵対する者だ


ヤーウェからイエス

そして今に至るまでの三段階は

切れない一本の糸のように

神の救いの計画の全域に及び

全て一つの霊により行われる働きだ

世界の創造以来

神はいつも人間を導いてきた

神は始めであり終わりであり

神は最初であり最後であり

神によって一つの時代が始まりそして終わる

始まりは律法の時代の働き

贖いは恵みの時代の働き

そして終わりの日の働きが全てを締めくくる

異なる時代 異なる場所の三段階の働きは

唯一の神と一つの霊の働きであり

それらを分割する者は神に敵対する者だ


『言葉は肉において現れる』の「受肉の奥義(4)」より編集

前へ: 受肉した神は人間の救いという最も重大な働きをする

次へ: 終わりの日の受肉した神は神の経営を終える

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。神…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れない…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索