唯一の神が行う三段階の働き

神の性質は全て

恵みの時代や律法の時代 終わりの日だけでなく

六千年の救いの計画により明らかにされた

終わりの日の働きは裁き 怒り 刑罰だ


終わりの日の働きは

律法の時代や恵みの時代の働きと替えられないが

この三つは結びつき一体となる

これらは神が別々の時代に行ったことだ

始まりは律法の時代の働き

贖いは恵みの時代の働き

そして終わりの日の働きが全てを締めくくる

異なる時代 異なる場所の三段階の働きは

唯一の神と一つの霊の働きであり

それらを分割する者は神に敵対する者だ


ヤーウェからイエス

そして今に至るまでの三段階は

切れない一本の糸のように

神の救いの計画の全域に及び

全て一つの霊により行われる働きだ

世界の創造以来

神はいつも人間を導いてきた

神は始めであり終わりであり

神は最初であり最後であり

神によって一つの時代が始まりそして終わる

始まりは律法の時代の働き

贖いは恵みの時代の働き

そして終わりの日の働きが全てを締めくくる

異なる時代 異なる場所の三段階の働きは

唯一の神と一つの霊の働きであり

それらを分割する者は神に敵対する者だ


『言葉は肉において現れる』の「受肉の奥義(4)」より編集

前へ: 神の代わりにその働きをできる者はいない

次へ: 働きの三段階は神の救いを完全に表す

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

神の言葉の重要性

神の信者は良い行いをすべきだ 大切なのは神の言葉を持つこと 何があってもそれから離れない 神の言葉を通し神を知り満足させる あらゆる教派・国家・各界が いつか言葉で征服されるだろう 神は人々に直接語り 彼らは神の言葉を握るだろう これで人々は完全にされ 神の言葉は浸透するだろう…

あなたの苦しみがどんなに大きくても神を愛することを求めよ

今日の神の働きが どれほど価値あるものか 理解するべきだ 多くの人はそれを知らず 苦しみには価値がないと思う 彼らは信仰ゆえに虐げられ 世に避けられ家庭でも悩みがある 彼らの未来はあまりに暗く 苦しみのあまり死を望む者もいる こんなことで神への愛を示せるか! このような者に…

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索