中国共産党は「邪教取り締まり」を口実に宗教信仰を迫害する 邪教とは何か

2019年4月22日

中国共産党は権力掌握以来、必死で宗教信仰を抑圧してきました。中共の宗教政策と、中国の人権状況は多くの民主主義国家や国際人権団体から非難されています。中国政府の「カルト」の定義とそれを口実にした宗教信仰弾圧は国際社会から深刻な懸念と批判を招いています。今回はイタリアの新興宗教研究センターの創設者であり、現理事長でもあるマッシモ・イントロヴィーニャ教授とアメリカ・ウェスタンワシントン大学のホリー・フォーク准教授にお越しいただきました。中共の「カルト」の定義と、中共が全能神教会を「カルト」と称して非難していることの問題について、詳細な議論と意見交換が行われます。中共が「カルト」を口実に宗教信仰を弾圧し迫害していることについて教授たちはどう認識しているのでしょうか?どうぞご覧ください!

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

クリスチャンの証し「共産主義の妄言」抜粋シーン(3)正しい宗教とは、邪教とは

中国共産党はマルクス・レーニン主義の無神論政党であり、あらゆる神学に反対しています。中国共産党はあらゆる宗教団体を「邪教」として非難しています。これは真理に合致するのでしょうか。結局のところ、何が正しくて何が悪なのかは、真理と一致しているかどうか、そして神の言葉が決定基準であるかどうかに基づいていな…

中国共産党政府によるクリスチャンへの弾圧と迫害──その動かざる証拠 完全な映画|日本語吹き替え

無神論の中国共産党は政権を握って以来、狂ったように神に反抗し、敵対してきました。彼らはプロテスタントとカトリック教に「邪教」の烙印を押しただけではなく、聖書を邪教の書と指定し、大量に没収し処分しました。クリスチャンをむやみに留置し、百万人以上のクリスチャンを逮捕、投獄したのです。うち一万人を越す人た…

クリスチャンの証し「共産主義の妄言」抜粋シーン(4)キリストを断罪する中国共産党の誤謬に対し、クリスチャンはどう反撃するか

恵みの時代に、受肉した主イエスは一見どこにでもいる普通の人間のように見えましたが、主イエスは「悔い改めよ、天国は近づいた」と言って悔い改めの道をもたらし、十字架に磔されることで人類の罪を贖うという働きを行いました。主イエスが受肉した神であったことを証明するにはこれで十分です。終りの日のキリストである…

中国における宗教迫害の実録 その5「窮地からの帰還」完全な映画|日本語吹き替え

中国共産党は1949年に中国本土において政権を握って以来、宗教信仰を止むことなく迫害し続けてきました。彼らは狂気のようになって、クリスチャンたちを逮捕、殺害し、中国で活動していた宣教師たちを国外へ追放、虐待しました。また数え切れないほどの聖書を没収、廃棄処分し、教会の建物を封鎖したり破壊したりして、…

コメントを残す